聖域

聖域

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

異動先の編集部で、偶然目にした未発表の原稿『聖域』。なぜ途中で終わっているのか。なぜこんなに力のある作家が世に出ていないのか。過去を辿っていくと、この原稿に関わったものは、みな破滅の道へと進んでいる。口々に警告されるが、でも続きを読みたい、結末を知りたい。憑かれたように実藤は、失踪した作家、水名川泉を追い求め東北の地へ。そこで彼が触れたものは。長編サスペンスの傑作。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
424ページ
電子版発売日
2016年03月04日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年12月11日

篠田節子さんの著作は「女たちのジハード」に続き、2作目。「女たちの」も面白かったが、こちらはもっと迫力がある。先がどうしようもなく気になり、一気に読んでしまった。案外評価が低いようで、驚いている。
個人的にこういった不気味な話が大好物である。日本(特に地方)固有の暗さ・怖さがある。ストーリーは、出版...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月13日

作中作。小説の中に、題材として小説の「本文」が入っている。

作中作に、終わりがないのは、そんなもんだろうという気がした。

巫女(いたこ)に対する記述が豊富で、口減らしのための方策については考えさせられた。

蝦夷に対する記述は尻すぼみで、何が書きたかったのかが分からなかった。

山で亡くなった女...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月09日

週刊誌から文芸誌に異動したての編集者・実藤が、ある時偶然手にした未発表原稿「聖域」。物語が佳境にさしかかったところで、終わってしまっているこの作品のラストを読みたい一心で、実藤は無名の作者・水名川泉を捜し出すため、僅かに残された痕跡を頼りに東北へと向かう。

◆94年4月刊行された小説であるにもかか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月22日

初めて読んだ篠田節子の作品。
詳細も結末も詳しく覚えていないんだけど、とにかく引き込まれた記憶がある。
読後はしばらく放心状態。
何度も何度も肺水腫に陥るシーンがあるのって聖域だっけ?
あのシーンが強烈で涙が出てきた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年02月13日


女たちのジハードで語られたような、シンプルで無駄のない地の文体に、文中小説(とはいっても引用と概要ではあるが)が挟まる、最初の展開。


その文中小説が秀逸。
文章も練られていて、それだけで十分に読みごたえを感じるような素晴らしいプロット。もったいない!
このままできればきちんと読みたい、そう思わ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています