精霊幻想記 1.偽りの王国

精霊幻想記 1.偽りの王国

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

スラム街で生きる孤児の少年リオ。彼は七歳の時に突然、自分がかつて日本の大学生【天川春人】であったことを思い出し、剣と魔法の異世界に転生していたのだと気づく。動揺する中、リオは記憶と同時に認識した自身の強大な魔力を行使し、少女誘拐事件の解決に貢献。その功績が評価され、彼は貴族の子どもが集う名門学院に特例で入学することに!?

ジャンル
出版社
ホビージャパン
掲載誌・レーベル
HJ文庫
電子版発売日
2015年10月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

精霊幻想記 1.偽りの王国 のユーザーレビュー

    他の転生作品とは一味違う

    ニック 2018年04月01日

    この作品は登場人物に魅力があると思う

    今まで私が読んできた転生作品は、今まで暮らしてきた地球での暮らしなんて存在しなかったかのように扱われます。地球で得た知識を利用しておいら強くてすごいぜ?みたいに振る舞うストーリーが大半です。知識は利用できても知恵は利用できないのに大成功を収めて女の子にモテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    続きが気になる

    かーぼー 2015年11月18日

    作品紹介には、『リオは記憶と同時に認識した自身の強大な魔力を行使し』となっているが、魔法で無双するような強さをこの時点ではまだ持っていない。
    第1巻では小学生編でもあり、基礎固めに終始する感じ。
    切なくなるほどの理不尽に対して、結果で爽快な気分にさせてくれる、この手のラノベによくある展開ではある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    贅沢言わなければ面白いです

    zebrawings 2018年01月09日

    4巻まで読んだ感想です。
    心情描写重視の異世界転生無双ものです。といっても、ヒロインたちは単純に主人公に惚れていくんですが。

    端的に誉めれば、終始安定感のある主人公と女の子達の丁寧な描写が魅力。
    主人公が強くて素敵なので、無双ものをお求めの人にはおすすめできます。ひどい人格の主人公に当てら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やや薄口になっていく

    あうら 2019年03月16日

    8巻まで済
    3巻くらいまでは割と読める。巻と共に増えていく女子逹とドロッとした感じが若干否めない。ストーリーの進行も牛歩な感じで説明も巻が増えるとくどくなってる感じがする。悪意や醜い部分は極力スマートに書かれていてメリハリは少なめ。やや恋愛小説にチックな気もするので守備範囲から外れる人も居るやもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    何これ

    ツツジジ 2020年07月12日

    あとあと面白くなるのか?

    評判いいから読んでみたが、1巻はいいとこなしで読み初めてから終わりまでずっと面白くない

    盛り上がる箇所なさすぎでびっくり

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    偏見・差別・悪意む

    しんたん 2018年04月14日

    評論に値しない一般に公開するのも憚られる内容
    倫理委員会に通報した方よいと思われる
    金返せ

    このレビューは参考になりましたか?

精霊幻想記 のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • 精霊幻想記 1.偽りの王国
    スラム街で生きる孤児の少年リオ。彼は七歳の時に突然、自分がかつて日本の大学生【天川春人】であったことを思い出し、剣と魔法の異世界に転生していたのだと気づく。動揺する中、リオは記憶と同時に認識した自身の強大な魔力を行使し、少女誘拐事件の解決に貢献。その功績が評価され、彼は貴族の子どもが集う名門学院に特例で入学することに!?
  • 精霊幻想記 2.精霊の祝福
    ベルトラム王国を出奔し、両親の故郷である東の地を目指して一人旅をするリオ。その道中、彼は貴族が差し向けてきた暗殺者である狐獣人の奴隷少女ラティーファと戦闘し、これを返り討ちにする。さらにリオは、ラティーファを縛る隷属魔術を解呪するのだが――自由の身になった彼女はひとりぼっちは嫌だと主張し、リオの旅への同行を申し出て!?
  • 精霊幻想記 3.決別の鎮魂歌
    精霊の里の民たちとの充実した生活に別れを告げ、遂に当初の目的であった両親の故郷ヤグモに辿りついたリオ。 ほどなく彼は小さな村カラスキで、父方の祖母であるユバと従姉のルリと邂逅を果たす。 その後、時が来るまでは明かせないという両親の過去を知るため、リオはしばらく村に逗留し、 ついでにお世話になる村の生活水準向上を図ることに!
  • 精霊幻想記 4.悠久の君
    両親の故郷カラスキを出立したその足で、ラティーファたちの待つ精霊の里を訪れたリオ。里の民たちから熱烈な歓待を受けた後、情報収集目的でシュトラール地方へと向かったリオは、その道中に見かけた巨大な光の柱に導かれ、奴隷にされかけていた三人の男女を助けるのだが――なんとその中の一人は、リオの前世である天川春人の初恋の少女で!?
  • 精霊幻想記 5.白銀の花嫁
    運命的な再会を経て保護した美春たちの身の安全を考え、精霊の里への引越しを決めたリオ。ラティーファたちの全面協力もあり、美春たちは急速に里へと馴染んでいく。賑やかな日々が続く中、リオは学院時代の恩師であるセリアに会うため、四年ぶりにベルトラム王国へと足を踏み入れる。だが、そこでリオはセリアと王国の大貴族との政略結婚が迫っていることを初めて知って――。「……じゃあ、リオが私を貰って...
  • 精霊幻想記 6.逢魔の前奏曲
    大貴族との望まぬ政略結婚から無事にセリアを救出したリオは、物資の補給と当初の目的であった【勇者召喚】についての情報を集めるべく、大都市アマンドを訪れる。その最中「父親に自分の無事を伝えたい」というセリアの願いを叶えるため、リオはクレール伯爵邸への潜入を試みることに! 一方、セリアの結婚式に出席していた貴族令嬢リーゼロッテは、拠点であるアマンドへ戻る途中、ベルトラム王国の勇者・...
  • 精霊幻想記 7.夜明けの輪舞曲
    レイスが操る魔物の大群に襲われていたリーゼロッテたちの一団を発見し、その戦闘へと加勢したリオ。圧倒的な力でもって次々と魔物を屠ってみせた彼に対し、その場に居た誰もが強い興味と関心を示す。またリオも更なる勇者召喚の情報を求め、貴族たる彼らと友好的な関係を築こうと動き出すが――「どうだ? 俺はお前にとって、お望みの人間だったか?」「……ああ、ずっと探していた」その過程でリオは、追い...
  • 精霊幻想記 8.追憶の彼方
    奇しくも追い続けてきた宿敵と死闘を繰り広げることとなった大都市アマンドにて、遂に美春たちが捜す人物のひとり・皇沙月の情報を入手したリオ。折りよくリーゼロッテら貴族から、今までの功績に対する褒美の内容を求められていたリオは、勇者として召喚されたらしい沙月が出席するという夜会への参加を褒美として要求し、美春たちの待つ精霊の里へと帰還を果たす。一方、夢を通してリオが春人なのではな...
  • 精霊幻想記 9.月下の勇者
    転生者であることを打ち明けてくれたリーゼロッテの協力の下、夜会の前に皇沙月との謁見機会を得たリオと美春。準備を整え、夜会の開催地である王都ガルトゥークへ赴いたリオたちは、遂に捜し求めていた沙月との邂逅を果たす。再会を心の底から喜び合う美春と沙月に対して、リオは今後の行動方針について話を切り出すが――「私は……ハルトさんと一緒にいたいなと思っています」様々な想いが交錯する《夜会編...
  • 精霊幻想記 10.輪廻の勿忘草
    遂に公の場で、前世由来のアマカワ姓を名乗ると決めたリオ。その姓に沙月やリーゼロッテが強く反応を示す中、美春は幼馴染である天川春人がリオの前世であることも理解した上で、自分の気持ちは変わらないと訴える。それに対してリオは、自分と天川春人を同一視するべきではないと美春を諭すが――「美春は騙されている。なんとか、なんとかしないと……」第三者による介入で、話は更に複雑化していき……!? WEB...
  • 精霊幻想記 11.始まりの奏鳴曲
    嫉妬にかられた貴久の暴走に気づき、ギリギリのところで美春を救い出すことに成功したリオ。貴久の計画に協力していた亜紀の処遇も含めて話し合いがもたれる中、事件を起こした兄姉に複雑な感情を抱く雅人は、リオたちに今後の自分の身の振り方について相談を持ちかける。一方、リオは迷惑を掛けた実家の様子が気になるセリアを連れ、再びクレール伯爵領へと足を踏み入れるのだが、そこで思いがけない人物...
  • 精霊幻想記 12.戦場の交響曲
    シャルル=アルボー率いるベルトラム王国騎士団からの追っ手がかかるクリスティーナ王女一行を、ロダニアまで護衛することになったリオ。一騎当千の力を持つサラたちの協力もあり、一行は順調に追跡者たちから距離を稼いでいく。そんな中、クリスティーナは過去の自分を振り返りながら、正体を隠すリオに対して謝ることも出来ず、密かに胸を痛めていた。一方、リオたちをシャルルとは別経由で追うレイスは...
  • 精霊幻想記 13.対の紫水晶
    クリスティーナ王女の護衛を引き受けたことで、シャルル率いるベルトラム王国軍との戦闘を余儀なくされたリオ。そこで圧倒的な強さを発揮した彼は、シャルルを捕虜とすることに成功する。その後、無事ガルアーク王国へと到着したリオを待っていたのは、「なに、お前の実力を見込んでちと頼みがあってな」「と、仰いますと?」「俺と模擬戦をしてくれないか?」勇者坂田からの思いがけない模擬戦の申し入れ...
  • 精霊幻想記 14.復讐の叙情詩 通常版
    プロキシア帝国城にて、初代皇帝を名乗る男から仇敵ルシウスの行方に関する情報を入手したリオ。ルシウスとの決着の刻を間近に予感しながら、リオは進路をパラディア王国へと向ける。一方その頃、ロダニアの客船からクリスティーナとフローラ――二人の王女が誘拐されていた。彼女たちが強制転移させられた先とは、奇しくもパラディア王国の森の中。幾重にも仕組まれた罠に絡め取られた王女たちの前に現れる...
  • 精霊幻想記 15.勇者の狂想曲
    ――かくして、積年の復讐は果たされた。ルシウスを自らの手で屠ったリオは、誘拐されていた王女姉妹の保護を決めるが、そこに待ったを掛ける人物が一人。「俺はそこの王女二人よりも貴公が欲しい」意外な人物による勧誘に対して、リオが下した決断とは? 一方、婚約者であるフローラが消息を絶ったことで、勇者坂田は以前から気に入っていたリーゼロッテを自らの第三夫人にと望み、結果として国を巻き込ん...
  • 精霊幻想記 16.騎士の休日
    ルビア王国での予期せぬ強襲から離脱し、無事にベルトラム王女姉妹をガルアーク王国城へと送り届けたリオ。一連の不穏な動きについて国家間での情報共有が進む中、リオは度重なる功績の褒賞として、ガルアーク王城内にある屋敷を下賜されることに! さらに好意を隠そうとしないガルアークの王女シャルロットが、リオに猛烈なアプローチを仕掛け――「二人はハルト様と婚姻を結ぶ気はありますか?」死闘を終...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています