旅屋おかえり

旅屋おかえり

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

あなたの旅、代行します! 売れない崖っぷちアラサータレント“おかえり”こと丘えりか。スポンサーの名前を間違えて連呼したことが原因でテレビの旅番組を打ち切られた彼女が始めたのは、人の代わりに旅をする仕事だった――。満開の桜を求めて秋田県角館へ、依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく。感涙必至の“旅”物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2015年04月03日
紙の本の発売
2014年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

旅屋おかえり のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月26日

    おかえりと旅をしたくなりました。「おかえり」のように行った先々で様々な人と出会い、幸せをあげたりもらったりの旅ができたら素敵だなと思います。旅先だけでなく鉄壁社長やのんのさんたち事務所の皆さんも温かく、コロナ禍で旅行も行けないご時世ですが、旅から帰ってきたような気持ちになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月24日

    心が温まる一冊。
    カフェで読んだのですが、感動して涙を堪えるのが大変でした。
    家で読んでいたら、完全に号泣していただろうな…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    また旅に出たくなった。
    よく人生って旅にたとえられるけど、
    旅ってどこに行くかも重要だけど、どんな心持ちで行くかも大切。
    旅は出会い。
    無意味なものは何もない。
    そこで何を感じるか。
    旅をするおかえりがほんと素直でまっすぐで清々しい。
    こんな人がいたら会ってみたい。
    旅の話を直接聞けたら楽しいだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月12日

    旅とは、観光地に行くことだけに止まらず、出会った人々、その時に感じた気持ちも含めてが旅なんだなぁ。と、感じさせられる一冊。

    自分が旅に出たくなります。

    誰かの人生に寄り添いながら旅する主人公が魅力的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月11日

    心がじんわりあたたかくなる。

    「無意味な旅なんてない。」
    「旅は、出かけるだけで、すでに意味がある。」
    「紙の繊維はね、こうして、叩かれて叩かれて、強く、美しくなるんだよ。」

    なんとも旅好きにはたまらないし、そうでない人でも旅した気分になれる。

    素敵な出会いがあり、おかえりが大事な家族の縁をつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月28日

    旅代行。
    旅に行きたくても行けない人の想いを代わりに旅をする、素敵な旅物語でした。
    旅に行きたくなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    まったくの前評判なしで、「旅」と入ってるタイトルに惹かれて手に取りました。初原田マハさん。
    なのに色々と運命を感じてしまう作品になりました✨✨ 
    旅のなかでひとつのキーとなっている和紙、ちょうど4年生で和紙の説明文読んだ後なので、より伝統工芸の魅力に触れられた気がしてうれしく感じました。華道も出てき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    仕事がなくなっても、大好きな旅を続けてたくさんの人に笑顔を届ける「おかえり」がかっこよかった。
    秋田県の角館、愛媛県の内子町で絶景の景色を見たり、町の人の優しさに触れたり。随所で感動があり、温かい気持ちになった。人生色々、辛いことの方が多い。でも「おかえり」のように自分のために人のために一生懸命生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    旅屋おかえり 原田マハ

    本との出会いは不思議です。

    先週、年末に旅に出ることが決まりました。
    本の中に出てくる、お茶の水にある大学病院へ。
    3年の間で3回目の旅です。

    なかなか慣れないですね、同じ場所なのに。。。
    悔しい気持ちもあります。
    なぜ、、、と。

    一回めの旅のときに、旅の仲間、先輩に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月14日

    原田マハさん初読。とてもあたたかくて読んでいて気持ちがよかった。先が気になる展開で、途中でやめられず一気に読んだ。

    「旅するのに肩書きは必要ない」
    「無意味な旅なんてない」
    旅に対する自由で優しく寛容な精神と、家族との絆が詰まったストーリー。ほろっと泣けるシーンも沢山。
    「ただいま」と言って帰って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています