七夕の国(2)
  • 完結

七夕の国(2)

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

丸神教授の消息を求めて丸川町を訪れたゼミの面々は、丸神山で不思議な儀式を目撃したことを町民たちからとがめられてしまう。いっぽうナン丸の超能力は、「手が届く者」高志の手ほどきによって上達したが、その力は高志らによって、超能力セミナーの見世物として利用されることになってしまった。そのころ、丸川町では「頼之」と呼ばれる人物の行方が取りざたされていた――岩明均の伝奇ロマン、謎が謎をよぶ第2集。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
232ページ
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

Posted by ブクログ 2011年11月29日

『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されていく展開が心地良し。

南丸くんの呑気な三枚目っぷりが、『寄生獣』の宇田さんをちょっとだけ彷彿とさせま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月28日

丸神の力やナン丸の覚醒など、話が動き出して面白くなってきた!ただ、ナン丸の暢気さ(鈍さ)にちょっとイライラするけど。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月30日

高志と出会い、能力を開花させるナン丸

その能力でゴミ問題を解決しようなんて逆に思いつかなかった・・・w
この主人公なかなか癒し系だのう

足首を切り取られたりと少しグロい描写有り

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月10日

南丸の能力が、高志によって少しずつ開花し始めた。
丸神町で起こった事件の真相も少しずつ明らかになる。
高志の冷ややかな目と、頼之さんの人間離れした「手」が凄く印象的。
物語の進行速度はかなり遅め…

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「七夕の国」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play