ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

心拍数上昇間違いなし…おすすめのサスペンス漫画17選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

suspense-comic

みなさんも人生において、一度や二度は、恐ろしい体験をしたことがあると思います。中でも本当に恐ろしいのは、身近に危険が迫ったとき、エゴや保身といった人間の持つ闇の部分があらわになることかもしれません。

今回は、そんなヒヤリとさせてくれるサスペンス漫画を17作品紹介します。次々と凄惨な場面が現れる映画のようなサスペンスから、絵面は穏やかなのに心理的な恐怖に追いつめられる作品まで、その内容はさまざま。ぜひ、好みのサスペンス漫画を見つけてみてください。(※2019/2/12更新)

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』

『親愛なる僕へ殺意をこめて』

『親愛なる僕へ殺意をこめて』 1〜2巻 井龍一・伊藤翔太 / 講談社

もう一人の自分は殺人者? 二重人格のクライムサスペンス

自分の中に潜む“もう一人の自分”は、もしかしたら殺人者かもしれない。二重人格の大学生を主人公にしたサスペンス漫画です。

とある秘密を抱えながら、「人生は楽しんだもん勝ち」をモットーに明るく生きようとしている大学生の浦島エイジ。ある朝、彼が目覚めると、大学でも評判の美人・雪村京花が、同じベッドに寝ていたのでした。突然の展開に驚くエイジに、京花は

「『付き合おう』って言ったのエイジ君じゃあ〜ん!!」

とかわいく怒ってみせます。

携帯の日付から、エイジは自分がいきなり3日後に飛んでいることに気づきます。つまり、その間の記憶がないということ。そんな時、エイジの前に現れたのが、同じ大学の女性・真明寺麗。

「君は解離性同一症 つまり──“二重人格”の疑いがある」

という麗の言葉を、エイジは否定することができませんでした。

問題はエイジの知らない間に、もう一人の自分が何をしていたかです。京花と付き合えるようになったのはいいことですが、押し入れの中に3000万の大金と血まみれの金属バットがあったり、悪名高きギャングチーム「SKALL」と知り合っていたりと、かなりヤバい男になっている印象。そして、エイジの記憶がない間に、女子大生の惨殺事件が起こっていたのでした。

15年前に世間を騒がせた女子大生連続殺人、「LL事件」。見つかった死体は、それと全く同じ殺され方をしていました。最後は犯人の自殺という形で終わったLL事件。しかし、彼は息子を残していました。それこそがエイジだったのです。

もう一人の自分は、本当に犯罪者なのか?謎を解き明かそうとするエイジは、SKALLに接近。どんどん危険な領域へと入り込んでいきます。二重人格、15年前の事件との関係性、被害者女性とエイジの意外な繫がりなどなど、さまざまな謎が絡み合って、スリリングなストーリーが展開していきます。エイジのもう一人の人格が全く描かれていないのもサスペンスの度合いを高めている、続刊が待ち遠しい作品です。

『親愛なる僕へ殺意をこめて』を試し読みする

『夢で見たあの子のために』

『夢で見たあの子のために』

『 夢で見たあの子のために』 1〜3巻 三部けい / KADOKAWA / 角川書店

家族を惨殺した犯人に復讐を誓う高校生の物語

映画化、アニメ化もされたヒット作『僕だけがいない街』の三部けい先生の最新作です。

主人公は、5歳の時に父・母・兄を殺された経験を持つ高校生・中條千里。それから13年、犯人を探し出し復讐することだけを目的に、彼は生きてきました。手がかりは犯人の右腕にある4本の傷。漢字の「火」に似た形をしていたことから、千里はまだ見ぬ犯人を「火の男」と呼びます。

犯行時、一人だけ収納に隠れていて助かった千里。そんな彼がなぜ犯人の腕の傷を知っているかというと、双子の兄・一登と視覚を共有できたからです。身体的な痛みを伴った時だけに起こる「共有」。それによって、「火の男」が両親を殺した上で、一登をどこかに連れ去ったことを、千里は知っていました。そしてその数年後、最後の「共有」が起こります。それは一登が覆面をした「火の男」にナイフで斬りつけられ、目の前が真っ暗になる場面でした。

偶然、ニュース映像に映り込んだ「火の男」の腕。それを手がかりに、千里は本格的に追跡を始めます。すると、彼の前に次々と現れる裏社会の男達。さらに、兄・一登の生死の真相も絡み、巻を追うごとに謎が深まっていくことに。巧みなストーリーテリングは、さすが三部先生です。

復讐のためだけに生きる千里は、ハードボイルドな少年。不良3人組と手を組み同級生達をだまして金を作ったり、目的のためならダーティな手段も厭わないアンチヒーローです。そんな彼の荒んだ生き方を心配する少女・江南が、本作のヒロイン。不良3人組もいいキャラで、千里と男の友情で結ばれています。ヤクザや警察といった大人達は完全にクセ者揃いで、ヒリヒリとした言葉の応酬がかっこいい。硬派なサスペンス漫画を探している方にオススメです。

『夢で見たあの子のために』を試し読みする

『チェンジザワールド −今日から殺人鬼−』

『チェンジザワールド―今日から殺人鬼―』

『チェンジザワールド―今日から殺人鬼―』 1巻〜 神崎裕也/新潮社

イケメン殺人鬼とさえない青年の体が入れ替わる

暗くてコミュ障。斉藤唯一(サイトウユイチ)は社会に適応できない自分を悲観し、自殺しようと廃墟のラブホテルに入り込んでいきます。死のうとした部屋で、死体とその脇に転がる銃を発見したことが、彼の運命を変えました。その場に押し入ってきた刑事と撃ち合いのような形になり、それがきっかけで体が入れ替わってしまったのです。

唯一が入れ替わったのは、イケメンにして大金持ちのエリート刑事・光宗朔太郎。捜査一課でもトップ級の実力を持ち、人望も厚い光宗はまさに完璧人間(パーフェクト・ヒューマン)で、そんな男と入れ替われたことを唯一は素直に喜びます。しかし、光宗の裏の顔を知って、気分は天国から地獄へ。彼は、自宅の屋敷に何体もの死体を保管するシリアルキラー(猟奇殺人鬼)でした。

光宗の屋敷に監禁されていた少女・峯村アンを救った唯一は、彼女とともに、唯一の姿となってどこかに潜伏している光宗を探し出し、捕まえる決心を固めます。しかし、根はダメ人間。子供のアンの方がしっかりしているくらいで、本物の殺人鬼である光宗と、対等に戦える予感は全くありません。しかし、鍛え抜かれた光宗の体は強靱で、唯一は少しずつ勇気と自信を身にまとっていきます。

唯一の体に入った光宗は、どんな形で唯一とアンの前に現れるのか?1巻は緊迫感たっぷりの場面で終わり、続きが気になって仕方ありません。ドラマ化もされた『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ-』の神崎裕也先生の作品ということで、今後に期待です。

『チェンジザワールド −今日から殺人鬼−』を試し読みする

『テセウスの船』

『テセウスの船』

『テセウスの船 』 1~6巻 神崎裕也 / 講談社

過去と現在を行き来し、無差別殺人の謎を解く

タイムパラドックスを用いたサスペンス。巧みなストーリーと、なかなか見えてこない真犯人の姿を巡って、多くのファンの注目を集めている作品です。

1989年、北海道の音臼村で、小学校の児童と教師合わせて21人が毒殺されるという無差別殺人事件が起こりました。その犯人として逮捕されたのが、村の駐在・佐野文吾。裁判では無罪を主張しましたが、判決は死刑。しかし、28年後の現在も刑は執行されず、佐野は刑務所で生き続けています。

主人公は、佐野の実子である心(シン)。殺人犯の息子として過酷な人生を送ってきた彼は、今は田村と姓を変えひっそりと生きていました。物語は、彼が、生まれてきた子供と引き換えに最愛の妻・由紀を失うところから始まります。殺人犯の息子と知りつつ愛してくれた由紀は、音臼小事件を克明に調べ、ノートにまとめていました。そのノートを手に、心は廃村となった音臼を訪ねます。すると不思議な霧が発生し、彼は1989年にタイムスリップしてしまったのでした。

そこで、自分自身が生まれる前の父、母、姉、兄との出会いを果たした心。彼は正体を隠して、半年後に起こるはずの音臼小事件を阻止すべく、行動を開始します。しかし、目的を果たす前に現在に戻ってしまい、自分が過去に干渉したことで現在の姿も変わっていたのでした。

心が二つの時代を行き来するごとに、変化していく事件の様相。真犯人は必ずいるはずなのに、なかなか姿を現しません。犯行の告白をカセットテープに吹き込む犯人の声だけが吹き出しで描かれ、早くその正体を知りたいという読者の欲求を刺激します。

また、ずっと憎んでいた父との融和も物語のポイント。心が出会った1989年の佐野は正義感に溢れた警察官であり、明るい父親でした。巻が進むと、現代の佐野も登場。引き裂かれた家族の再生のドラマとして、感動のクライマックスを期待したい作品です。

『テセウスの船』を試し読みする

『殺人オークション』

『殺人オークション』

『殺人オークション』 1〜3巻 八頭道尾・秋吉宣宏 / 双葉社

殺人オークションサイトを巡る猟奇的サスペンス

ターゲットを提示して、殺害方法をオークションにかけるサイト「赤いオークション」。最初のターゲットとなったAV女優は入札者によって「焼死」と決められ、その指定通り、顔をバーナーで無残に焼かれた全裸死体となって発見されます。衝撃的なニュースはTVやネットで一気に広まり、サイトの存在を知った金持ちの好事家達が群がって、入札額は億単位に膨れ上がっていくのでした。

いったい誰がサイトを運営しているのか? その目的は? 捜査を担当することになった警視庁捜査一課の警部補・佐伯美冬の目を通して、事件の全貌が解き明かされていくというのが、本作のストーリーです。

そしてもう一人、事件に深く関わるのが、IT企業の若手社員・宗谷です。「赤いオークション」のプログラムを担当し、やがて殺されてしまった会社の先輩から、オークションのあらゆる情報にアクセスできるパソコンを受け取っていた宗谷ですが、身の危険を感じて、警察に全てを明かすことができません。佐伯が宗谷を根気強く説得する中、「赤いオークション」によるむごたらしい殺人が重なっていきます。

現在3巻まで進み、ターゲットとなる被害者、実際に手を下す殺人者、オークションの運営者、そして入札の参加者それぞれの人物像が見え始めてきたところ。残忍な殺人オークションを通して、現代の狂気を描く意欲作です。

『殺人オークション』を試し読みする

『刻刻』

刻刻 1巻

完結『刻刻』 全8巻 堀尾省太 / 講談社

平凡な家族が宗教結社に襲撃され…時間の止まった世界で戦いが始まる

主人公は、祖父から甥まで四世代と同居する佑河樹里(ゆかわ じゅり)。父と兄はニート、妹はパート掛け持ちで働きづめのシングルマザー、樹里本人は失恋直後で失業中という、問題の多い大家族ではありますが、それなりに平凡に暮らしていた、はずでした。ところがある日、甥と兄が誘拐され、身代金を要求する電話が掛かってきます。すると、祖父が謎の術「止界術」を使って時間を止め、2人の救出を計画。実は、犯人の目的は金ではなく、その止界術の奪取だったのでした。

森羅万象が日常のひとコマのまま静止している時間の止まった世界で、平々凡々たる一家とカルト集団が戦うSFサスペンスです。何も知らなかった主人公が、超能力世界や暴力的なチンピラ、人を握りつぶす巨体の化け物(敵いわく「神ノ離忍」)といったものに向き合い、手探りでサバイバルせざるを得なくなります。いわゆる「巻き込まれ型」のサスペンスですが、緊迫したストーリー展開の中に、どこか呑気でシュールな佑河一家のやりとりがあり、一気に読み進められる面白さがあります。伏線を回収しながら、人間性への信頼や家族の絆を感じさせて清涼感と共に終わる構成も見事な作品です。

作者の堀尾省太先生は、本作が連載デビュー作。水木しげる先生や伊坂幸太郎先生をはじめ、『アイアムアヒーロー』の花沢健吾先生などからも絶賛されました。電子版の『「刻刻」番外編―300日後―』では、単行本未収録の描き下ろし番外編が無料で読めます。ぜひそちらもチェックを!

『刻刻』を試し読みする

『予告犯』

予告犯 1

完結『予告犯』 全3巻 筒井哲也 / 集英社

ネット社会ならではの犯行…犯人の真の目的に身震いする

舞台は現代の日本。SNS上で重大な失言をした者を特定し、捜し出して私刑を加える覆面男「シンブンシ」が、動画サイトで“私刑”を予告して注目を集め、次第にカリスマ的人気を得ていきます。警視庁サイバー犯罪対策課のエリート警部補・吉野絵里香はキレ者ぶりを発揮してシンブンシを追いつめていきますが、最後に犯人の思わぬ目的が明らかに……。

3巻完結でよくまとまっている、構成の巧みなサスペンスです。現代日本の社会的病理や、ネット社会の群集心理、犯人側の葛藤なども盛り込まれ、社会派ドラマ、人間ドラマとしても読みごたえがあります。犯人の真の狙いに気づくラストでは、驚きと悲しみがありながら、簡単に人を叩き炎上するネット社会において、人の心とは何かを考えさせられます。

生田斗真さん主演で映画化され、東山紀之さん主演のオリジナルストーリーもテレビドラマ化されるなど、注目度の高かった本作。スピンオフの『予告犯─THE COPYCAT―』や、小説版スピンオフ作品『予告犯―THE CHASER―』も出ていますので、そちらもどうぞ。

『予告犯』を試し読みする

『累』

累 1巻

完結『累』 全14巻 松浦だるま / 講談社

もしも他人の美貌を奪えたら…?美しさを追い求める哀しき女の物語

本作は、江戸時代の怪談「累ヶ淵」をモチーフとしながら、大胆かつ独自に翻案し、まったく新しい作品となっています。

主人公の淵累(ふち かさね)は、伝説的な女優であった美しい母とは似ても似つかぬ醜い容貌の持ち主。しかしある日、母の美貌の秘密は相手の顔を奪うことのできる口紅によるものだったことを知ります。その口紅によって美しい女性の顔を手に入れた累は、天性の演技力を磨きあげ、女優としてのし上がっていくのでした。

美しかった母や自分の醜さへのコンプレックスから、後戻りのできない嘘を重ね、スポットライトと人々の称賛を求める累。その心の声は率直かつ悲痛で、まるで自分自身の闇を覗き見ているかのように、目を背けたくなりながらもいつしか惹きこまれてしまう魅力があります。

累だけでなく他の女性キャラにも、美への渇望や同性への妬み、注目への欲求や忘れられる恐怖など負の感情があり、それらがせめぎあう様はサイコ・サスペンスとしても読みごたえたっぷり。口紅の効果が短時間で切れるため、「いつバレてしまうのか」というハラハラ感や、顔を提供する影武者との危うい関係もスリリングです。松浦だるま先生自身が執筆した本作のスピンオフ小説『誘』では、累の母親の話が前日譚として綴られています。

漫画家・田中圭一×松浦だるま先生のインタビュー「わが生涯に一片のコマあり」では、『累』の創作秘話や、松浦だるま先生がずっと描きたかった「一コマ」も明かされていますよ。

『累』を試し読みする

『亜人』

亜人 1巻

『亜人』 1~13巻 桜井画門 / 講談社

「ヒトではない」と知った瞬間、一変する日常

主人公の永井圭は成績優秀な高校生。ある日、トラックにひかれて無残な死を遂げたにも関わらず、その場ですぐに生き返ってしまったことから、不死身の「亜人」だと判明します。実は、亜人は「人間ではない」と考えられており、残酷な人体実験の対象とされる身。圭は友人の海斗に助けられながら逃げ出しますが、家族にも見捨てられ全国に指名手配された上、多額の賞金をかけられ追いつめられていくのでした。

出会う人すべてに追われる恐怖、自分の正体が分からないという不気味さ、政府からも亜人の一部からも狙われる危うさ――。それらが畳みかけるように描かれ、アクションやバイオレンス描写も相まってホラー的な恐怖をかきたてます。劇場版アニメが3部作で公開されるほか、テレビアニメ化も決まっており、今後さらに注目が高まりそうです。

『亜人』を試し読みする

『ミュージアム』

ミュージアム 1巻

完結『ミュージアム』 全3巻 巴亮介 / 講談社

いつの間にか、快楽殺人犯に目をつけられていた…衝撃の猟奇サスペンス

主人公・沢村久志は仕事一筋の巡査部長。その管内で「ドッグフードの刑」「母の痛みを知りましょうの刑」などと銘打たれ、生きながら損壊された無残な死体が相次いで発見されます。沢村は刑事の嗅覚で犯人に狙いをつけますが、実のところ犯人の狙いは沢村にあり……。狩るはずの警官が狩られる側だったという恐怖、そこからスピードアップする激しい展開、ダレることなく全3巻で締めくくった構成の見事さなど、巴亮介先生の力量にうならされるサスペンスホラー作品です。

何より不気味なのは、殺人行為を表現と捉え、自身をアーティストだと言う猟奇的な犯人「カエル男」の異常な美学。縛りあげた西野刑事を屋上から突き落としながら「おめでとう西野君 二階級特進だ」と言う場面には背筋が凍ります。そんなカエル男にさらわれた沢村の妻子は無事なのか、というハラハラドキドキ感から、裁判員裁判の危うさを指摘する硬派な問題提起もあり、奥が深い作品です。

2016年には小栗旬さん主演で実写映画化が公開予定です。

『ミュージアム』を試し読みする

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』

火葬場のない町に鐘が鳴る時 1巻

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』 1~13巻 和夏弘雨・碧海景 / 講談社

よみがえったゾンビなのか!? さまよえる「冥奴様」の恐怖

主人公の卯月勇人は、父の転勤で生まれ故郷の田舎町に帰ってきた高校生。しかし、町はすっかり様変わりし、午後6時3分の鐘が鳴ると朝まで家から出てはいけないという掟ができていました。それを知らなかった勇人は、徘徊する異様なモノ「冥奴様」に襲われ、さらに父も血まみれの携帯電話を残して行方不明となってしまいます。勇人は父を救おうと、夜間にも関わらず捜しに出るのですが……。

正体の知れない冥奴様が、ゾンビのように徘徊する様が不気味で、「次はどこからどのような手で襲ってくるのか」という震えが止まらない、本格的なホラー・サスペンスです。6時3分の鐘が鳴ると勇人を襲う怪しい頭痛、父の態度の不可思議さなど、閉鎖的な田舎町に潜む多くの謎が、少しずつ真相に近づく過程が気になり、ページをめくる手が止まらなくなります。

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』を試し読みする

『アイリウム』

アイリウム

完結『アイリウム』 全1巻 小出もと貴 / 講談社

記憶を消す薬があぶり出す人の本性

飲むと一定期間の記憶が消える薬「アイリウム」をめぐって繰り広げられる人間ドラマを描いた、1話完結の読み切り短編集です。架空の薬という設定だけで、これほど人の弱さ、ずるさ、嫌みさ、けなげさ等がえぐり出せるのかと、感心すること確実な1冊。作者の小出もと貴先生が「期待の新人」と呼ばれているのも納得です。

戦場を舞台とした短編もありますが、グロさを強調したシーンはあまりありません。心理描写からほの見える人間のダークサイドに薄ら寒くなったり、「アイデンティティとは何か」という根源的な不安を覚えたり、という話がメインになっています。

出色なのは「ホスト」という一編。借金がらみでヤクザに追いつめられるドキドキ感と、アイリウムを活かした締めくくり方が実に見事です。全1巻で完結している作品なので、ぜひ気軽に読んでみてください。

『アイリウム』を試し読みする

『七夕の国』

七夕の国(1)

完結『七夕の国』 全4巻 岩明均 / 小学館

『寄生獣』の岩明均先生による、もう一つの名作サスペンス

『寄生獣』『ヒストリエ』の岩明均先生が描く、伝奇的サスペンスです。「物体に小さな穴をあける」という能力を持つ主人公が、自分自身の出自をめぐる秘密に触れ、やがて大きな陰謀に巻き込まれていきます。

平凡な田舎町「丸神の里」に伝わる因習を軸に、失踪した大学教授の行方や、人間の頭をえぐって殺すという不可解な殺人事件、そして、主人公の能力に隠された事実など、張り巡らされた複数の謎が、ラストで見事に解き明かされます。超能力によって殺された人間の体の断面が克明に描かれるなど、岩明先生ならではのタッチでビジュアル面の恐ろしさも充分。全4巻なので、一気読み推奨です。

『七夕の国』を試し読みする

『海の闇、月の影』

海の闇、月の影(1)

完結『海の闇、月の影』 全18巻 篠原千絵 / 小学館

ウイルスに感染した双子の哀しき戦い

人間が謎のウイルスに感染した結果、宙に浮いたり物体をすりぬけたりする超能力者になっただけでなく、人格が変容して悪そのものと化す……という、SF系サイコ・サスペンスです。

少女漫画の名手・篠原千絵先生の代表作にふさわしく、読み始めると止まらないストーリー構成です。仲良しだった双子の姉妹・流風と流水が、同じ男性を想ってしまったが故に敵対しあう展開は究極的に切なく、ウイルスによって悪意が増幅されて殺人を繰り返す流水は、恐ろしくも共感する部分が多いです。敵の感染者も魅力的かつキレ者で、先手を打って善なるヒロインを追いつめていく展開もスリリングです。

『海の闇、月の影』を試し読みする

『残酷な神が支配する』

残酷な神が支配する(1)

完結『残酷な神が支配する』 全10巻 萩尾望都 / 小学館

最も恐ろしい存在は「人間」なのだ…

『ポーの一族』『トーマの心臓』で有名な少女漫画家・萩尾望都先生によるサスペンス漫画。傷つけ合い、傷を舐め合い、愛せず、離れられず……もつれ合う心理をリリカルに描いて、上質な映画にも似た読後感を残します。

ある時は暴虐に、ある時は弱々しく振る舞って、家族を心理的に支配する富豪と、彼から性的虐待を受ける義理の息子を中心に、傷を負いもがき続ける人々が描かれています。人間にとって最も恐ろしいのは結局、幽霊やゾンビではなく、生きた人間なのだなあ……と思わせる、文学的なサイコ・サスペンスです。

『残酷な神が支配する』を試し読みする

『預言者ピッピ』

預言者ピッピ1

『預言者ピッピ』 1~2巻 地下沢中也 / イースト・プレス

人工知能は人間を乗っ取るのか!?

地震予知のために開発され、好成績をあげている人型ロボット「ピッピ」。しかし、人間が持つすべての情報へのアクセスを許可した結果、ピッピは完全な未来予知ができる存在となってしまいます。

個々の人間の行動までも、ピッピによって予測できるのだとしたら、人間の自由意思とは何なのか。人間の存在意義とは何なのか。哲学的な問いを投げかける、奥の深いサイコ・サスペンスです。

『預言者ピッピ』を試し読みする

『DEATH NOTE』

DEATH NOTE モノクロ版 1

完結『DEATH NOTE モノクロ版』 全12巻 大場つぐみ・小畑健 / 集英社

サスペンス漫画の代表作!スリリングな頭脳戦を堪能するならこの作品

アニメ化は言うに及ばず、実写映画化、ドラマ化などでたびたび注目を集めている『DEATH NOTE』。死神のノートを使って人を殺せる少年・月(ライト)と、月を追う探偵たちとの息のつまる攻防を描いた、サスペンス漫画の定番と言える作品です。

殺人者という正体が知られてしまえば、死刑は必至の月。名前をノートに書かれてしまえば死んでしまう探偵たち。両者が繰り広げるスリリングな頭脳戦が話題となりました。

原作漫画は既に完結していますが、完全オリジナル新作の映画「デスノート 2016(仮)」や、ハリウッド映画化も予定されており、まだまだ目が離せません。

『DEATH NOTE モノクロ版』を試し読みする

最後に

血しぶき飛び散るホラーから、深層心理を抉るものまで、一口に「サスペンス」と言っても、その内容はさまざま。謎の解明に重点を置いたミステリー漫画とはまた違う魅力を持った、ゾクゾクするサスペンス漫画は、一気読み必至です。

BookLive!「推理・ミステリー・サスペンス」作品一覧

BookLive!少年漫画一覧

BookLive!青年漫画一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

漫画で財テク!お金・ビジネスにまつわるオススメの経済漫画11選
児童虐待について考える漫画おすすめ7選【ネグレクト、しつけ、毒親】
【独身OL必見】恋愛は出来る?おすすめ婚活漫画8選
箏・俳句・茶道…「日本文化系」部活漫画、おすすめ3選
思わずホロリ…感動必至の泣ける4コマ漫画おすすめ4選
全巻揃えても安く買える漫画を厳選!10巻以内完結のおすすめ漫画26選