七夕の国(1)
  • 完結

七夕の国(1)

作者名 :
通常価格 594円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ちょっとした超能力が使えるのが取り柄の南丸こと、ナン丸はある日、知り合いでもない民俗学の教授・丸神から呼び出しを受けた。だが丸神は調査のため「丸神の里」へ行ったきりで戻っておらず、残された研究生からは「教授とナン丸は、同じルーツを持つらしい」と告げられ、心当たりを尋ねられた。だが何も知らない――。いっぽう「丸神の里」東北の丸川町では、殺害方法のわからない猟奇事件が起きた。失踪した丸神教授の研究内容と足取りを追って、丸神ゼミとナン丸は「丸神の里へ」おもむくが…。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

購入済み

古いマンガだけど面白い

Ken 2017年06月18日

ストーリー展開は十分練っている。わずか4巻だけど,展開が予想できず引き込まれる。
岩明さんの絵は,特に人の顔の表情描写が変だけど,気には無くなる。
面白いマンガだと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月10日

ちょっと難しかったけれど、おもしろかった。
ふるさとを守るために、自由な心を縛るしがらみのようなものを我々日本人は感じているのではないかと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月29日

『寄生獣』で一世を風靡した岩明先生の作品。構成がしっかりと練られていて、最初から最後まで物語を形作ってから執筆された印象(これは後の『ヒストリエ』でもっと炸裂)を受ける名著。伏線がどんどん回収されていく展開が心地良し。

南丸くんの呑気な三枚目っぷりが、『寄生獣』の宇田さんをちょっとだけ彷彿とさせま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月15日

寄生獣のときもそうだが、作者は宇宙人とかそういう未知の生命体に興味があるのだろう。とってもおもしろかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月09日

主人公は、平凡な人生を送っている、
平凡な大学生。
特技はただ一つ!
超能力で、薄っぺらい紙に、ちっちゃい穴を開けることができる!!

映画化してほしい!ドラマでも良いけど!
いや、やっぱしなくて良い!!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「七夕の国」に関連する特集・キャンペーン