刻刻 1巻
  • 完結

刻刻 1巻

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

佑河樹里(ゆかわ・じゅり)は失業中の28歳。家では父・貴文(たかふみ)と兄・翼(つばさ)、じいさん三代のダメ男がヒマを持て余している。ある日、甥・真(まこと)が翼とともに誘拐される。身の代金を渡す期限に間に合わなくなった時、じいさんは佑河家に代々伝わるという「止界術」を使い、世界を“止めた”。 だがあり得ないことに、救出に向かった先で樹里たちは自分たち以外の“動く”人間に襲撃される。そしてパニックの中、異形の存在「管理人」が現れ…

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング・ツー
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年06月08日

時間が止まった世界。第一話からストーリーはノンストップ。いろんなことが次々と起きすぎて、めくるめく感じ。とにかく面白い。
キャラに関しては、ヒロインはなかなか勇ましくてよい。ジジイ以外の男たちがダメダメ。しかしそれだけに共感は持てたり、というところも。
絵柄、ストーリー共に『寄生獣』の影響を感じる。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年11月19日

現実的な窮地を漫画的な力で脱出する導入も十分に面白いが、その無敵感、安堵感があっさり崩れるチンピラがゾロゾロ入ってくる2話のシーンは非凡。ここは混乱しながら戦慄しながら興奮する感覚だった。
ここの凄さは2つの恐怖を同時に並列させているところ。つまり、「なんでこいつら動けるんだ?」という得体の知れない...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月05日

続刊
とにかく続きが気になるし面白い。水木しげるや伊坂幸太郎が推薦するのも頷ける作品。コミカルなようでグロさもあり、面白さと気味悪さのバランスが絶妙な気がする。
刊行スピードが遅めなのが更に焦らされる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月15日

『人間ひとりひとりに流れる時間』
をテーマに驚異の新人がSFを舞台に大暴れ。

いやはや口では説明しがたい。
時間を止める『止界術』を使える主人公一家と
宗教団体を名乗る謎の団体との戦い。
止界中での設定やバックに芯が通っていて
ほんとに新人か?と疑うほどブレがない。

僕らが『時間を止める』って考...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年06月08日

まずその世界観にとても引き込まれる作品。突然かかってきた誘拐の電話から端を発したこの物語。主人公の一族には実はある能力が伝えられていたのだが・・・。という感じです。キャラデザインが不評ですが読んでるうちに気にならなくなるでしょう。今後この力の謎も紐解かれることに期待

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています