女刑事音道貴子 花散る頃の殺人

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『凍える牙』で、読者に熱い共感を与えた女性刑事・音道貴子。彼女を主人公にした初の短編集。貴子自身がゴミ漁りストーカーに狙われて、気味悪い日々を過ごす「あなたの匂い」。ビジネスホテルで無理心中した老夫婦の、つらい過去を辿る表題作など6編。家族や自分の将来に不安を抱きつつも、捜査に追われる貴子の日常が細やかに描かれる。特別付録に「滝沢刑事と著者の架空対談」!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
音道貴子シリーズ
電子版発売日
2014年12月05日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月02日

    女性であることで何かと理不尽な事が多い音道貴子。今回は理解ある仲間に恵まれている感じで短編6篇、スルスル読めた。

    おっちゃんの活躍、今後も期待です!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月27日

    音道刑事シリーズ。
    短編ものです。
    どっぷりサスペンスというより、日常の事件と言うほどではないけどほっておくわけにもいかない・・・そんな出来事が並んでいました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月02日

    凍える牙で興味を持った、音道刑事の続篇が読みたくてに取った。「おっちゃん」と呼ぶ新たな相棒との活躍を集めた短編集。凍える牙に反して日常の穏やかな時間が感じられた。おっちゃんが標的になる事件をからかう元相棒である滝沢との会話が時の経過を教えてくれるようで、新たな展開が気になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月12日

    警察は男社会
    そしてその中で刑事をやることの厳しさ、
    頑固な女性に対するデリカシーのないむくつけき男、その中で
    音道貴子は頑張る
    悲しいくらい応援する
    一生懸命応援している自分がいる。音道貴子シリーズ好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月18日

    短編集。
    とんでもない殺人などは起きないけれど、人情溢れる話。
    しかしこの音道貴子という刑事はすごいなぁ。
    小説なんだからとは思うけど、登場人物が生き生きしていてとてもいい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月20日

    傑作長編『鎖』を読んだ余韻のまま、本作を15年ぶりに再読。
    時系列としては、『鎖』の前日談か。
    主人公女刑事音道貴子の私生活、家族のことや、近所づきあいの悩み(これが原因で引越しをしてしまう)などとともに、日々の事件を追う活躍を描いた短編集。

    『長夜』に登場する元刑事のオカマ安曇のキャラもこの一作...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月09日

    最初の作品が長編だったのに対して、
    この第2作は短編集のようになっているので、
    ちょっと物足りない。
    事件に奥行きが足りないというか。

    前作の親父刑事とのからみを期待していて、
    肩透かしをくったからかもしれない。

    そして、主人公、まだまだ青いな~。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月24日

    音道貴子シリーズの短編。

    すっかりはまって読み漁ってる音道シリーズ。
    短編集はお風呂入りながら読むのにちょうど良いな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月19日

    「凍える牙」がシリーズ物と知りシリーズなら次もと買った一冊。

    短編を通して主人公を知るみたいな内容だった。

    主人公がこうゆう人だとなんとなくわかったが、
    じゃどうゆう人物と聞かれると、無愛想でドライな性格というイメージしかない。

    短編のどの話も、難解な事件を解決するみたいな内容じゃなかったが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    音道貴子シリーズ最初の短編集。凍れる牙で登場した貴子の日常が描かれていてとても身近に感じる事ができた。
    女性の出したゴミを漁る変質者、安ホテルで変死した老夫婦、援助交際する女子高生たちなどが描かれるが、一話は滝沢が主人公の話。どの話にも凍れる牙でコンビを組んだ滝沢が必ずチョボっと登場したり、滝沢主人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

女刑事音道貴子 花散る頃の殺人 に関連する特集・キャンペーン