おじさんはなぜ時代小説が好きか

おじさんはなぜ時代小説が好きか

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

時代小説とは何か? 司馬遼太郎、藤沢周平ら多くの作家が活躍し、名作が書かれた昭和。作品が舞台とする江戸時代。高度経済成長期の「会社」生活に一喜一憂した昭和のサラリーマン達が自らを仮託した下級武士達と、経済成長なきユートピアとしての「藩」。それぞれの時代と社会を詳細に読み解き、日本人にとって時代小説が持つ意味をわかりやすく語る。おじさんも歴女も目からウロコが落ちる必読書。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / ブックガイド
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年10月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

おじさんはなぜ時代小説が好きか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月10日

    藤沢さん大好きだし、時代劇も結構たくさん見てきたので、この本とても楽しかったです。特にあまり知らなかった長谷川伸の章を興味深く読みました。その後BSで放送された高倉健主演「昭和残侠伝 唐獅子牡丹」を見て、あ、なるほど、と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月06日

    小説を読みこむとはこういうことなのか、恐れ入りました。。
    書かれているのは氷山の一角であり、小説として表出されるまでの作者や時代の背景まで踏まえて読む、著者の視野の広さと深さに驚く。
    歴史認識の重要性、無知なるものに個性など存在しない・・・なるほど。
    自分の時代小説に対する関心の低さの理由がわかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月03日

    再読。同じ小説を読むのでも、作者や書かれた背景について知っているのとそうでないのとでは、面白さがまったく違うということが分かる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています