臨機応答・変問自在  2
  • 最新刊

臨機応答・変問自在 2

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

理系大学生を相手に質問に答えた好評の前著に続く第二弾。ネット上で募集をかけて集まったジャンルを問わない質問に、人気ミステリィ作家であり大学助教授である著者が鮮やかに答えていく。大学の先生と生徒という枠を離れた質問は、雑学ネタからおなじみの人生相談ものまでヴァラエティ豊かだ。果たしてどんなQ&Aになったのか、ふるいにかけた様々な質疑応答を公開する。【目次】まえがき/I 一般的な質問/II 小説家としての森博嗣に対する質問/III 多少サイエンス風味の質問/IV 再び一般的な質問/V なんとなく人生相談

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年06月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

臨機応答・変問自在 2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年02月16日

    Q眠っているときに見る「夢」と、叶えたい願望をさすときの「夢」、これって同じものなのでしょうか? A同じものだったら、幸せですね。お大事に。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    ネットからの問に応答しているので、前作とはやや毛色が違っています。「問」というものへの認識が変わりました。自分の思考がどの方向を向いていて、どの位の広さがあって、現在どの位まで進んでいるのか。聞く人が聞いたら一瞬でバレる。それが質問。おいそれと質問できなくなっちゃいますね。それでもするんですけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月11日

    前作がそこそこ楽しめたので、購入。
    今回は学生ではなく、「森博嗣」を知る読者がHP上で質問をしており、それに対して回答している。面白いもの、好きなもの、どちらでもないもの、色々あります。全部が面白いわけではないですが、「面白いもの」を求めて読み進めてしまうのは、森博嗣さんの力なのではないかと思う次第...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月14日

    著者自身も言ってるけど、今回の質問は学生からのものに限らず、幅広い読者から募ったものなので前著と比べると若干毛色が変わった印象を受ける。
    それ程真面目に授業を聴いてない学生がとりあえず考えた質問に鋭くクールに切り返すってのが面白かっただけに、この違いは結構でかい。
    まぁそれでも十分面白いには面白いん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月26日

    [ 内容 ]
    理系大学生を相手に質問に答えた好評の前著に続く第二弾。
    ネット上で募集をかけて集まったジャンルを問わない質問に、人気ミステリィ作家であり大学助教授である著者が鮮やかに答えていく。
    大学の先生と生徒という枠を離れた質問は、雑学ネタからおなじみの人生相談ものまでヴァラエティ豊かだ。
    果たし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月31日

    久しぶりに森博嗣の文に触れ、やっぱり、この考え方、好きだなーと思います。笑わせて頂きました。そして、考えさせられました。また、読もう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ●性善説と性悪説−行ったり来たり振り子みたいに両方感じる。
    ●しつけ−言葉が通じるようになったら、言って聞かせた。その前は叩きました。
    ●「働かざるもの食うべからず」と「一日作さざれば一日食らわず」の違い−押し付けられた義務か獲得する自由か
    ●目標と夢の違い−実現する気があるかどうか(243)
     ★...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    犀川先生の授業を受けてるような気分になれます!

    突き放した答えは冷たい感じがするけど、質問を見る限りは仕方ないと思う。ただ質問してみたかっただけの質問のような気がする。なので、回答者も質問者もどっちもどっちな質問&回答集。

    森博嗣ならではの回答でくすりと笑えるが、後半に進むにつれ飽きる感じも。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前回は大学の講義で受けた質問だったのに対し、今回は一般公募した質問への回答。
    相変わらずのキレとユーモアで読んでて楽しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    理系大学生を相手に質問に答えた好評の前著に続く第二弾。ネット上で募集をかけて集まったジャンルを問わない質問に、人気ミステリィ作家であり大学助教授である著者が鮮やかに答えていく。大学の先生と生徒という枠を離れた質問は、雑学ネタからおなじみの人生相談ものまでヴァラエティ豊かだ。果たしてどんなQ&...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

臨機応答・変問自在 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 臨機応答・変問自在 ―森助教授vs理系大学生―
    ミステリィ作家であり、某国立大学工学部助教授である著者は、学生に質問をさせることで出席をとり、その質問に自身が答えたプリントを配布するという授業を、何年間も続けている。理解度を評価するとともに、自主性や創造性などを高めるためである。授業内容に関連するもの以外に、たわいのないものから、科学、雑学、人生相談など、学生の質問内容はヴァラエティ豊かだ。本書は、数万にのぼるそのQ&Aから、ユニークなもの・印象深いものを独断的に選び、その面白さの一端を紹介していく。【目次】まえがき/I いろいろな質問/II 建築に関する質問/III 人生相談?/IV 大学についての質問/V 科学一般についての質問/VI コンクリートに関する質問/VII 森自身に対する質問
  • 臨機応答・変問自在  2
    715円(税込)
    理系大学生を相手に質問に答えた好評の前著に続く第二弾。ネット上で募集をかけて集まったジャンルを問わない質問に、人気ミステリィ作家であり大学助教授である著者が鮮やかに答えていく。大学の先生と生徒という枠を離れた質問は、雑学ネタからおなじみの人生相談ものまでヴァラエティ豊かだ。果たしてどんなQ&Aになったのか、ふるいにかけた様々な質疑応答を公開する。【目次】まえがき/I 一般的な質問/II 小説家としての森博嗣に対する質問/III 多少サイエンス風味の質問/IV 再び一般的な質問/V なんとなく人生相談

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング