神の雫 3巻
  • 完結

神の雫 3巻

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

神咲雫(かんざき・しずく)のライバルであり、新進気鋭のワイン評論家・遠峰一青(とおみね・いっせい)。彼の酷評により経営難に陥ったフレンチレストランを救うため、雫と紫野原(しのはら)みやびは遠峰が下した評価の理由を探る。そこには、フランス料理とワインとの、美しくも濃密な素晴らしい関係があった!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
モーニング
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
EPUB

「神の雫 3巻」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年08月26日

借りたもの。
フランス対イタリアワイン対決に至るための、ワインの本質――それはワイン単体ではなく食事との相性”マリアージュ”にあることを説く巻。

どんなに美味しい料理とワインがあっても、お互いの良さを引き立てる――合ったものでないと”マリアージュ”は成立しない。
神崎とみやびちゃん、そして遠峰の解...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年05月18日

出来がいいな。レストランの話も鉄板的進行だったし、いちいち問題があるところから知識を入れて行く展開も見事。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年08月30日

時々ちょっと引くくらい大仰な表現がナンだけど、おもしろい。なんでもかんでもおとんの思い出に結びつけるのも、ちょっと気になるけどね・・・。いちいち神咲の息子ですって名乗るのもやめよーよ、雫・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月22日

1年前に遠峰によって酷評されたために売り上げが激減したフランス料理店「マ・ファミーユ」の店主の綿貫と偶然知り合った雫は、店の評価を覆して遠峰の鼻を明かすため、彼に協力することになります。その中で、綿貫と娘の鈴香の関係が修復されることになります。

一方ワイン事業部では、イタリア・ワインしか認めないと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月25日

新設のワイン事業部への異動を命じられた神咲雫。しかし、名のあるワイン評論家の父を持ちながら実はワインに関して素人だった雫。そんな時、突然父親の訃報が届いた。そして、父親の遺言の内容に驚愕することになる。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,874

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!