手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 838円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

鬼才歌人と異才画家、渾身のコラボ歌集。

2001年の刊行時、短歌界の内外にセンセーションを巻き起こした問題の歌集が電子化。キャバクラ嬢「まみ」と、やっぱりキャバクラ嬢であるその妹の「ゆゆ」、そしてウサギの不思議なトリオの、詩的でほわほわしていて乱れていてストイックな生活と、まみとゆゆを巡る恋人や友達や隣人たち、そして切なくふるえるまみの心、愛、祈り。
手紙魔「まみ」は「ほむほむ」こと歌人穂村弘に大量の手紙を送り、穂村弘はその手紙の中のフレーズを変形させて使ったり、そこからインスパイアされてまったく違う短歌をつくりだしたりしつつ、「手紙魔まみ」という、実在するくせに虚構でもあるあやうい存在を歌集の中に生成する。
装丁・挿画には、センシブルな若い女性に熱烈なファンを持つイラストレーター、タカノ綾(カイカイキキ所属)を起用、ポップでキッチュな部分とはかなさや切なさのあやういバランスを、ビジュアル的にも訴求する。

【ご注意】※この作品はカラーイラストが含まれます。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
小学館
ページ数
120ページ
電子版発売日
2014年02月28日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    夏だからと再読しました。短歌からも挿絵からも狂気を感じる、とても好きな空気です。わたしの中にもきっとまみはいて、その濃度が高まっている気がします。とりあえず、昨日の朝から何も食べてなくて、今晩も食べられないと思います。まみは雪舟えまさんだと目にしましたが、雪舟さんこんな感じだったかな…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月21日

    作者本人がどこかで書いていたけど、短歌は「わかる・わからない」の個人差が激しい。
    個人的には、手紙魔マミとその仲間が具体的に登場する歌は好きになれなかった。
    一方で間違いない名歌も点在。お風呂でチャットモンチーでも聴きながら読むといい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

     不思議。不思議だからちゃんと理解できてない詩がたくさんあると思う。だけど好きだと思う詩がいっぱいだった。まみちゃんの可愛らしさ、妙な色っぽさがあるのだけど、なぜだかずっとどこか寂しい気がしたのはどうしてなのか、今考えても分からない。これからも読み直したい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月26日

    ずっと、あの子のためのbibleだと思っていた。
    どんぴしゃ。
    うさぎが好きで、メンヘラで。
    でもね、わたしのためのbibleだった。
    いちど読んだあの日から、ずっと脳みその中をぷかぷか浮いてる言葉たち。猛烈だね。
    渋谷のマツモトキヨシに行くときもそうだし、今のようにくそみたいな気分のときもそうだ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月13日

    この本が異色だと思ったのは、わたしが普段短歌に触れていないからでしょうか。
    はじめは理解に苦しんで、なんとなくで読んでいて、だけど、一つ一つの手紙は甘くて繊細で光ってるイメージで読んでた。ときにはとても現実的かつ残酷。
    解釈はたくさんありそうだけど、各々がその時々に解釈してオーケーだと思った。
    手紙...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月02日

    短歌なのだけど形式にはこだわらずに記号を用いた表現芸術ともいえるその作品は、作者に憑依した手紙魔まみが言葉を紡ぎながらダンスしているようだった。タカノ綾による挿絵も、短歌の煌めくような想像力に拍車をかけてくれる。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2015年06月18日

     短歌という危険物。
     一般的に「自分の心情」を描くことが原則とされる短歌。しかし、逆に「架空の人物の心情」を描いた怪作。
     大塚英志著『キャラクター小説の作り方』で紹介されていたので読んだ。手紙魔まみという架空のキャラクターの心情を描いた短歌集というのは理解できるが、短歌の意味自体は理解できないも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年10月07日

    おそ松アプリでずーっと遊んでししまってしまって本が読めない

    ほむほむがへんたいにみえる(きらいじゃない)

    なかなかいいけど
    そんなにすき‼ってのはないかな

    絵がこれはマズイ(きらいじゃないけど)

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています