中島らもの特選明るい悩み相談室 その1

中島らもの特選明るい悩み相談室 その1

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本全国の悩める老若男女が駆け込む、最後の砦。中島らもの明るい悩み相談室が、装いも新たに帰ってきた! 「ゾッとするほどあんこ中毒の父」「将来の夢はピーマン屋といいはる娘」「束縛されたくないと裸で料理する夫」などなど。思わず吹き出す珍妙な相談と、思わず唸ってしまう絶妙な回答の中から、爆笑必至の70篇をよりすぐってお届けします。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
232ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

中島らもの特選明るい悩み相談室 その1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年05月06日

    新聞連載ですから、エッセイと呼んで良いのか・・・
    相談する方もされる方も、どこまで本気なのか・・??
    ま、暇つぶしには最高の一冊ですが、あまりにあっさり読み終えるのが難点で・・・(^_^;)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月27日

    らもさんが一般人の様々な悩みに答えるだけなのになんでこんなにも面白いのか。
    それはきっとらもさんが博識で色んな人と出会っていたからじゃないだろうか。
    それにしても流石知識が豊富だなぁって答えを出したかと思えば、なーにを言ってんだこのオッさんは。とゲラゲラ笑える答えを出したり、これがユーモアというもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月03日

    のっけからツボにはまること間違いなし。「私の料理に”おそまつさま”という義母の悩み」
    その他、私のお気に入りは
    「古いご飯新しいご飯の戦い」
    「食べ物の生死問う子にどう答えれば」
    「猫が盗んだ鰻はお父さんの分」
    「山に帰りたくない母狸の言い訳は」その他ほとんどです。
    ウィットに富み、時に辛口に相談者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月03日

    世の中には面白い人がたくさんいるのだと思いました。
    どこの家でもこういった面白い日常が各家庭にあるのだろうと感じました。
    一般の家庭・身近な日常からの投書ならではの面白さを感じます。

    個人的には「娘に脅迫状を送る おチャメな母」が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月08日

    東海林さだおさんや、
    原田宗典さんや、
    群ようこさんのような、
    笑いのツボが好きであれば
    お勧めします。

    中学生の時に初めて読んでから、
    今でもたまに本棚から出して
    わらわらします。

    友人に勧める際は
    電車の中が恰好の読み場所だと伝えています。

    笑いをこらえるのも読書の味かな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    素朴な質問が明後日の方向へ話題が飛んで行き、信じられない角度から答えを導き出す人気シリーズ。

    もう復活することすらないと思うと悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ターバンをしたインド人がバイクに乗ったら、ヘルメットをかぶらなくても捕まらないんでしょうか」、「風呂場に生えたきのこを食べても大丈夫でしょうか」という読者の悩みに中島らもが真剣に応えます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    どんな深刻な悩みでも、他人にとってはどうでもいい事、些細な事。
    そんな悩みはまじめに相談するのがバカです。
    悩んでる暇があるなら笑いましょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    取り敢えず読みましょう。色々悩んでる事がバカバカしくなる事請け合い。特選版は三冊、元のシリーズは七冊出てます。元のシリーズも勿論お勧め。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    物心ついたときからこれが単行本で揃ってました。限られたスペースでこれだけクレヴァかつユニークなのを書けるのはこの人しかいない。しかも簡潔できちんとオチがある!テキトーに読んで充分面白い〜

    このレビューは参考になりましたか?

中島らもの特選明るい悩み相談室 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 中島らもの特選明るい悩み相談室 その1
    日本全国の悩める老若男女が駆け込む、最後の砦。中島らもの明るい悩み相談室が、装いも新たに帰ってきた! 「ゾッとするほどあんこ中毒の父」「将来の夢はピーマン屋といいはる娘」「束縛されたくないと裸で料理する夫」などなど。思わず吹き出す珍妙な相談と、思わず唸ってしまう絶妙な回答の中から、爆笑必至の70篇をよりすぐってお届けします。
  • 中島らもの特選明るい悩み相談室 その2
    焼きじゃがみそを食べると死ぬ? どうして“社会の窓”というのか? 全員0点なら赤点制度はなくなるのか……。「特選明るい悩み相談室」第2弾のテーマは〈常識〉。世の中に流布するルールやマナー、我が家だけで通用するしきたりに悩む人々が、鬼才・中島らもの戸を叩く。ニッポンの常識を根本から問い直す爆笑人生相談。
  • 中島らもの特選明るい悩み相談室 その3
    「結局死ぬと思うと何もかもむなしい……」「人間も光合成ができたらいいのに」「かりんとう、あんな形でかわいそう」「“々”の正式な読みを説明してほしい」などなど、特選明るい悩み相談室シリーズ最終巻は、ニッポンの未来を憂う(?)珍問・奇問が大集合。悩める民がくり出す強烈な一発を、鬼才・らもさんが迎え撃つ。巻末あとがきでは、明るい悩み相談室の誕生秘話が明かされます。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング