アマニタ・パンセリナ

アマニタ・パンセリナ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

睡眠薬、シャブ、アヘン、幻覚サボテン、咳止めシロップ、毒キノコ、有機溶剤、ハシシュ、大麻やLSDもあれば、アルコールもある。ドラッグのオンパレードである。著者自らが体験したリーガルなものもあるし、話に聞いただけのイリーガル・ドラッグもある。古今の作家の生活や名著などもひきながら、話は「人はなぜ快楽を求めるのだろうか」へと進む。煙の向こうにひとの本質が見え隠れするような傑作ドラッグ・エッセイ。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

アマニタ・パンセリナ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年11月14日

    時代なのか、たまたま自分の周りにそういった人がいなかったのか、自分の人生経験では想像がつかない話ばかり。特にヘルハウスの話はインパクトが大きかった。
    ドラッグで死んでいく友人たちの話も悲痛。

    ドラッグか酒かで酩酊して階段から落ちて死ぬだろうという予言めいたことも書いていた。

    文章は面白いし、バン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月18日

    中島らも作品の中でベスト3に入るくらい、おもしろい。いろんなドラッグについて書いている。
    タバコもやらない私だけど、この本のおかげで知識はだいぶ増えた。すいすい読ませてしまう文章のうまさは本当にすごい。
    この本以外で最近なにかの本の中にサボテンをかじってラリるか確かめる描写があり、アマニタ・パンセリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月03日

    10代好奇心旺盛だった頃にこの本に出会ってしまい、チョウセンアサガオ(ダチュラ)の幻覚に挑戦してみました。天と地がひっくり返ったような感覚に襲われ、しばらく動けなくなりました。

    若者には読んでほしくない本。

    けれど、自分の本棚には置いておきたい本。
    理解ある大人用の本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月09日

    あやうく「麻薬ってほんとは悪者でもないんじゃないかな?」と思わせられた(やっぱ悪者だと思い直したけど)
    フリーダムで面白くて、魅せられます。
    この本とは関係ないけど中島らもの「いいんだぜ」っていう歌は秀逸。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月26日

    10回以上は読んだ。ドラッグというジャンルの本としても、中島らもの本としても随一ではないだろうかと思ってます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月21日

    「ドラッグにも貴賎がある」として筆者・中島らもは覚せい剤を熱烈にDISるが、やはりアルコールには勝てないということか!
    興味ある方はyoututbeでらもさんのインタビュー動画見るべし

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月19日

    面白かった! 後年、喘息発症時に処方された薬に「ブロン」って書いてあってテンションがあがった! 自分自身はドラッグに興味はないけど。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月13日

    これでもかー!のドラッグ体験記。ここまであっけらかんと薬遊びされちゃうと気持ち良いです。笑。毒キノコってこわいですね・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月08日

    筆者が今までに経験してきた、様々なドラッグを本書で紹介している。
    うがい薬がトリップできるのは初耳で、興味深かった。
    ドラッグというと、ちょっと怖くて気が引けてしまう人もいるかもしれない。
    だが、本書では筆者の軽快な文章によって、怖さは感じない。
    怖さは感じないが、生々しさは感じることができるので、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月04日

    評価は高いけど、万人にオススメできる本ではない。
    ドラッグをここまで豊かに表現した小説は知らない。
    残念ながら友人に貸したまま戻ってこないのでこれは買い戻したい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています