とりかえ・ばや(1)
  • 完結

とりかえ・ばや(1)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
紙の本 [参考] 471円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

男らしい姫君と女らしい若君
それならいっそとりかえてしまいませう―――

ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート!
“男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。

男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
女性マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年02月24日
紙の本の発売
2013年03月
サイズ(目安)
45MB

とりかえ・ばや(1) のユーザーレビュー

    平安時代の王朝文化のものがたり

    hanabi 2020年10月21日

    絵が美しい、いろいろ勉強になる。貴族の言葉の美しさや衣装、ゆっくりした時間の流れ、
    この時代にあこがれ、豊かな気持を味わえます。奥が深くひきこまれます。何度も繰り返し読みました。
    絵の表現が素晴らしい!!
     さいとうちほ先生素晴らしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    今も昔も。

    tukinosizuk 2020年03月07日

    原作は江戸時代後期に作られた作者不詳の物語。
    タイトルの意味は『取り替えたいなあ』という気持ちが込められています。原作は現代語ではないので少々読みにくいですが
    今も昔も、人が悩む根源は変わらないような気がします。
    男ならよかったであろう活発な女の子と女の子であったなら
    さぞ淑やかでよかったで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    えだ豆 2018年03月03日

    時代物は今までの読まなかったのですが、読んで見て衝撃でした。美しい夢のような風景と登場人物の綺麗な顔と装束に引き込まれてしまいました。
    こんなおもしろい話が有ったなんて!
    ドキドキが止まりませんでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    知らぬが仏

    ねこまんま 2018年02月27日

    最後まで面白かった!結末も自分好みです!
    ただ、帝や石蕗などのキャラクター目線で見ると謎は謎のままで、
    「それでいいのか~帝~!」と思ってしまったりもした。
    でもそこが平安時代っぽくて良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    懐かしの

    miSSa 2017年04月07日

    とりかえ話でしたが,今までの解釈物より何倍も面白く,久しぶりにドキドキしました。

    このレビューは参考になりましたか?

    面白くて読みがいがあります

    ゆきごん 2017年03月29日

    表紙の絵が半裸なので性的な描写が多い漫画なのかと思っていましたが、お試し版で読んで、面白さ、ストーリーの確かさに引きこまれました。平安時代の文化や考え方も描かれていて良いです。キャラクター一人一人が愛すべき人達で、何とも魅力的です。既刊は全部購入してしまいましたので、新刊を心待ちにしています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    評判は聞いていたのになかなか手を出せず、ようやく1巻を読みました。

    なぜもっと早く手に取らなかったのか…。おそらくは最初の中ボスが沙羅を攻め立てるところで1巻はおしまい。次が楽しみです。

    いかにもマンガっぽいシチュエーションと思いましたけど、原作があるのねw。

    作者も後書きで書いてましたけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月01日

    すごく面白い内容、背景も書き込まれていて美しい。

    少女革命っぽい絵だな〜と思っていたらまさかのビンゴ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月12日

    3巻まで一気買いしましたが!興奮してとまりませんでした!!さいとう先生の漫画のうまさに圧倒されつつ、キャラがみんないい子で‥はなやかでせつなくて‥和歌のやりとりの再現度もすごくいい感じです。どうなっちゃうんだーーとはらはらする感じはあさきゆめみしに似てます、かね‥?平安の結婚に関するどきどき感はやば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月26日

    子供の頃にとりかえばや物語を読んで衝撃をうけて以来好きだったのに、さいとうさんが描いて面白くないわけない!!!そしてどの巻も帯と装丁のマッチングが完璧です。

    このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや のシリーズ作品 全13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • とりかえ・ばや(1)
    完結
    462円(税込)
    男らしい姫君と女らしい若君 それならいっそとりかえてしまいませう――― ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート! “男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。 男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?
  • とりかえ・ばや(2)
    完結
    462円(税込)
    女だから愛されるのか、男だから愛すのか――― 男らしい姫君・沙羅双樹には嫁取りの話が、 女らしい若君・睡蓮は宮中へ出仕することになり――!? さらに、睡蓮に想いを寄せていたはずの沙羅双樹の親友・石蕗(つわぶき)は予想もしていなかった禁断の想いに目覚めてしまい… 急転につぐ急転、見逃せないトランスセクシャルストーリー第2巻!
  • とりかえ・ばや(3)
    完結
    462円(税込)
    性を偽ったまま出仕することになった姉・沙羅双樹。 その結婚相手の四の姫の元に、沙羅への想いをもてあました親友・石蕗(つわぶき)が忍んできて―――!? さらに、女として女東宮に仕える弟・睡蓮は 自らの東宮への想いに戸惑いを隠せない。 それぞれの苦悩の中、二人の前に現れた人物とは…!? 愛と性が交錯する、男女逆転トランスセクシャルストーリー・第3巻!!
  • とりかえ・ばや(4)
    完結
    462円(税込)
    親友であったはずの石蕗に“女”ではないかと疑いを持たれる沙羅。 そして石蕗は、真実を確かめたい気持ちを抑えきれず…!?
  • とりかえ・ばや(5)
    完結
    462円(税込)
    花のように 散ってみせよう――― 男の姿をしながら、実は女であることを親友・石蕗に見抜かれてしまった沙羅。 そして石蕗との過ちを嘆く沙羅だったが、 帝への忠誠を胸に、再び仕事へと邁進する。 しかしそんな彼女の身に、懐妊の兆候が―――!? さらに、女として東宮に仕える睡蓮にも 新たな想いが膨らんできて…!?
  • とりかえ・ばや(6)
    完結
    462円(税込)
    男女×逆転 平安トランスセクシャルストトーリー!! 男の身でありながら女として宮中にあがり、 女東宮に仕えていた睡蓮。 しかし愛しさを抑えきれず、 思わず女東宮に口づけをしてしまう。 そしてそんな睡蓮に、破滅の危機が――!? 一方、懐妊した沙羅は宇治で出産に備えるが…
  • とりかえ・ばや(7)
    完結
    462円(税込)
    男らしく、若君として育った姫・沙羅と 女らしく、姫君として育った若君・睡蓮。 性を取り替えて生きていた二人が、 幾多の運命を乗り越え、ついにその身を取り替える――!! しかし、そんな二人を都で待ち受けていたものは…!? 転換の第7巻!!
  • とりかえ・ばや(8)
    完結
    462円(税込)
    生まれながらの性に戻り、 女として都に戻った沙羅と、男として復帰した睡蓮。 しかし、帝への入内を狙う三の姫の出現により、 沙羅の胸中はざわつく。 一方、男としての人生を始めた睡蓮にも新たな問題が…!? さいとうちほが贈る男女×逆転STORY、新生の第8巻!
  • とりかえ・ばや(9)
    完結
    462円(税込)
    竹宮惠子 感嘆! 「平安時代をきっちり捉えてて、かつ現代的! 美男美女ならさいとう節ですよね。」(竹宮) 時は平安―― 男らしい姫君・沙羅と、女らしい若君・睡蓮が性を偽ったまま宮中に出仕するが、 波瀾万丈の運命を経て、ついに生まれながらの性に戻ることに。 そして互いの立場を入れ替えて再び都に戻った二人だが、 それぞれの想い人との間に新たな事件が…!? 新展開の第9巻!
  • とりかえ・ばや(10)
    完結
    男として育った姫君・沙羅と 女として育った若君・睡蓮は、生まれながらの性で生きて行く決意をするが――!? ついに帝の尚侍(ないしのかみ)として出仕することとなった沙羅は、近い距離に戸惑いずつ、少しずつ帝との絆を深めてゆく。 しかし次の東宮候補として弓弦王を担ぎ出す一派が現れ…!? 急接近の第10巻!
  • とりかえ・ばや(11)
    完結
    大人気 男女×逆転STORY! 男女の身を取り替えていた姉弟は、 それぞれ生まれながらの性に戻り、再び宮中に出仕することとなる。 しかし男の身に戻った睡蓮は女東宮(おんなとうぐう)との密会をとがめられ、地方で謹慎の身に。 愛する女東宮(おんなとうぐう)を守るため、 危険を冒して謀反の証を手に入れた睡蓮だったが、追手に追い詰められ…!? そして都では、女東宮が決意を胸に秘め、 最後の責務...
  • とりかえ・ばや(12)
    完結
    男らしい姫君と、女らしい若君が性を取り替えて生きる 男女×逆転トランスセクシャルSTORY! 尚侍がかつての沙羅双樹ではないかと疑念を抱く帝。 そんな中、流刑に処された僧・銀覚は帝への復讐を目論んでいた。 不穏な空気が都を覆う中、沙羅双樹と帝の関係に変化が――!? 愛憎の12巻!
  • とりかえ・ばや(13)
    完結
    禁断の男女×逆転STORY、ついに完結! 男らしい姫君と女らしい若君。 それならいっそ、とりかえてしまいませう――― 性に翻弄された沙羅と睡蓮、二人の姉弟が選ぶそれぞれの道とは…!? 激動の完結巻!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています