男らしい姫君と女らしい若君
それならいっそとりかえてしまいませう―――

ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート!
“男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。

男として生きる女君・沙羅双樹と、女として生きる男君・睡蓮の禁断の運命は―――!?

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
flowers
ページ数
192ページ
電子版発売日
2014年02月24日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • とりかえ・ばや(1)
    完結
    通常版 1巻 453円(税込)
    男らしい姫君と女らしい若君 それならいっそとりかえてしまいませう――― ベテランのさいとうちほが、新たな衝撃作をスタート! “男女逆転ドラマ”の原型である古典「とりかへばや物語」を大胆にアレンジ。 ...
  • とりかえ・ばや(2)
    完結
    通常版 2巻 453円(税込)
    女だから愛されるのか、男だから愛すのか――― 男らしい姫君・沙羅双樹には嫁取りの話が、 女らしい若君・睡蓮は宮中へ出仕することになり――!? さらに、睡蓮に想いを寄せていたはずの沙羅双樹の親友・石蕗(...
  • とりかえ・ばや(3)
    完結
    通常版 3巻 453円(税込)
    性を偽ったまま出仕することになった姉・沙羅双樹。 その結婚相手の四の姫の元に、沙羅への想いをもてあました親友・石蕗(つわぶき)が忍んできて―――!? さらに、女として女東宮に仕える弟・睡蓮は 自らの東...
  • とりかえ・ばや(4)
    完結
    通常版 4巻 453円(税込)
    親友であったはずの石蕗に“女”ではないかと疑いを持たれる沙羅。 そして石蕗は、真実を確かめたい気持ちを抑えきれず…!?
  • とりかえ・ばや(5)
    完結
    通常版 5巻 453円(税込)
    花のように 散ってみせよう――― 男の姿をしながら、実は女であることを親友・石蕗に見抜かれてしまった沙羅。 そして石蕗との過ちを嘆く沙羅だったが、 帝への忠誠を胸に、再び仕事へと邁進する。 しか...
  • とりかえ・ばや(6)
    完結
    通常版 6巻 453円(税込)
    男女×逆転 平安トランスセクシャルストトーリー!! 男の身でありながら女として宮中にあがり、 女東宮に仕えていた睡蓮。 しかし愛しさを抑えきれず、 思わず女東宮に口づけをしてしまう。 そしてそん...
  • とりかえ・ばや(7)
    完結
    通常版 7巻 453円(税込)
    男らしく、若君として育った姫・沙羅と 女らしく、姫君として育った若君・睡蓮。 性を取り替えて生きていた二人が、 幾多の運命を乗り越え、ついにその身を取り替える――!! しかし、そんな二人を都で待ち...
  • とりかえ・ばや(8)
    完結
    通常版 8巻 453円(税込)
    生まれながらの性に戻り、 女として都に戻った沙羅と、男として復帰した睡蓮。 しかし、帝への入内を狙う三の姫の出現により、 沙羅の胸中はざわつく。 一方、男としての人生を始めた睡蓮にも新たな問題...
  • とりかえ・ばや(9)
    完結
    通常版 9巻 453円(税込)
    竹宮惠子 感嘆! 「平安時代をきっちり捉えてて、かつ現代的! 美男美女ならさいとう節ですよね。」(竹宮) 時は平安―― 男らしい姫君・沙羅と、女らしい若君・睡蓮が性を偽ったまま宮中に出仕するが、 ...
  • とりかえ・ばや(10)
    完結
    通常版 10巻 453円(税込)
    男として育った姫君・沙羅と 女として育った若君・睡蓮は、生まれながらの性で生きて行く決意をするが――!? ついに帝の尚侍(ないしのかみ)として出仕することとなった沙羅は、近い距離に戸惑いずつ、少...

とりかえ・ばや(13)

購入済み

ドキドキの最終巻

く〜まん 2018年02月24日

よかったぁぁぁぁぁ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(13)

Posted by ブクログ 2018年02月22日

帝が沙羅に贈った歌に、胸が締め付けられて苦しくて苦しくて涙が出た。最終巻で梅壺の株上昇。大好きな物語、何度読み返したことか。

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(13)

Posted by ブクログ 2018年02月16日

姉弟がばったり出くわして、帝が真相を知るシーンが圧巻。
中だるみもあったが、良いお話でした。ひざびさにすばらしい漫画を読めた。
さすが、さいとうちほ。連載が途切れないのがすごい。

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(13)

購入済み

最高!

mic92 2018年12月29日

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(1)

えだ豆 2018年03月03日

時代物は今までの読まなかったのですが、読んで見て衝撃でした。美しい夢のような風景と登場人物の綺麗な顔と装束に引き込まれてしまいました。
こんなおもしろい話が有ったなんて!
ドキドキが止まりませんでした。

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(1)

知らぬが仏

ねこまんま 2018年02月27日

最後まで面白かった!結末も自分好みです!
ただ、帝や石蕗などのキャラクター目線で見ると謎は謎のままで、
「それでいいのか~帝~!」と思ってしまったりもした。
でもそこが平安時代っぽくて良かった。

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(12)

Posted by ブクログ 2017年08月26日

連載も読んでいるのですが、コミックでまとめるとまた面白い。睡蓮、頼りがいのある男性になりました。そして沙羅双樹も凛々しく清清しく美しい。原作も読んだけれど、途中からはなんとなく女の方のあり様がつまらなくなってしまったので、さいとうちほ先生のオリジナルな解釈の加わったコミカライズ版の方が読んでいて面白...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(12)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月11日

沙羅と主上の表紙が美しい・・・!本編でも二人のラブシーンが美しすぎる。銀覚の呪いで都に危機が迫る一方主上に入れ替わりを疑われる沙羅と水蓮。梅壺は入れ替わりを暴くために実力行使に出て、反撃した沙羅の言葉にショックを受けて涙ぐむんだから、主上を好きなのは本当の気持ちなのかな。水蓮もたくましくなって帰って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(1)

懐かしの

miSSa 2017年04月07日

とりかえ話でしたが,今までの解釈物より何倍も面白く,久しぶりにドキドキしました。

このレビューは参考になりましたか?

とりかえ・ばや(1)

面白くて読みがいがあります

ゆきごん 2017年03月29日

表紙の絵が半裸なので性的な描写が多い漫画なのかと思っていましたが、お試し版で読んで、面白さ、ストーリーの確かさに引きこまれました。平安時代の文化や考え方も描かれていて良いです。キャラクター一人一人が愛すべき人達で、何とも魅力的です。既刊は全部購入してしまいましたので、新刊を心待ちにしています。

このレビューは参考になりましたか?