機動戦士ガンダム サンダーボルト(1)

機動戦士ガンダム サンダーボルト(1)

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
紙の本 [参考] 720円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人類が、増えすぎた人口を宇宙に移民させることで始まった「宇宙世紀」。
そして宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市・サイド3が「ジオン公国」を名乗り、地球連邦政府に対し独立を宣言。戦争を挑んだ。
開戦から一年近くが経つ現在、大規模な戦争により破壊されたスペースコロニー(人工の大地)や戦艦の残骸が大量に舞う暗礁宙域・通称“サンダーボルト宙域”では、制宙権を握るジオン公国軍と、奪還を目指す地球連邦軍による激しい戦いが行われていた───。
『MOONLIGHTMILE』でリアルな宇宙開発を舞台にロマンを描く太田垣康男が、自らのルーツである『機動戦士ガンダム』に挑戦!
驚愕のメカ描写、太田垣流リアリズムを背景に激突する、蒼き主人公たちの躍動に注目を!!

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
ページ数
248ページ
電子版発売日
2013年12月16日
紙の本の発売
2012年10月
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

Posted by ブクログ 2016年01月30日

もう一年戦争のスピンオフにはうんざりしていたものの、アニメ化&ゲーム参戦に触発されて読んでみる。いや、凄かった。

徹底してシリアスな世界観…原作世界を作者の視点で詳細化…、そして一枚のアートのように美しい戦場描写。もはやガンダムというのは作品の方向性を示すものというより、ただの世界観、シェアードワ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月27日

ガンダムのことはさっぱり。

それでもまるで映画のような描写と音が聞こえてきそうな迫力が虜にさせる。ところは宇宙でも恋愛をして、戦場に送り出す人がいて、音楽を聴いて、仲間とふざけあって、そんな日常。ただしきちんと骨太。繊細な日本料理とステーキを食べているかのよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月23日

最初からとても迫力があり、しかもメカもかっこよく、更にはメインキャラクターにも全員しっかりとした個性があってそれが全部乗っかっていて素晴らしいと感じた。
それに負けず両者のプレッシャーが強く感じられた一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

かっこいい

とも 2014年07月03日

極限定的な戦域でのエースパイロット同士の戦い。
熱いです。
ただ、電子版の3巻が一向に出ません。
こういうところが電子書籍の欠点ですね。
今後、電子書籍を普及するには紙の本と同タイミングでのリリースは必須だと思います。
待ちきれないので紙の本で買い直そうと思っています。
作品としてはそれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月12日

最高です。たまらないです。骨太で熱い物語。ガンダムに詳しくなくても全然大丈夫。戦闘シーンの迫力、スピード感に圧倒されること必至です!MOONLIGHT MILEも早く描いて欲しいけど、これももっと読みたいので困ります。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play