3月のライオン 1巻

3月のライオン 1巻

作者名 :
通常価格 513円 (467円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も──。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は──やさしさ溢れるラブストーリー。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
白泉社
掲載誌・レーベル
ヤングアニマル
シリーズ
3月のライオンシリーズ
ページ数
185ページ
電子版発売日
2013年12月13日
サイズ(目安)
42MB

新刊オート購入

3月のライオン 1巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    何度目かの読み直しで気がついた

    ヒデ 2017年08月12日

    何度も1巻から読み返してしまう面白さです!
    で、何度目かの読み直しで気がつきましたが、川本家のカレーは御飯とカレーを分けたりせずに、御飯の上にカレーをかけてますねー。
    個人的にはこっちの方が庶民的で好みなので、気がついた時には思わずホッコリしました。
    これは羽海野家もそうなんでしょうかねー?
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    【15巻まで】
    胸がざわざわとしてくる。たびたびじわりと涙も出てくる。ここに出てくる人間はたしかに生きていて、その心のひだが自分ごとのように感じられる。
    面白すぎるだけでなく、何か自分の汚れた心が洗われるようだ。不思議に生きていく元気をもらえる。説教くさくないのは、小気味いいコメディを挟むテンポのな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    男性にも女性にも

    だいこ 2014年01月09日

    話題作というだけで、あまり前情報も仕入れず購入。ハチクロの羽海野チカ作品なので、女性向けっぽいかなと思いきや、これ、主人公がアレで戦うマンガじゃないですか!(書こうと思ったけど紹介文にも書いていないので伏字)。そうか、ヤングアニマルだからか。アレの漫画、ストイックで私好み。丁寧に描かれる人間模様、心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    (匿名) 2022年06月01日

    言わずと知れた名作将棋青春漫画、3月のライオンです。羽海野チカ先生はやはり天才ですね。唯一と言っていいほど少女漫画家の中では好きな漫画家です。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    あたたかい雰囲気と主人公

    きいろ 2022年04月28日

    主人公の境遇で苦しくなった心を、三姉妹のあたたかな雰囲気で癒されるという、1つの漫画の中で感情をものすごく揺らされ、読み終えたときに虚無感に襲われました。こういう作品をあまり読んでこなかったのでわかりませんが、主人公の暗い雰囲気も三姉妹のあたたかな雰囲気も独特で、苦しい場面と幸せな場面を交互に繰り返...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月17日

    青二才


    主人公は幼くしてプロ棋士となった天才

    しかし、将棋以外を全て捨ててきた彼は温かい家族と出会い成長していく、という物語

    将棋が分からずとも読めるし、
    人の温もりを感じれる漫画

    特有のポエムさえ大丈夫なら感動の名作

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月06日

    若手棋士の話。それと、大人たちが見てみぬ振りをしがちな、若者が抱える悩みの話。
    子供の力では自力で今居る世界から抜け出す事が出来ない。そんな、抜け出せない世界でひたすらもがいて生き抜いていく主人公の姿を見て、似たようなものに心当たりがある人も多いはず。自分自信か、もしくは誰かに。

    暗い話のようだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    心が揺さぶられる

    カエル 2022年02月17日

    女性作者で絵にこだわりがある作者なので、非常に丁寧に作られている。
    魂を込めて毎回、作品に向き合っている姿も後書きでよくわかる。
    巻数ごとにぐっとくる場面があり、自宅など落ち着ける環境で読むとよいやも(ふと泣いてしまう時のために)
    読むと、自分も頑張ろうと前向きになれる作品

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    色々胸に突き刺さります。

    siba 2022年01月05日

    主人公の零くんは、とっても大変な子供時代を送ってます。想像も出来ないです。なのに、読んでると引き込まれて、
    苦しくなります。
    でも、重い話の中にある家族愛や、かわいいニャンコ達、癒されます。
    将棋の事は全く知らないけど、楽しんで読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月02日

    久々にこういう人間ドラマ的な漫画でいい作品を読んだ。
    いい意味でオタクっぽいけど悪い意味でオタクっぽくないバランスの良さとユーモアのセンス(これ私的にすごく重要)は作者の漫画家としての才能だろう。
    主人公・零という人間の芯にある弱さ哀しさ生きづらさがきちんと考察されて丹念に描かれているあたりが、全体...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

3月のライオン のシリーズ作品 1~16巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~16件目 / 16件
  • 3月のライオン 1巻
    513円(税込)
    その少年は、幼い頃すべてを失った。夢も家族も居場所も──。この物語は、そんな少年がすべてを取り戻すストーリー。その少年の職業は──やさしさ溢れるラブストーリー。
  • 3月のライオン 2巻
    534円(税込)
    「勝つ理由が無い」といいながら、負けると苦しいのは何故だ。将棋に対して中途半端な自分に悩む零。そんな零の前に、義姉・香子が現れる…。少しずつ、零の過去が明かされる第2巻。
  • 3月のライオン 3巻
    534円(税込)
    年末にかけて体調を崩していた桐山零だが、三姉妹の献身的な看病を受けて回復する。復調した桐山は因縁の相手・後藤九段と対決すべく、一層の気合いで獅子王戦挑戦者決定トーナメントに挑むのだが…
  • 3月のライオン 4巻
    534円(税込)
    獅子王戦の挑戦者となり、宗谷名人に挑む島田八段。体調不良の島田を気遣い、桐山は一路京都へ向かう。河の流れのように進む優しいラブストーリー。
  • 3月のライオン 5巻
    534円(税込)
    林田先生、二海堂、川本家の三姉妹…。周りの人々の温かさに少しずつ心溶かされ、学校生活・棋士生活の両面で前を向き始める零。しかし、そんな零の心を乱す事件がひなたに振りかかる…。
  • 3月のライオン 6巻
    534円(税込)
    学校で友達をかばったために、いじめに合うひな。周りに負けず戦う彼女のために零はできることを必死に捜す。零は元担任の林田先生に「お前にできることを一つずつやりなさい。」と諭され、ひなのために戦うことを誓う。すべての読者の心を感動で震わす「3月のライオン」。戦いの第6巻ここに登場です。
  • 3月のライオン 7巻
    534円(税込)
    新人王を獲った零だったが、いじめられているヒナのために、自分が何もできないと勝手に思い込んでいた。一方、ヒナは学校で心が折れそうになりながらも、懸命にいじめと戦っていた。二人の様々な思いが交錯する中、物語は新たな展開をみせる。「本当の強さとは何か?」あなたに問いかける『3月のライオン』第7巻、ここに登場です。
  • 3月のライオン 8巻
    534円(税込)
    新人王となった零は多くの期待を受け宗谷名人との記念対局に臨むが、宗谷の重大な秘密を知り…。一方、島田八段は棋匠戦で初タイトルをかけ柳原棋匠と死闘を演じる。お互いのすべてを出し尽くした勝負の行方は…? 「託される想い」その重さを読者の方に問いかけます。
  • 3月のライオン 9巻
    534円(税込)
    高校進学を前に、ひなたは零の通う高校を受験することを決意。零もそんなひなたに勉強を教えながら将棋を指す中で、今の自分にとってひなたの存在がいかに大きいかを自覚し出し…。
  • 3月のライオン 10巻
    534円(税込)
    零と同じ高校に進学し、充実した日々を送るひなた。3年になり、やり直した高校生活を自分なりに振り返る零。2人のもとに思わぬ人物が現れて…。珠玉の第10巻!!
  • 3月のライオン 11巻
    534円(税込)
    川本家に自分勝手な提案をする彼女たちの父親・誠二郎に、一歩も引かずに渡り合った零。あかり、ひなた、美咲、相米二、川本家の皆が彼の存在の大きさを感じていた…。零が自分の幼少期から現在に至るまでを振り返ったスピンオフ「ファイター」も併録。
  • 3月のライオン 12巻
    534円(税込)
    藤本雷堂対土橋健司、桐山零対滑川臨也の対局は激戦を極めて…!? あかり、ひなた、島田、二海堂、林田先生も活躍の最新刊!!
  • 3月のライオン 13巻
    534円(税込)
    三月町の夏まつりで島田と初めて出会い、あかりと林田は、思いがけずそれぞれに転機を迎えることに。8月に開催される真夏の戦い・東洋オープンで、二海堂は“宗谷を倒した男”になるべく負けん気をたぎらせる。彼の指す将棋の駒音が、零や宗谷や滑川達、他の棋士達の胸中にまで響き渡っていく。
  • 3月のライオン 14巻
    534円(税込)
    夏まつり以降、急接近したあかりと島田と林田。不思議な3人の関係は時にすれ違い、時に重なり合いながら三月町や川本家を舞台に周囲の人々も巻き込んでいく。そして秋も深まる頃、零にとって最後となる駒橋高校の文化祭を迎えるが、奇しくも同じ日に開催される職団戦の会場に零はいた。クラスの出し物に奮闘するひなたと立会人を務める零。それぞれの場でそれぞれの思いを抱えながら過ごす秋の一日が始まる――。
  • 3月のライオン 15巻
    594円(税込)
    ひなたの待つ駒橋高校の文化祭にぎりぎりで間に合った零。後夜祭のファイヤーパーティーの中で、ついに零からひなたへある思いが伝えられる。出会ってからの日々や思い出が心に浮かんでは消える時間。そこでふたりの間を行き交う思いは――。一方、棋戦シーズンも真っ盛りを迎える。「天才」に異様な嫉妬を燃やす「元天才」の中堅棋士、重厚な棋風に経験という厚みを加えたベテラン棋士、対局するは一筋縄ではいかない相手ばかり。盤を挟んだ相手との静かなる対話を通して、己自身とも向き合う零。振り返るこれまでの道のり、そして感じる成長とは…。「羽海野チカの世界展」の来場者特典で配布した幻の「13.1巻」に収録された「あかりの銀座物語」も収録!銀座に集う人たちが紡ぐあたたかい物語です。
  • 3月のライオン 16巻
    594円(税込)
    12月。年末に向けて、冬が本気を出して来る季節。クリスマス。そして年越し。川本家で過ごす3年目のお正月は、ジグソーパズルを皆で囲んで。時に惑いながらも、あたたかな幸せをかみしめてゆく。零と三姉妹の日々はゆっくりと、着実に進んでゆく。一緒に、考えよう。一緒に歩いて行こう。一方、白熱する獅子王戦・決勝トーナメント。零、二海堂、重田…互いに高め合い、切磋琢磨を繰り返して来た島田研の弟分たちが、盤上で熱い火花を散らす。見据える先は、師との公式戦という舞台。長い時間を共に歩んで来た同士が、その日々に見つけた答えとは――。

3月のライオン の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ヤングアニマル の最新刊

無料で読める 青年マンガ

青年マンガ ランキング