短歌という爆弾 -今すぐ歌人になりたいあなたのために-

短歌という爆弾 -今すぐ歌人になりたいあなたのために-

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
紙の本 [参考] 680円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人気歌人が放つ、衝撃の短歌入門書!

人気歌人、穂村弘による衝撃の短歌入門書が待望の文庫版を電子化。冷たく不気味な世界のすみっこで「短歌という爆弾」を炸裂させて、世界の心臓を爆破しよう。短歌の「製造法」(レッスン)、「設置法」(作った短歌をどう広めるか)、「構造図」(現代短歌の魅力の解剖)を、都市を疾走する歌人、穂村弘が熱く語る。文庫化にあたって、21世紀の短歌についての著者ロングインタビューを収録した。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 詩集・俳句
出版社
小学館
ページ数
336ページ
電子版発売日
2013年11月22日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

短歌という爆弾 -今すぐ歌人になりたいあなたのために- のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年12月27日

    来月短歌入門教室に通う予定で予習のつもりで読んだ。
    今すぐ歌人になりたいあなたのためにとあるのに、解説の方が、初心者向けじゃないですって。
    ほんと、そうです。
    メールレッスンはとても楽しそう。
    批評会のお知らせは行きたくなっちゃう。
    十二か月の歌はとても素敵。

    覚書
    短歌は写真みたいなもの 一種の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月20日

    歌人になりたいとは思わないけれど、本書を手に取った。穂村弘の本気度、短歌を身を以て生きているのがひしひしと伝わってきて、短歌というのは彼にとって酸素のようなものなのだということがわかった。
    さまざまな短歌の引用を読んで、形式や型との付き合い方(や、戦い方)にもいろいろあるのだなと思った。5、7、5、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月22日

    卵産む海亀の背に飛び乗って手榴弾のピン抜けば朝焼け 穂村弘 
    白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水 
    その川の赤や青その川の既視感そのことを考えていて死にそこなった 早坂類
    うつくしい午前五時半ころころと小石のように散歩をします 〃
    さみだれにみだるるみどり原子力発電所は首都...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月05日

    不安や衝動を歌にして爆弾とするための、方法ときっかけの話。
    方法のところは多彩な歌人の作とともに熱心な解説がよめて初心者にもやさしい。
    きっかけの話となる「終章 世界を覆す呪文を求めて」が一番印象的だった。人は何か熱狂的になるものを探して、そうと気付かずはまり込んで行くものなのかもしれない。いや、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月25日

    以下引用。孫引のためページ数は記さない。

    俵万智
     思い出の一つのようでそのままにしておく麦わら帽子のへこみ
     シャンプーの香をほのぼのとたてながら微分積分らは解きおり
     砂浜に二人で埋めた飛行機の折れた翼を忘れないでね

    正岡子規
     吉原の太鼓聞こえて更くる夜にひとり俳句を分類すわれは

    渡辺松...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月18日

    タイトルと著者からどれだけラジカルなお話かと期待するが、なんと本当に歌人になりたい人へのレクチャーなのである。しかしやはり、なぜ爆弾が欲しいのか、扉を吹き飛ばす呪文が欲しかったのだ、という原動力が描かれていて、そこにとても惹かれるのです。製造法、設置法、導火線、構造図と、爆弾のように描かれている。ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月18日

    短歌の入門書のようでいて、けっこう難しいところまで踏み込んでいます。歌の読み込みや歴史的な説明など中盤は私には難解過ぎましたが、「これいいなあ」と思う歌にたくさん触れることができたのは嬉しかったです。
    私が短歌を作ってみる起爆剤になってくれたわけで、やはり名著と呼ぶべきなのでしょう。これから「爆弾」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月05日

    短歌の書き方詠み方のヒントだけでなく、選評会や朗読会の様子や、結社と同人の違いなど、素人には知れない場面でのやりとりが分かり面白い。(しかし自分の読みが浅すぎ、プロが良いという歌がなぜ良いのか分からない…。)歌人を目指す人には実践で役立ちそうだと思った。短歌の構造を紐解く項では、歌人には「入力型」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年02月05日

    歌人穂村弘による短歌の創作論集。実作演習など詩や小説を書く時にも役立つ要素がいっぱいある。

    <印象的な箇所のまとめ>
    ・愛情や善意だけでは、詩として見た時、物足りない。世界には明らかにもう半分があって、そこには不吉な暗いものが充ちているんだっていうことを同時に感じさせる詩がやはり本物。
    ・オートマ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています