非道、行ずべからず

非道、行ずべからず

作者名 :
通常価格 761円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

文化六年元旦、江戸最大の劇場(こや)、中村座が炎上し、焼け跡から、男の死体が見つかる。正月興行に水をさされ、下手人が身内でないことを祈る劇場主十一代目中村勘三郎。だが折しも、三代目荻野沢之丞が、誰に名跡を継がせるか、話題となっていた。反目しあう兄弟、戯作者、帳元、金主等、怪しいヤツばかり。北町同心達が謎を追ううち、次なる殺人が…。芸に生きる男達の修羅地獄を描く長編時代ミステリー。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
552ページ
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2009年10月29日

先日読んだ「道絶えずば、また 」の前(々?)作です。
歌舞伎の世界を舞台に、謎や、人の業がうずまく、読み応えありのミステリに仕上がっています。
松井さんの作品はキャラが薄いのが惜しかったのですが、本書は登場人物のキャラクターもしっかりしていて、良かったです。
やはり、こちらを先に読んでおくべきでした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年10月16日

10/13 今まで読んだことのない感覚だった。時代物なのに現代っぽいリアルさが不思議。骨組みがしっかり。あと「非道」に対する考察の貫かれ方。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月11日

歌舞伎の舞台裏を舞台とした犯人捜しのミステリー

歌舞伎の舞台裏が詳細に具体的に描かれている。
この時代の日本の町人文化のすごさ、江戸、大坂などの大都市の町人のエネルギーの大きさ、強さを、あらためて感じる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月27日

今、新しい本&積読がないので再読。松井氏の本は本書が初めてなんだけどすごく面白い!
歌舞伎界を舞台にし、芸人の当時の暮らし方などとっても興味深かった。
謎解きは・・・まぁ~普通といえば普通だけど、舞台設定や日本人特有の「人情」などなど、おもしろいということもあり最後まで楽しく読むことができた。
あと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年02月10日

江戸の3座のひとつ・中村座の焼け跡から一人の男性の死体が見つかる。当代とっての女形・沢之丞の名跡を息子のどちらかに継がせるかが話題になっていた。戯作者、劇場主、帳元、金主など、中村座をめぐる不穏な空気が流れる中、次の殺人が。

いや~、おもしろかった!同じ時代小説のミステリーでも、宮部さんとは違って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています