エミリーはのぼる

エミリーはのぼる

作者名 :
通常価格 781円 (710円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

威厳正しいエリザベス伯母、優しいローラ伯母、批評家カーペンター先生、イルゼ、テディ……。美しい自然と人びとの愛情に恵まれたニュー・ムーンで、エミリーは「ひらめき」に従って創作に励み、雑誌社に送り続ける。「アルプスの道の頂上」にのぼっていこうと努力する彼女の姿には、著者の恐ろしいまでの文学への敬愛とたゆみない勉強がうかがわれる。エミリー・シリーズ第二作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

エミリーはのぼる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年10月24日

    エミリーがどんどん大人になっていきます。そして叔母さまたちのツンデレ具合に拍車がかかり、エミリーに引き抜きのような話が出るとみんな寂しがる始末。あんなに冷たく当たっておきながら、いざというときには毅然と守るルース叔母さま、かっこいいです。これから今いる場所から頑張ることにきめましたが、うまくいくのか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月11日

    けっこうおもしろかった、のに、感想を書き忘れて数か月。
    すっかり話を忘れてしまった・・・。

    大きくなったエミリーは、前ほど親戚たちからひどい扱いを受けていないのが安心できた、と思った。

    なかなか入手しにくい本なのが残念なところ。

    作者の自然への優しい素直な視線、周囲の人々への厳しい目、文学への...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    エミリーシリーズの2冊目。子供時代から少女期へー。
    書く事に執念を燃やすエミリーとそれを阻止しようとする周りの大人達。
    一筋縄ではいかない彼女は、美しく成長していく。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています