可愛いエミリー

可愛いエミリー

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「勇気を持って生きなさい。世の中は愛でいっぱいだ」。最愛の父の遺した言葉を胸に、みなし子になったエミリーはニュー・ムーン農場に引きとられた。孤独で夢見がちな彼女は、伯父伯母から変わった子供だと言われながらも、書くことに熱中し、詩人か小説家になろうと決心する。著者は『赤毛のアン』シリーズで親しまれているが、より自伝的だとされるエミリー・シリーズの第一作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
エミリーシリーズ
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

可愛いエミリー のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2012年04月06日

    アンよりちょっとビターなエミリー。
    自然の美しさ、エミリーの書くことへの情熱、読んでいて心を打ちます。ご婦人の噂話を書かせたらモンゴメリは本当にすごい。エミリーのモテっぷりも注目です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月14日

    いつものことながら読み応えのある本です。想像力たくましいエミリーが、父を亡くし、預けられたマレー家で過ごす日々を描いた物語。みんな噂が大好きで、狭い町の中で起きることは全て住人に筒抜け。エミリーは失敗して恥をかきながらも成長していきます。正直私の子供の頃と比べると何て達者にものを話すのかと思うほど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月02日

    赤毛のアンで有名なモンゴメリの作品。
    小さなエミリーが少しずつ成長していくさまが微笑ましい。
    一見冷たいエリザベス伯母さんが、恐らく無自覚にエミリーを可愛がっているのが伝わってきて、早くお互いに気づくといいのになぁとウズウズしました。
    実は凄く優しいのがなんかいいなぁと。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月21日

    もう内容さえも忘れてた「可愛いエミリー」読みました。アンのほうが柔軟で目が外に向いてると思った。エミリーは生き辛い子だなと思うけどとても魅力的な子。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    モンゴメリは「赤毛のアン」が有名だけど、エミリーも忘れてはいけません。明るいアンには憧れを抱くけど、青い顔したエミリーには共感を抱いてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    「赤毛のアン」より作者の面影が色濃いということで読んだ。

    やはりヒロインは孤児の10~12歳の少女。アンのように派手な底抜けに明るいのではないけれど、想像力にとみ詩や物語好き。古ノートにいつも何かを書きつけているその様子がほほえましく、作家のめばえがうかがえる。モンゴメリ自身がそうであったのだろう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    モンゴメリ
    エミリーシリーズ全3冊の1冊目。
    アンよりモンゴメリ自身に近いと言われてる。
    「文章を書く」事で、自分を保ち続ける少女の話。
    敬愛する父を亡くし、みなしごになったエミリーは亡き母の故郷ニュームーン農場へ引き取られる。
    多感な少女と不器用なエリザベス伯母とのすれ違いや、親友イルゼとの出逢い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

可愛いエミリー の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング