嵐が丘

嵐が丘

作者名 :
通常価格 924円 (840円+税)
紙の本 [参考] 990円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

寒風吹きすさぶヨークシャーにそびえる〈嵐が丘〉の屋敷。その主人に拾われたヒースクリフは、屋敷の娘キャサリンに焦がれながら、若主人の虐待を耐え忍んできた。そんな彼にもたらされたキャサリンの結婚話。絶望に打ちひしがれて屋敷を去ったヒースクリフは、やがて莫大な富を得、復讐に燃えて戻ってきた……。一世紀半にわたって世界の女性を虜にした恋愛小説の“新世紀決定版”。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外文学
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年06月21日
紙の本の発売
2003年06月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

書店員のおすすめ

「彼女を失ってなお生きていくのは、地獄も同然だ」
荒涼としたヨークシャーにそびえ立つ<嵐が丘>の屋敷。その主人に拾われた孤児ヒースクリフと屋敷の娘キャサリンの二家三代にもわたる愛憎物語。
これを愛と呼んでいいのかと躊躇うほどの執着。まるでモノクロ映画を観ているかのようなリアルな映像性で描かれる究極の愛の形にどん引きしつつも、この愛の行く先を見てみたいとついつい読み進めてしまいました。作品全体に流れる暗く不気味な空気が二人の狂った愛をより引き立てています。
徹底的に自己中心的な愛ゆえに、まるで獣のように求めあう二人に恐れを抱くほどですが、この執着も人間のひとつの愛の形なのかもしれないと考えさせられます。

ブックライブ書店員

嵐が丘 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月21日


    「嵐が丘」はリア王と並んで、英国三大悲劇のうちのひとつ。
    あまりに壮絶、あまりに苦々しい復讐劇
    ・ ・
    【孤児であるヒースクリフは、身分違いの娘に焦がれながら、主人の虐待を忍んできた。
    屋敷から逃げた後、莫大な富と知恵を得て、復讐に燃え戻ってくる。※一部引用】

    初め彼の復讐心は全て醜悪からきてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月10日

    「一世紀半にわたって世界中の女性を虜にした恋愛小説」と背表紙にあるが、私は本作を恋愛小説として読むことはできなかった。大人と子供のズレを描いたジューブナイル小説である。
    主人公の男女は揃って素直な気持ちを伝えられず、相手の言葉を額面通りに受け取れない性格で、互いに愛しているのに愛されていないもどかし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月20日

    もっとも気に入っている作品の一つ。
    ヒースクリフの復讐をテーマにしているが、悲恋の要素が強い。
    ヒースクリフ、キャサリンと登場人物が勝手、モラルがなさ過ぎて、感情移入しにくいかもしれないが、そこが魅力。2人は良心など気にすることなく、欲望のままに生きている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月03日

    I remember learning about Emily Bronte when I took a class about English literature three years ago. And now I finished reading it at last!!! "Wh...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    激しい愛の物語。
    画家バルチュスは、こよなくこの小説を愛したといいます。確かにどこかが類似しているかもしれません。それは、暴力的な激しさに尽きると思います。
    嵐のような愛の物語なのだと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月14日

    「愛」をここまで壮絶に描くとは
    とても時間を要したし、読中は正直面白さをあまり感じられなかった。むしろ言うならば雑菌だらけの物語で鬱々と、ずっとどんよりした天候の中を彷徨って、読むのが苦しかった。だけど最後の最後に光が、この世で一番美しいとも思えるような光が雲の間から差し込...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    轟々と燃える、愛憎と復讐の群像劇。

    過激で口の悪すぎるネリーおばさんの弁舌に、終始エクストリーム・ロデオさせられる私。

    何度も落馬しつつ読み進んだ荒野の最果て。そこで見た愛の結実と静謐には絶句しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月10日

    「キャシー!!お前のせいでオレはあああ!!」
    「ヒースグリフ、あんたのせいよ!あんたが私を!!」
    「キャシイイイイイイ!!!」
    「ヒィーーーースグリフーーーー!!!」

    嗚呼壮絶なる哉嵐が丘。
    愛と復讐の嵐が荒野をかける。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    いわずと知れた古典
    最近の新訳で大筋わかっていても新鮮
    これだけの登場人物でえんえん引っ張る饒舌な語り口が小説の力
    構成は古典だけにいろいろ言われているけれど感想としては無駄に長いと思う
    それでもありあまる力技で叩き伏せる
    家族の歴史というより嵐が丘という作品舞台の成り立った時代物の趣である

    このレビューは参考になりましたか?

    訳者によってよみがえる名作

    ちゅう 2013年10月10日

    翻訳なんて誰がやってもだいたい同じ…と思っていましたが、鴻巣友季子さんの新訳は全然違う!
    キャラクターはみずみずしく、ストーリーも臨場感に溢れ、風景もリアル。
    大学の授業で他の訳との読み比べもしましたが、翻訳の力を最も感じさせてくれました。
    有名だから題名だけは知っているしいつかは読もうと思っ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング