エミリー・ブロンテの一覧

「エミリー・ブロンテ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/22更新

ユーザーレビュー

  • 嵐が丘

    「嵐が丘」はリア王と並んで、英国三大悲劇のうちのひとつ。
    あまりに壮絶、あまりに苦々しい復讐劇
    ・ ・
    【孤児であるヒースクリフは、身分違いの娘に焦がれながら、主人の虐待を忍んできた。
    屋敷から逃げた後、莫大な富と知恵を得て、復讐に燃え戻ってくる。※一部引用】

    初め彼の復讐心は全て醜悪からきてい...続きを読む
  • 嵐が丘
    「一世紀半にわたって世界中の女性を虜にした恋愛小説」と背表紙にあるが、私は本作を恋愛小説として読むことはできなかった。大人と子供のズレを描いたジューブナイル小説である。
    主人公の男女は揃って素直な気持ちを伝えられず、相手の言葉を額面通りに受け取れない性格で、互いに愛しているのに愛されていないもどかし...続きを読む
  • 嵐が丘
    もっとも気に入っている作品の一つ。
    ヒースクリフの復讐をテーマにしているが、悲恋の要素が強い。
    ヒースクリフ、キャサリンと登場人物が勝手、モラルがなさ過ぎて、感情移入しにくいかもしれないが、そこが魅力。2人は良心など気にすることなく、欲望のままに生きている。
  • 嵐が丘 下
    復讐が遂げられたかに思えたところから、一転、幸福の歯車が回り始める。
    キャサリン2世がアーンショーを肯定するところが肝か。それも文字の学習で肯定する。
    教育によって格付けされた社会が、教育によって相手を認めるようになる。一方は背伸びし、一方は膝を曲げる。

    出自も分からないヒースクリフを認めてくれた...続きを読む
  • 嵐が丘 上
    ヒースクリフ!なんと狂気に満ちた人物造形。キャサリンを思う気持ちだけが純粋。
    不穏な空気が空中に立ちこめている。召使いが語るという手法もはまっている。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!