空白の戦記

空白の戦記

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

闇に葬られた軍艦事故の恐るべき真相、「戦艦武蔵」の極秘設計図紛失事件の後日譚、悲しくも痛ましい沖縄決戦の秘話……。戦記文学に定評のある著者が、正史にのらない埋もれた戦争の真実を掘り起して、巨大な戦争の陰の部分に生きた人間たちのドラマを追求する戦争秘録小説集。「艦首切断」「顛覆」「敵前逃亡」「最後の特攻機」「太陽を見たい」「軍艦と少年」の六編を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 戦記(ノンフィクション)
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年06月07日
紙の本の発売
1981年04月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

空白の戦記 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月31日

    素晴らしかった!
    泣きながら読みました。
    特に、『艦首切断』と『顛覆』(本書どおりの漢字がでなかったけれどてんぷくです)は感極まって一気に読むことができませんでした。

    シンプルながらも的を射た表現が想像力をかき立てます。
    大変よい本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    タイトルのとおり、正史から抹殺、あるいは無視された人々の物語。
    どうやら著者のノンフィクション系の作品が好きなようだと思うようになった。いくらでも読めるし、読みたい。純文学系の方の作品はちょっと取っ付きにくいが。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年01月29日

    人々が、戦争の、時代の影から逃れられずにいる。日の目を見ないままに消えていく。最終話がそれをすべて凝縮していた。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年09月22日

     戦争を題材にした、著者の短編集。
     友鶴事件や、第四艦隊事件など有名な題材を扱っているのもあれば、事実を元にしたフィクションの「敵前逃亡」などもある。
     それも臨場感や、情感に溢れ、戦争のいろいろな側面に触れる事が出来ると思う。
     武蔵に関わったある少年を描いた、「軍艦と少年」がなんとも物悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

空白の戦記 に関連する特集・キャンペーン