彰義隊

彰義隊

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

皇族でありながら、戊辰戦争で朝敵となった人物がいた──上野寛永寺山主・輪王寺宮能久親王は、鳥羽伏見での敗戦後、寛永寺で謹慎する徳川慶喜の恭順の意を朝廷に伝えるために奔走する。しかし、彰義隊に守護された宮は朝敵となり、さらには会津、米沢、仙台と諸国を落ちのびる。その数奇な人生を通して描かれる江戸時代の終焉。吉村文学が描いてきた幕末史の掉尾を飾る畢生の長篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年05月02日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

彰義隊 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年08月07日

    輪王寺宮をはじめとする幕府側の登場人物の逃避行が物悲しい。それにしても、吉村昭は、さすがによく調べている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月18日

    輪王寺宮の生涯を通して、明治維新を見る。
    徳川方という敗者の視点から見た歴史は、今までの話しとちょっと違って新鮮。
    40代で台湾で従軍中に病死というのも切ないものがあるが、その理由は理解できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月16日

    江戸城無血開城前の動きから戊辰戦争の終結までを描く。タイトルは彰義隊だが上野寛永寺山主・輪王寺宮能久親王を中心に物語は進む。上野戦争の描写も細かい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月13日

    幕末の江戸城明け渡し、彰義隊、奥羽越列藩同盟に関わった輪王寺宮を主人公にし、その生涯を綴った小説。
    幕末の人物とその関係とその時代の人々の想いが分かり、おもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月02日

    輪王寺宮の伝記です。上野戦争だけでなく、東北戦争についても知識を得ることができる。吉村昭が得意の「逃げる」描写が映画を見ているような。
    一読の価値アリ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    なぜ慶喜は戦わずして江戸に帰ったのか?
    その思いを多くは語られていない。
    慶喜の周りの人達の動きが興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月21日

    著者の小説は逃亡をテーマにしたものが多いが、本著も輪王寺宮能久親王とその側近の戊辰戦争に沿った逃亡劇となっている。なので、終章とあとがきで振り返って彰義隊の記述がなければ、題名に少し違和感をおぼえる。内容は、主人公の生涯を全うするまでで、相変わらず事実に対する調査の執念を感じる。2020.10.21

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    黒船の来航してからというもの、どうも弱腰を隠せない徳川幕府は
    鎖国にこだわる朝廷をなだめるのでずっと手一杯だった
    その間
    新しい日本の主導権を握ろうと、野望を燃やす薩摩・長州は
    勝手にイギリスと組み、近代的な軍事力を得て
    大政奉還・王政復古を成し遂げたあとにも飽きたらず
    旧幕府殲滅計画を着々とすすめ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月24日

    上野合戦をメインにおくと思いきや、彰義隊が出て来たのは冒頭及び中盤辺りまでで、ほとんどが輪王寺宮の話という予想外の展開になっていた。史実に基づいているため淡々としていて面白みはないが、勉強にはなる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月27日

    敗者の美学

    解説にも掲載されているように、この作品は吉村昭最後の歴史小説だ。
    作者の生誕地に伝わる彰義隊の言い伝えだけでは物語として物足りないので、皇族でありながら朝廷でなく幕府側についた輪王寺宮を主人公にその悲劇の生涯を描くことによって、幕末から明治の流れを描くことが出来たのだという。

    勝てば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング