不安な演奏

不安な演奏

作者名 :
通常価格 896円 (815円+税)
紙の本 [参考] 957円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

ラブホテルで盗聴したテープを心ときめかせて聞いた雑誌編集者の宮脇平助は、それが死の演奏への序曲だと知った。そして映画監督の久間隆一郎とともに、事件を追及しはじめる。柏崎、甲府、東海道、尾鷲、九州……謎解きの旅から、次第に選挙違反の黒いネットワークと殺人事件との結びつきが浮かび上がる傑作推理長篇。巻末に、独自の視点で清張作品を読み解いた、みうらじゅん氏による「解説 清張地獄」を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
500ページ
電子版発売日
2013年03月01日
紙の本の発売
2012年12月
サイズ(目安)
2MB

不安な演奏 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月24日

    今でいうところのラブホテルでの秘め事、それも男同士のものを録音したつもりが、秘め事は秘め事でも殺人計画らしき会話が録音されていたことから、ストーリーは展開する。柏崎、出雲崎での身元不明の女性の水死体、教会から信者に配られた私鉄乗車回数券、まさに上り調子の国会議員の大臣就任と選挙違反の発覚、その選挙運...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月16日

    連れ込み旅館で盗聴したテープに殺人計画が・・・雑誌編集者が事件を追求しはじめる。
    なかなか真相にたどり着けず、雑誌編集者が各地へ出向いたり、同じ場所へ何度も行ったり。旅情ミステリーのよう。
    盗聴テープがもっと生かされると思ったが、冒頭の掴みだけだった。

    新潟県柏崎、岸壁の上にたつ「蒼海ホテル」に魅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています