蒼ざめた礼服

蒼ざめた礼服

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大学卒業から四年。就職難で仕方なく入った会社の仕事に男は気が乗らない。だが、古本屋でふと手にした雑誌をきっかけに、政財界の裏で活動する柿坂経済研究所に入るや、持ち前の好奇心を発揮し始めた。しかし、独自に探っていた謎に、国会でも注目の特殊潜水艦の建造計画が絡んで、殺人事件まで相次ぎ……。国防問題と巨大軍需産業の闇を背景に描かれた白熱の社会派ミステリー。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年02月01日
紙の本の発売
2011年01月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

蒼ざめた礼服 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月18日

    昭和36年から「サンデー毎日」に連載された作品。日本が安保や防衛費等々で揺れていた時代に書かれたとの解説。大卒の普通のサラリーマン男性が、ある日、ふと道端で目にした古本屋・雑誌を売っている露天から、たまたま購入した雑誌によって、それまでの会社を辞めて転職する機会に恵まれる。米国から特殊潜水艦を購入す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月30日

    松本清張作品をはじめて読んだ。
    最初の方はなかなか興味深い感じで始まったものの、途中からテンポが悪くなった感じ。
    最後の謎解きも半分解ったような中途半端な終わり方でスッキリしない。
    松本清張が社会派と言われる所以が解ったような気がする。
    サラリーマンの気持ちとか身近なところから始まったのは良いが、話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月07日

    そんなに期待せず、久しぶりに松本清張の本を読みたくなったから読んだけど、面白かった~~。
    さすが清張殿。

    主人公の片山が数日前に何気なくかった古雑誌を『譲ってほしい』と新聞の投書で読んだことがこの話の始まりで、「なんでその雑誌をそんなに欲しいのか」という疑問を模索していく間に、殺人が起こり、さらに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています