蒼い描点

蒼い描点

作者名 :
通常価格 979円 (890円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

若い編集者椎原典子は、女流作家村谷阿沙子の原稿催促に出向いた箱根で、顔見知りのフリーライターの変死にぶつかる。死者と村上女史に謎の繋がりを感じた典子と同僚崎野は、やがて女史には代作者がいたという確信を持つ。女史の夫と女中の相次ぐ失踪、女史の精神病院への逃避、そして第二の殺人と、事件は意外な方向へ発展する……。心理の微妙な起伏と情景の描写が光る推理長編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

蒼い描点 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

    昭和34年に発行された作品。女流作家の原稿係を担当する若手女性出版社社員が主人公。主人公は、入稿が遅れている女流作家を追って、箱根を訪れる。そこで遭遇した知り合いの中年フリーライターの自殺事件に遭遇。警察の自殺の見立てに不信を感じ、一方、担当する女流作家の代筆疑惑も持ち上がり、同僚の男性社員とその真...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月01日

    父親に賃りた本。松本清張の女性を主人公にした本は面白い。時代背景は古いけれど、読みやすい。前も書いたけれど、場面場面の情景か頭に浮かびやすい☆

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月05日

    長かったー。

    松本清張の作品で、女の人が主人公なのはあんまり読んだことがなかったので、ちょっと新鮮でした。
    事件の流れももちろんはらはらだったけど、ちょいちょい挟まる恋心も、読んでてどきどき!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    若い編集者椎原典子は、女流作家村谷阿紗子の原稿催促に出向いた箱根で顔見知りのフリー・ライターの変死にぶつかる。死者とむらたに女史に謎の繋がりを感じた典子と同僚崎野は、やがて女史には代作者がいたという確信を持つ。女史のの夫と女中の相次ぐ失踪、女史の精神病院への逃避、そして第二の殺人と、事件は意外な方向...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    北九州の清張の記念館に行こうと思い立ち、旅の途中にと手に取った本。600ページを超える小説だが、ゼロの焦点や砂の器よりも軽く読めた。最後の加害者の手紙が印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月23日

    以前古本屋で購入し、そのまま積んであった本です。
    旅行に行くので持っていき読まずに帰ってきて家で読みました。なんだかな(笑)。

    箱根のケーブルに乗る旅館って前行ったところかな?とちょっとドキドキしながら読みました。個人的に被害者側にあっと驚く秘密のどんでん返しがあるかと思ってたらそうではなく、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています