ロード・エルメロイII世の冒険 1 神を喰らった男

ロード・エルメロイII世の冒険 1 神を喰らった男

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「これより、私は、神を問う」

 時計塔支部での講義のため、夏のシンガポールを訪れたエルメロイII世とグレイ。
 様々な文化が混淆するこの国で、ふたりはエルゴという名の若者と出逢うことになる。謎多き若者を追って現れる、アトラスの六源。かのアトラス院と彷徨海バルトアンデルス、そしてもうひとりの魔術師が行ったという太古の実験とは? そして、II世が問うことになる神の名とは?

 魔術と伝説、幻想と神話が交錯する『ロード・エルメロイII世の冒険』、いざ開幕。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
TYPE-MOON
掲載誌・レーベル
TYPE-MOON BOOKS
シリーズ
Fateシリーズ / ロード・エルメロイII世の事件簿シリーズ
電子版発売日
2020年12月25日
サイズ(目安)
5MB

ロード・エルメロイII世の冒険 1 神を喰らった男 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    遠坂凛がいる……

    もぴお。 2021年05月18日

    これは遺言ですが、私の最推しの遠坂凛が遠坂凛として出てきます。fgoをやってる方は知ってるかと思いますが、イシュタルやエレシュキガルのガワの見た目の子です。
    何が最高かといえば「stay night」で見た遠坂凛がどのルートを辿ったとしても得られるであろう経験からの学びを吸収し成長した姿ででます。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    帰ってきたエルメロイ2世

    トラン 2021年01月23日

    事件簿から変わらないエルメロイ2世やグレイの活躍はもちろん、他のシリーズのキャラクターも登場してますます面白くなっています。
    また、エルメロイ2世の生徒に対する接し方はブレる事なく真摯で格好良かったです!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    salieru 2020年12月25日

    最後の両儀幹也に体が震えた

    このレビューは参考になりましたか?

ロード・エルメロイII世の冒険 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • ロード・エルメロイII世の冒険 1 神を喰らった男
    「これより、私は、神を問う」  時計塔支部での講義のため、夏のシンガポールを訪れたエルメロイII世とグレイ。  様々な文化が混淆するこの国で、ふたりはエルゴという名の若者と出逢うことになる。謎多き若者を追って現れる、アトラスの六源。かのアトラス院と彷徨海バルトアンデルス、そしてもうひとりの魔術師が行ったという太古の実験とは? そして、II世が問うことになる神の名とは?  魔術と伝説、幻想と神話が交錯する『ロード・エルメロイII世の冒険』、いざ開幕。
  • ロード・エルメロイII世の冒険 2 彷徨海の魔人(上)
    神を喰らった男、エルゴ。 徐々に人格を失うと予測された彼を助けるため、エルメロイII世たちは日本の東京に旅立った。彼らを迎えた両儀幹也は、とある誘拐事件の解決を依頼してくるのだが……。 攫われたという夜劫アキラには何があったのか。そして、遠坂凛とエルゴの前に立ち塞がる彷徨海の魔術師の正体とは? 神の名を問う旅、『ロード・エルメロイII世の冒険』第二幕が開始する――!
  • ロード・エルメロイII世の冒険 3 彷徨海の魔人(下)
    「変わりたい、っていう顔だ。面はそういう人間のためにある」  両儀幹也から、夜劫アキラという少女の救助を依頼されたエルメロイII世。  しかし、事件は彼らを弄ぶように展開する。密やかな罠を仕掛ける日本の魔術組織・夜劫。夜劫アキラを攫い、神を喰らったエルゴを親友と呼ぶ、彷徨海の弟子・白若瓏(バイ・ルォロン)。  彼らの対立の裏にあるものは、いかなる陰謀か。  そして、極東の地を舞台に、エルメロイII世が解き明かす神の名は――?  過去最大級のボリュームで、神秘と謎が暴かれる『ロード・エルメロイII世の冒険』第三巻!
  • ロード・エルメロイII世の冒険 4 錬金術師の遺産(上)
    8/19入荷
    「ファラオの密室殺人事件、というわけか」  日本での事件の後、エジプトへと誘われたII世たち。  彼らを待っていたのは、遥か昔に失われたはずの、もうひとつのアレクサンドリア大図書館。そして、その大図書館を探索せんとする、時計塔とアトラス院の合同発掘調査団であった。  大図書館で起きた奇妙な事件を解き明かすべく、エルメロイII世とグレイは探索に加わることを決意するのだが――。一方、エルゴたちの前にもアトラス院の年若い錬金術師シオンが現れていた。  海と砂漠、神代と現代とが交錯する『ロード・エルメロイII世の冒険』第四巻!

ロード・エルメロイII世の冒険 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

TYPE-MOON BOOKS の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング