Fate/strange Fake(1)

Fate/strange Fake(1)

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦──聖杯戦争。 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。 ──それは偽りだらけの聖杯戦争。 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら──彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。 真偽などは彼岸の彼方。 聖杯ではなく──他でもない、彼ら自身の信念を通すために。 そしてその時、器に満ちるのは偽りか、真実か、それとも──。 成田良悟と奈須きのこがタッグを組み、イラスト・森井しづきが彩る『Fate』の新プロジェクトが遂に本格始動!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2015年08月29日
紙の本の発売
2015年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
27MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

異端と異質が躍る偽りの聖杯戦争!
願いを叶える聖杯を求め、魔術師が英霊を召喚して繰り広げる熾烈な争奪戦……本作はこの闘争を米国西部で強引に顕現させたという歪んだ舞台。
基本ルールさえ捻じ曲げられて英霊もマスターも異例だらけ、何もかもが予測不能の聖杯戦争が開幕します!
物語は群像劇ですが誰も彼もが癖のある人物で生温さを感じる章は一切皆無。
お気に入りのキャラがいれば「早くそのキャラの話を…!」と気が急くものなのに、どの章も見入ってしまい余所見する暇はありません。
何より面白いのは歪な舞台が故に「マジで!?」という驚きが絶えない展開……なのですが、そこが実にレビュー泣かせな所。
伝えたい感想は山程あるのに書くと悪辣なネタバレに……書くに書けないこのジレンマ……くそぅ……!
「こいつがサーヴァント!?」「お前がマスター!?」「まさかの○○登場ぉー!?」と、これでもかという程ファン心をくすぐった挙句に破壊力抜群のボディブローを放って来る成田先生の悪魔的テクニック。
原典を知っているほど熱くなる偽典。Fate好きなら読ねば大損です! ホント聖杯戦争は地獄だぜ フゥハハハーハァー!!

    Posted by ブクログ 2019年09月29日

    先日FGOにてエルキドゥの幕間2が公開され、それがまたどえらい面白かったので読んでみました。

    舞台はアメリカ・ラスベガスの近くにあるとされる架空の都市・スノーフィールド。
    ちょっとワケありなこの土地で開催される聖杯戦争、当然マトモなハズもなく。

    この一巻ではまず英雄王・ギルガメッシュとその唯一無...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月29日

    文庫化待ってました!!!ギルとエルの対峙が最高でした。おそらくあの我様にあそこまで言えるのはエルだけだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月21日

    「デュラララ!!」シリーズ作者の成田良悟が書くFateシリーズの新しい偽典。解説の奈須きのこの気合いの入りようから分かるように、これは成田良悟がタイプムーンという惑星で自由自在に筆を振るって遊び尽くした物語だ。時は第五次聖杯戦争のあと、時計塔のロード・エルメロイⅡ世が弟子育てという才能を開花したのち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月17日

    あのエイプリルフールをリアルタイムで体験した身としては感無量。
    本当に始まったんだな……。
    謎な部分がたくさんあるので続刊が大変楽しみですが、解説にもあるように5巻で終わるのかしらね?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月29日

    プロローグだけで1巻が終わってしまった感じがするけど成立の経緯を考慮すると仕方ないのかもしれない。エルキドゥ良い

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月24日

    Fateはアニメ版を観ているけど、ゲームではシリーズでかなりの広がりになっているらしい。興味はあるけど、ゲームはやらないもので(^^ゞ
    そして、何故か成田良悟スピンオフ、聖杯戦争に参戦。これは期待してしまいます(笑)デゥラララ、バッカーノ、世界の中心、針山さんしか読んでないけど、荒唐無稽でユーモアも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月07日

    成田良悟のFateスピンオフという前情報のみで読み始めましたが、バッカーノみたく個性的なマスターが多く、気づいたら読み終わってました。
    ギルガメッシュとエルキドゥの戦闘はZeroとStay Nightのラストバトル並みで読んでいて面白かったです。
    続きが気になるのですぐ買いに行きます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月16日

    第五次聖杯戦争から数年後、アメリカで起きた、模倣された聖杯戦争の話。

    文章がちょっと読みにくいかも。
    小説というよりシナリオみたいな感じがするので、アニメか何かにした方が面白いと思う。
    現時点で漫画化はしてるみたいだから、そのうち読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月21日

    一癖も二癖もありそうなマスターやサーヴァントばかりで、プロローグながらも今後どうなっていくのか期待と共に一抹の不安も覚えてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月10日

    あー成田良悟らしいな!
    特にジャックが成田良悟!
    あのコンビ好きだわー

    Fateはアニメでやってるストーリーしか知らないし、細かい設定もわかんないけど成田良悟が書くなら気になるなー
    いやぁこの先も楽しみやね

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • Fate/strange Fake(1)
    627円(税込)
    あらゆる願いを叶える願望機「聖杯」を求め、魔術師たちが英霊を召喚して競い合う争奪戦──聖杯戦争。 日本の地で行われた第五次聖杯戦争の終結から数年、米国西部スノーフィールドの地において次なる戦いが顕現する。 ──それは偽りだらけの聖杯戦争。 偽りの台座に集まった魔術師と英霊達。 これが偽りの聖杯戦争であると知りながら──彼らはそれでも、台座の上で踊り続ける。 真偽などは彼岸の彼方。...
  • Fate/strange Fake(2)
    627円(税込)
    冬木と呼ばれる地で語られる、どこにでもあるような噂話『蝉菜マンションの赤ずきん』。その話には、噂では語られぬ続きがあった。 遠い異国の地、スノーフィールドにて紡がれる事となる、都市伝説の後日談。 その怪談の主役、アヤカ・サジョウが巻き込まれたのは、生半な流言飛語などよりも遥かに荒唐無稽な――偽りだらけの聖杯戦争だった。 「問おう、汝が俺のマスターか」 半壊したオペラハウスの中...
  • Fate/strange Fake(3)
    627円(税込)
    偽りの聖杯戦争を生贄として、本物の聖杯戦争を呼び起こす。それが黒幕たちが執り行った大掛かりな仕掛けだった。偽りの聖杯戦争最後のサーヴァントにして真なる聖杯戦争の一柱となる英霊、謎の『セイバー』の召喚を皮切りに、真なる英霊の六柱がスノーフィールドの地に続々と出現する。最強の英霊ギルガメッシュと互角に打ち合う『アーチャー』、黒幕の一人ファルデウスが召喚した『アサシン』、そしてフ...
  • Fate/strange Fake(4)
    693円(税込)
    十三柱の英霊達が揃った瞬間から始まった『七日間限定』の聖杯戦争。スノーフィールドは一見して平穏のまま二日目の朝を迎える。だが街は静かに、しかし確実に蝕まれていた。全てを見通すクラス『ウォッチャー』を召喚した兵士の青年は、狂信者の『アサシン』と対峙し、そしてさらにもう一組の乱入者を迎える。神を憎む英霊の前には『女神』を名乗る女が現れ、機械仕掛けの『バーサーカー』による猛威が魔...
  • Fate/strange Fake(5)
    693円(税込)
    <あらすじ>  それは神々の戦か、あるいは地獄か。二百体を超える悪魔と化した『バーサーカー』ジャック・ザ・リッパーの能力すら奪い去り、『真アーチャー』――変質した大英雄の暴威――。  病院に眠る一人の少女を屠り去ろうとする『真アーチャー』に立ちはだかり、疑似宝具の力によって奮闘するクラン・カラティンたち。その絶望的な戦いに逆転の一手を投じたのは、戦場に初めて姿をあらわした警察陣営...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています