青嵐の譜 下
  • 最新刊

青嵐の譜 下

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

蒙古軍の圧倒的な力に壱岐は蹂躙され、多くの民が命を奪われた。主君を失いながらも戦火を生き延び、蒙古への復讐心に燃える宗三郎。絵師を目指して隣国の宋に渡った二郎。裕福な養父のもとを出て、芸の世界に身を投じた麗花。それぞれの道を歩む三人は、年を経て再び蒙古の脅威にさらされる。凄絶な戦いを生き抜き、若者たちは光をつかむことができるのか。若き才能が活写する、迫真の歴史長編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年02月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

青嵐の譜 下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月30日

    激動時代の乱を乗り越える三人三様の青春譜。いつかまた、、郷里での再会を信じて…。血生臭さを消し去る清涼感

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月10日

    二郎、宗三郎、麗花それぞれの立場から二度目の蒙古襲来が描かれている。脇役の視点での話もあり群像劇の様でもある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月09日

    三人の幼馴染の主人公達が己のあり方を模索しながら大人になっていく物語に元寇という時代背景を与え、それぞれの道を歩みながらも、最後に邂逅する。ただし、その邂逅そのものには大したドラマがなく、むしろ、それぞれの周りを取り巻く、その時代をそれぞれの立場で生きる人たちの方が生き生きと描かれており、主人公たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

青嵐の譜 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 青嵐の譜 上
    440円(税込)
    鎌倉時代の半ば、玄界灘に浮かぶ壱岐島で、幼なじみの二郎と宗三郎は、浜に流れ着いた一人の少女を発見する。少女の名は麗花。母国の高麗を追われ、親を失っていた。三人は島で兄妹のように育つが、やがて蒙古の大軍が壱岐を襲い、過酷な運命に巻き込まれてゆく。何のために生き、誰のために戦うのか─。元寇という巨大な時代の嵐に立ち向かう若者たちを描いた、魂を揺さぶる歴史大長編。
  • 青嵐の譜 下
    440円(税込)
    蒙古軍の圧倒的な力に壱岐は蹂躙され、多くの民が命を奪われた。主君を失いながらも戦火を生き延び、蒙古への復讐心に燃える宗三郎。絵師を目指して隣国の宋に渡った二郎。裕福な養父のもとを出て、芸の世界に身を投じた麗花。それぞれの道を歩む三人は、年を経て再び蒙古の脅威にさらされる。凄絶な戦いを生き抜き、若者たちは光をつかむことができるのか。若き才能が活写する、迫真の歴史長編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています