ヒカルの碁 23
  • 完結
  • 最新刊

ヒカルの碁 23

作者名 :
通常価格 408円 (371円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

韓国戦で大将を任されたヒカルは、韓国の大将・高永夏と激突。アキラ、社も闘志を剥き出しにした打ち回しをみせる。緊迫の日韓戦の行方は!? 若き猛勇の棋士達が、意地と才能をぶつけ合う怒濤の「北斗杯編」、ここに完結!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
週刊少年ジャンプ
ページ数
180ページ
電子版発売日
2012年11月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
41MB

書店員のおすすめ

囲碁の盤面が織りなすは、白黒つける勝負の世界。
その棋士ひとりひとりには、数多の色に彩られた人生が見えてくる――。

主人公・進藤ヒカルは、囲碁などとは縁遠い活発な小学生。しかし、平安時代の天才棋士・藤原佐為(ふじわらのさい)の霊と出会い、囲碁の世界に身を投じることに。
同じ小学生にしてプロ級の腕前を持つ少年・塔矢アキラや、その父にして名人段位を持つ塔矢行洋(とうやこうよう)。
彼らを始め、数多の棋士達との邂逅を経て、ヒカルはその人生を大きく変えながら成長していく――。

20年ほど前に若者の間で“囲碁ブーム”というものが起きたのをご存じでしょうか?
その火付け役となったのが、この『ヒカルの碁』。
対局シーンでの鬼気迫る表情や額に浮かべる汗、互いの戦略を探り合う思考のせめぎ合いなどを見ていると、思わずこちらも力がこもってしまいます。心理描写を繊細に描くタッチはさすが小畑健氏、囲碁のルールを知らなくても全然違和感なく惹き込まれる…。
中でもメインとなるのが、ヒカルとアキラ、そして佐為の物語です。
子供だった彼らが大人に近づくにつれて、内面や顔つきの変化していく様がとても丁寧に描かれています。あんなに丸顔だったのにこんなにシュッとした凛々しいお顔に…そんなところも少年好きの女性にはグッとくるポイントかも。二人の少年の出会いが囲碁界を変えていく大きな渦となり、生涯のライバルになるまでの長い道のりが本作の軸となっています。
そして、ヒカルの成長を見守る佐為の存在は、彼の良き友人であり、師匠であり、親であるような温かさを感じます。そんな二人の重要な転機となるエピソードがあるのですが…これが涙なくして語れない…。
彼らに限らず、濃密な時間を過ごしたキャラクター同士の関係性があるからこそ生まれる“人間ドラマ”が、本作最大の魅力です!

ヒカルの碁 23 のユーザーレビュー

    購入済み

    久しぶりに読んだら止まらない!

    かすみ 2019年12月30日

    10巻無料に釣られて久しぶりに読んだ。BOOKOFFで立ち読みした以来だったが、一気に引き込まれて10巻では足りず全巻購入してしまった。いずれ期間が終了したら最初の10巻も買おう。大人でよかった。子どものときならガマンするしかしょうがないからな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月09日

    もう終わっちゃうのか‥という寂しさ。
    しかしいい終わり方だったと思う。
    ヒカルはきっともっともっと強くなっていくんだろうな。
    とても素敵な漫画をありがとう!という気持ちでいっぱい。
    本当に丁寧な漫画だった。
    ほったゆみさんと小畑健さんのタッグでもう1作品見てみたかったな。(ほったさんはもうお仕事され...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月04日

    アキラくんがかわいくてかわいくて。
    囲碁がやりたくなってヒカ碁のゲーム買いました。
    この最終巻の終わりはどうなんでしょう。いいような悪いような……ちょっと複雑な気持ちで読み終えましたが、これはこれでありかもなと思えるような。もやもやした感じはありました。
    とにかくアキラくんがかわいくて。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月26日

    何度も何度も読み返しているけど、やっぱり良い作品。
    なんで北斗杯で打ち切りになったんだろう。もっともっと続けられただろうに。内容も人気も抜群だったのになぁ…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月28日

    絵うますぎ!
    塔矢行洋とsaiの戦いの巻(14巻)は特に必見。
    囲碁やってみたい、と必ず思わせてくれる素晴らしい作品!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月29日

    言わずと知れた名作ですな!
    4巻の塔矢アキラの「ふざけるな!」ってセリフが大好きです

    囲碁わからなくてもおもしろいぞ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月06日

    囲碁漫画。
    これを読んで囲碁を始めたうちの一人に入る私…(笑
    絵は15巻くらいの絵が好み。
    丁度、小畑さんの絵が3段階で変わる時期の漫画。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月24日

    碁に未練を残して死んだ霊に取り付かれた主人公は、その霊とライバル達に引きずられ、やがて本気で碁に打ち込んでいく。

    というような全23巻。
    囲碁マンガのまさに金字塔。というようりも、少年に向けたゲームのマンガ全体でも最高のもの。
    囲碁なんて、わかってくるまでに一番敷居が高いゲームであろうに、面白そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月05日

    全23巻、完結してますね。
    古い囲碁盤に宿っていた幽霊「佐為」を見つけた少年の成長物語。
    囲碁がわからなくてもハマります。
    今でもすごく好き!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月09日

    ヒカルがかっこいいですね。
    はじめはあんなに
    子供だったのに
    気付いたらこんなに
    大きくなって…

    このレビューは参考になりましたか?

ヒカルの碁 のシリーズ作品 全23巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~23件目 / 23件
  • ヒカルの碁 1
    完結
    408円(税込)
    ある日小6のヒカルは蔵で古い碁盤を見つける。その瞬間、碁盤に宿っていた平安の天才棋士・藤原佐為の霊がヒカルの意識の中に入り込んだ。佐為の囲碁に対する一途な想いが、徐々にヒカルを囲碁の世界へと導いていく…。
  • ヒカルの碁 2
    完結
    408円(税込)
    葉瀬中の創立祭で、将棋部の加賀に実力を買われたヒカルは、団体戦のメンバーとして中学囲碁大会に出場することに…。佐為や塔矢アキラの対局に触発されたヒカルは、自らの意思で囲碁を打ちたいと言いだすのだが!?
  • ヒカルの碁 3
    完結
    408円(税込)
    名門・海王中囲碁部に入部した塔矢アキラは、その圧倒的強さゆえに、部内に波紋を投げかける。一方ヒカルは、大会の団体戦に必要な3人目のメンバー探しに奔走。そして遂に囲碁の打てる生徒の存在を知るのだが…!?
  • ヒカルの碁 4
    完結
    408円(税込)
    アキラの執念が遂に実り、ヒカルとの3度目の対局を迎える。一回戦、自分の実力だけで辛くも勝ち進んだヒカルだが、アキラとの一戦は佐為に託すことに…。しかし対局途中、見守っていたヒカルが、ある一手を閃き!?
  • ヒカルの碁 5
    完結
    408円(税込)
    プロ棋士へ着々と近づいてゆくアキラ。そしてヒカルは彼との実力の差をはっきりと思い知る。一歩ずつアキラに追いつくため、院生試験を受ける決意をするヒカル。しかし院生は、中学の大会には出場できないと知り!?
  • ヒカルの碁 6
    完結
    408円(税込)
    アキラに追いつくための第一歩である院生試験が始まった。緊張と焦りがヒカルを苦しめるが、果たして結果は!? そして追われる側のアキラも、プロとしての第一歩である王座との対局に臨む!! 巻末には特別編を収録!!
  • ヒカルの碁 7
    完結
    408円(税込)
    3か月後に行われる院生VS.若手プロの若獅子戦。アキラがプロ側で出るそのトーナメント戦に、何としても出場し5度目の対局を望むヒカル。しかし院生で出場できるのは、1組の上位16名。未だに2組のヒカルは果たして!?
  • ヒカルの碁 8
    完結
    408円(税込)
    ヒカルが、ついにプロ試験予選の舞台に立つ。院生の仲間がライバルとなり、さらに外来も参戦するこの予選で、ヒカルが思わぬ弱点を露呈し苦戦を強いられ…!? 佐為の久々の対局、トップ棋士達の熱いタイトル戦も収録!!
  • ヒカルの碁 9
    完結
    408円(税込)
    大人対策として街の碁会所に通うヒカルは、和谷、伊角も初めて入るという碁会所で、韓国の研究生・洪と対局することに。双方のプライドをかけた勝負の行方は…!? そしてプロ試験本戦で、ヒカルの特訓の成果が!!
  • ヒカルの碁 10
    完結
    408円(税込)
    プロ試験本戦で1敗のヒカルと全勝の伊角が遂に激突。プロになるために避けて通れぬこの一局は、思わぬ決着に…!? 一方、越智の指導碁を引き受けたアキラは、後に控える対ヒカル戦攻略のカギを越智に教え込むが…!?
  • ヒカルの碁 11
    完結
    408円(税込)
    プロ試験本戦は終盤に突入し、一戦が合否を左右する緊迫した対局が続く。よきライバルである和谷との対局、またアキラからヒカル戦対策の指導を受けた越智との対局の行方は!? そして遂にプロ試験の合否に決着が!!
  • ヒカルの碁 12
    完結
    408円(税込)
    遂にヒカルが、歴戦の猛者達がひしめくプロの道を歩みだした。最初の舞台は、デビュー前の新人とトップ棋士とが対局する新初段シリーズ。アキラの父・塔矢行洋名人が、その対局相手にヒカルを指名してくるが……!?
  • ヒカルの碁 13
    完結
    408円(税込)
    プロデビューを果たしたヒカルのプロ第一戦目の相手がアキラに決定。二人とも待ちに待った対局であったが、事態は思わぬ展開に…!? さらに佐為の宿願であったアキラの父・塔矢行洋名人との対局が、ネット碁で実現!!
  • ヒカルの碁 14
    完結
    408円(税込)
    碁を極めんとする者同士、佐為と塔矢名人によるネット碁がいよいよ決着の時を迎える。神の一手に近づいたのは、果たしてどちらの天才棋士か!? ヒカルと倉田六段が同色の碁石を使って対局する白熱の一色碁も収録!!
  • ヒカルの碁 15
    完結
    408円(税込)
    プロ棋士としてさらなる高みを目指し、その未知なる可能性をうかがわせるヒカル。しかしその一方で、ヒカルを囲碁の世界へと導いた佐為に、抗うことのできない運命が待ち受けていた。その瞬間は、突然やってきて…!?
  • ヒカルの碁 16
    完結
    408円(税込)
    前回のプロ試験で合格を逃した伊角が、親善試合のため中国へ。彼はその地で、中国棋院の猛者達を相手に修行を開始する。一方、佐為が消えてから囲碁を避けていたヒカルが、帰国した伊角の願いで久々の対局に臨み…!?
  • ヒカルの碁 17
    完結
    408円(税込)
    佐為が消え、自分の力だけを頼りに棋士の高みへと歩き出したヒカル。一方、その傑出した強さで、歴戦の棋士達を脅かす存在となったアキラ。日本囲碁界の新時代を背負うであろうその二人が、遂に真の初対局を迎える!!
  • ヒカルの碁 18
    完結
    408円(税込)
    キャラ読切シリーズ6本を一挙に収録した番外編登場。塔矢アキラ・加賀鉄男・奈瀬明日美・三谷祐輝・倉田厚・藤原佐為という、本編を盛り立てる6人の魅力が一段と輝くストーリー満載。お馴染みのキャラの、意外な一面も!?
  • ヒカルの碁 19
    完結
    408円(税込)
    一人の棋士として一歩一歩、着実に歩を進めるヒカルは、以前対局したことのある御器曽七段、門脇と再び対局の時を迎える。碁を打つ度に自らの成長を実感するヒカルは、神の一手に近づくため、盤上に全ての力を注ぐ!!
  • ヒカルの碁 20
    完結
    408円(税込)
    日中韓Jr.団体戦“北斗杯”の日本代表メンバー選抜戦が開始。関西棋院の新鋭・社とヒカルの一戦は、2人の意地が激しくぶつかり合い…!? さらに公式戦で初めて、ヒカルが師匠の森下九段と、アキラが緒方十段と対局する!!
  • ヒカルの碁 21
    完結
    408円(税込)
    北斗杯の日本代表選手枠は3名。選抜戦免除で決定したアキラを除く2つの席は、ヒカルVS社・越智VS和谷の勝者2名で決まる。しかし選抜戦は意外な展開に……!? 中国・韓国代表も出揃い、各国とも臨戦態勢モードに突入!!
  • ヒカルの碁 22
    完結
    408円(税込)
    北斗杯レセプションで高永夏が放った「本因坊秀策など敵じゃない」との発言にヒカルが激怒。副将のヒカルは韓国代表の大将である彼との対戦を切望する。日本代表の団長・倉田は初戦の中国戦を見て決めると言うが…!?
  • ヒカルの碁 23
    完結
    408円(税込)
    韓国戦で大将を任されたヒカルは、韓国の大将・高永夏と激突。アキラ、社も闘志を剥き出しにした打ち回しをみせる。緊迫の日韓戦の行方は!? 若き猛勇の棋士達が、意地と才能をぶつけ合う怒濤の「北斗杯編」、ここに完結!!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています