マギンティ夫人は死んだ

マギンティ夫人は死んだ

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ポアロの旧友スペンス警視は、マギンティ夫人を撲殺した容疑で間借人の男を逮捕した。服についた夫人の血というたしかな証拠で死刑も確定した。だが納得がいっていない警視はポアロに再調査を依頼。未発見の凶器と手掛かりを求め、現場に急行するポアロ。しかし死刑執行は刻々と迫っていた。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
448ページ
電子版発売日
2012年09月07日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

マギンティ夫人は死んだ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年05月10日

    一番の面白さは、ポアロと一緒に謎解きに参加してる気になれるところだろう。他の作品では、ポアロだけが手掛かりをつかみ、読者はヘイスティングスと同様、訳の分からないまま放っておかれる。
    この話では、ポアロが一人ずつ訪ねていくのに同行してるような気分になる。ポアロがどこに疑問を感じたのかなど、ドキュメンタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月14日

    マギンティ夫人が殺され、容疑者が逮捕されたが、それらしくない。ポアロは警視の依頼で真犯人探しを始める。
    オリヴァ夫人や個性豊かな登場人物に飽きない好話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月30日

    マギンティ夫人の殺人事件に関して、重要容疑者が逮捕されるものの、事件を担当した刑事が疑念を持ち、ポアロに再調査を依頼。ポアロは、夫人が雑役婦として働いていた家庭等を訪問して、聞き取り調査を行う。夫人の所持品の中に日曜新聞の記事を見つけ、そこに書かれていた4つの過去の悪女にまつわる事件が今回の殺人事件...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月15日

    表紙のタイトスカートの女性の印象で読み始めてしまうと、マギンティ夫人って全然違うやん!!と、突っ込みたくなる。
    これまで扱ってきた華やかな社会的地位のある人が犠牲者でもなく、田舎で細々と清掃をして暮らす老夫人が殺され、有罪とされた変わり者の男性...まったく心が踊らなかった。途中、彼女が殺された原因...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月06日

    1人の夫人の殺人。犯人は捕まっているがどうやら彼は真犯人ではなさそう。どうやら過去の犯罪に絡むようだ、ってことで、小さな村でポワロ推理。

    犯人候補はたくさんいたけど最後はまさか!の展開。街からスパイとして乗り込んだお嬢さんが犯人かと思ってましたが、見事に裏切られました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月05日

    右手に注目を集めさせて、左手でトリックをしているマジシャンのような手法で、最後まで犯人が予想できない。さすが巨匠です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年03月23日

    ポワロ作品

    【ストーリー】
    とある村で家政婦が殺され、残された証拠から同じ家に住む男性が死刑判決を受けた。しかし、捜査を担当した警部は男性の無実を信じてポワロに相談する。

    【感想】
    殺された理由を探るうちに明らかになっていく手がかりが面白い。登場人物は多いが、誰もが個性的で、読んでいて迷子になら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月10日

    久しぶりに読んだクリスティー。
    やっぱり面白かった、ポワロいいなぁ。

    登場人物が多くて読み分けしにくく、
    何度も「登場人物」頁を確認したが…
    それはいつもの事だったかもしれない。

    またしばらくクリスティー読むかも。
    まだまだ読んでない作品が色々あるんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月26日

    マギンティ夫人が殺されたのはなぜか。
    犯人は逮捕されたのだが…
    ポワロは旧友スペンス警視の依頼を受けて、再調査を開始する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ポアロの旧友スペンス警視は、マギンティ夫人を撲殺した容疑で間借人の男を逮捕した。服についた夫人の血という動かしがたい証拠で死刑も確定した。だが事件の顛末に納得のいかない警視はポアロに再調査を要請する。未発見の凶器と手がかりを求め、現場に急行するポアロ。だが、死刑執行の時は刻々と迫っていた。

    【感想...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています