9・11倶楽部

9・11倶楽部

作者名 :
通常価格 1,005円 (914円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

地下鉄サリン事件で妻子を失った救急救命士の織田は、ある日路上で倒れていた少女・笑加(えみか)を助ける。彼女と暮らしていたのは、リーダー格の明をはじめ年齢がバラバラな少年たち。実は彼らは、都知事による新宿浄化作戦で両親を中国に強制送還された、戸籍のない子供たちだった。事情を知った織田は、力になろうと無謀な行動を起こし始める。理不尽な現実と社会に復讐するためにはじめた“危険な遊び”は、やがて──。狂気に駆られていく男を圧倒的な筆致で描く傑作長篇!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
584ページ
電子版発売日
2012年08月10日
紙の本の発売
2011年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

9・11倶楽部 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月09日

    地下鉄サリン事件で家族を失った救急救命士織田が、歌舞伎町浄化作戦で親を失った国籍のない子供達を守るうちに壊れていく話。主人公の真面目なパラノイア感、子供達の悲惨な境遇、中国マフィアのアンダーグラウンドっぷり、個人的に勝手知ったる歌舞伎町から都庁周りの疾走感溢れる逃亡劇。ラスト捕まりながらも、爆発に揺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月20日

    馳さんの作品の中でも時に切ないラスト。
    最悪な環境で寄り添い合いながら共に暮らす少年、少女達…
    そして友情…

    そんな子供達を助けでくれるひとりの大人…

    大満足の作品です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月25日

    馳星周を読むのは久しぶりだ。「不夜城」の頃から、読んでいた作家だけれども、最後に読んだのは「弥勒世」で2009年、だからほぼ3年ぶり。
    一読、変わらないな、と思った。それは、マンネリということではない。プロットや文体は工夫が凝らされていて、以前の著作の焼き直し、という印象は全く受けない。それでも、変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月06日

    久々に馳作品を読んだが、既読作品ほどディープな感じはしなかったものの舞台が新宿でアジア系の裏社会を取り扱ってる部分では、馳ワールドとしての構成要素はしっかりと踏襲されている。まぁ、今までに比べると主人公のドス黒さは薄れているが。。。 
    そして、地下鉄サリン事件や歌舞伎町浄化計画、更にタイトルにもなっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月16日

    ・電車に乗るのに読む本がないので、東京駅構内の書店で平積みになってたのを購入。2冊続けて馳星周。
    ・おっさんがたまたま出会った少年たちと心の触れ合いを、って話は嫌いじゃない。最後まで馴れ合いはせずに、かすかに垣間見える心の繋がった描写に心打たれる。最近観た「Welcome to the Rileys...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月13日

    日本の象徴、東京の象徴としての都庁を爆破させることを生きる目標にして、必死に生きる戸籍を持たない子供達。馳作品によく見られる「理不尽さへの反発」「抗えず理不尽に死ぬ」が全体的なテーマなんだけど、ギリギリまで抗うなかでのスピード感のある逃避シーンがやっぱり面白い。ただ「漂流街」のような、ぶるぶる震えな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月29日

    こないだ読んだ『沈黙の森』といい、10年前に読んでた、馳星周とすごい違いを感じる作品やった。以前のような暴力的な部分がメインだったのが、人間的な部分がすごく増えて、不快感が少なく、話にのめり込むことができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月13日

    不夜城以来の馳さんの本。やはりアウトローと新宿の話。
    見える部分と見えない分と、強者と弱者と、いろんな混沌の都市の一角のごく狭い地域の話。解説者によれば、都庁の「権力」に牙をむいた作品ということなのだが・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月02日

    はじめての馳星周。

    ひどい。ひどすぎる。
    話が面白くないとか、文章がお粗末とかそういうことでは決してなく、たいへん読ませる作品であることは認めます。うまいよ。でも、やっぱり私にノワールは無理。つらすぎる。
    たぶんこの人の本はもう読みません。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年11月18日

    良かった。

    馳小説に初めての善人が主人公。

    どうせバッドエンドなのはわかっているけど、応援したくなる内容。当然、オチの虚無感はいつも通りでしたが。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています