青列車の秘密

青列車の秘密

作者名 :
通常価格 733円 (667円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

走行中の豪華列車内で起きた陰惨な強盗殺人。警察は被害者の別居中の夫を逮捕した。必至に弁明する夫だが、妻の客室に入るところを目撃されているのだ。だが、偶然同じ列車にのりあわせたことから、事件の調査を依頼されたポアロが示した犯人は意外な人物だった! 初期の意欲作が登場。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
シリーズ
エルキュール・ポアロシリーズ
ページ数
448ページ
電子版発売日
2012年02月17日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

青列車の秘密 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年05月04日

    昔読んだはずなのにあんまり内容覚えてなかったなぁ

    推理小説に恋愛要素を絡めると駄作になってしまうパターンが多い気がするんだけど、アガサ・クリスティーは推理小説における恋愛描写を上手く扱ってるよね
    キャサリン・グレーは田舎で老女の話の聞き役ばかりをしていたというから、もっと騙されやすいタイプのように...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月19日

    ポアロシリーズ5作目。

    青列車の秘密、、、
    ブルートレインの秘密の方がカッコイイと思うんだけど(笑)
    タイトルはさておき、個人的にはとても楽しめました!

    列車内で起こる殺人事件。
    ある大富豪の娘が、寝台列車ブルートレインの中で殺害され、
    高価な宝石<火の心臓>が盗まれる。

    車中には、偶然乗り合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月14日

    多分、男性よりも女性の方が読んでいて楽しいのではないかと思った。
    ミステリーと言うよりも、キャザリンの方に焦点が当たっていて、 きっと女性ならば楽しめたと思った。

    しかし、ポアロが 怖かったなー、いつもよりも(笑)
    少し意地悪だし、 いつもの紳士的な感じのポアロではなかったと思う。
    それで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月22日

    推理小説ではなく恋愛小説として楽しんでしまいました。
    恋愛小説としてだと消化不良ですけどね!
    ただ、どこの2時間ドラマスペシャルだよ!というツッコミには誰か賛同してくれると信じてます。
    ミステリではあるけれど、どちらかといえばロマンスサスペンスな感じです。

    グレーさんが良い人過ぎて見習いたいところ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月13日

    前置きで挫折しそうになったけど、事件が起こってからはいつも通りさくさく読んじゃう。
    ヘイスティングス不在の代わりに、キャサリン・グレーがポアロの話し相手。読者と同じ目線と思いきや、ポアロとの意味深な会話にかえって混乱させられたり。
    今回も完敗、敗因はまさしく「そうあればいいと思ったからでしょうね」。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月30日

    本作にはクリスティー作品でおなじみのポアロが登場します。
    物語は非常に高価なルビーを持った令嬢の殺害事件で幕を開けます。序盤から怪しい人物が目白押しで、登場人物それぞれの視点の切り替えが頻繁に起こるので、私は最初、人間関係の把握にとまどいました。しかし、読み進めるうちにキャラクターの人となりが分かっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月14日

    走行中の豪華列車“ブルー・トレイン”内で起きた陰惨な強盗殺人。警察は被害者の別居中の夫を逮捕した。必死に弁明する夫だが、妻の客室に入るところを目撃されているのだ。だが、偶然同じ列車に乗り合わせたことから、事件の調査を依頼されたポアロが示した犯人は意外な人物だった!新訳でおくる初期の意欲作。

    引退し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    少し物足りない

    A 2020年09月13日

    面白いことは面白いのですが
    思わせ振りな登場人物が多くて
    少し消化不良な印象を受けました。
    ポワロの活躍にもちょっとキレがないような
    快刀乱麻を断つとは言えない感じです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月09日

    再読。
    登場人物は意外と少ない。しかし犯人は意外や意外のノーマークの人物。読み終わってまだ謎が全て頭の中で解決しなかったが、最終章を二回読んで納得した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月15日

    いや、まあ、うん。いつものように意外な展開で一気読みしたけど。

    …女の第六感、都合良すぎじゃないですか?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています