検察側の証人

検察側の証人

作者名 :
通常価格 514円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

街で知り合い親しくなった金持ちのオールドミスと青年レナード。ある夜そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に明らかに不利。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも、彼を救えるはずの妻がなんと夫の犯行を裏付ける証言を……展開の見事さと驚愕の結末。裁判劇の代表作。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
クリスティー文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2012年01月13日
コンテンツ形式
XMDF

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年03月19日

フレンチ夫人を殺害した容疑で逮捕されたレナード・ボウル。フレンチ夫人に遺産を残されていたレナード。レナードを嫌い証言をする家政婦のジャネット・マッケンジー。アリバイを証言していた妻ローマインの証言の撤回。有罪が濃厚になり始めた時に弁護士であるウィルフリッド卿の元を訪れた謎の女。ローマインの書いた手紙...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月14日

裏とか、裏の裏までは、読み込むことができる場合がある。
しかし、検察側の証人は、「裏の裏の裏」まで読めないと、うまくいかないことがある。

登場人物一覧の女性の数を数え、どのような関係があるかを想定してから読むと、
推測がどれだけ外れたかが分かるかもしれない。

グリータ
ローマイン
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月07日

さすがアガサという感じ。善人と悪人、悪人と善人という人間の生々しい感じが出ていた。

嘘で固められた真実。
最後のどんでん返しにはおそれいりました(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月26日

「祝賀パレードの大逆転劇」
とcymbalsは歌っているけれど、まさにそんな感じ。
こんなに気持ちよく裏切られたのは初めてでした。

いろあせないスタイリッシュさと、スリル感。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月23日

映画「情婦」が素晴らし過ぎて、この原作を後で読むと当然インパクトは薄れるのですが、映画が素晴らしいのは原作があってこそ。
ワイルダーの、ディートリッヒの素晴らしさを再確認

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています