魍魎の匣 1巻

魍魎の匣 1巻

作者名 :
通常価格 616円 (560円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

終戦間もない昭和の日本。女学校に通う楠本頼子と柚木加菜子は、最終列車に乗って湖に行く計画を立てる。当日、加菜子は到着した電車に轢かれてしまう。偶然居合わせた警視庁捜査一課の木場刑事は、混乱した現場で頼子の監視を頼まれる。加菜子の安否を気遣う頼子とともに、運ばれた病院に向かった木場は、そこで加菜子の姉と名乗る女性、柚木陽子と出会う。それは、木場が憧れていた女優、美波絹子その人だった。京極夏彦の大ベストセラー小説のコミック版ついに刊行!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
カドカワデジタルコミックス
シリーズ
京極堂シリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2007年12月
サイズ(目安)
36MB

新刊オート購入

魍魎の匣 1巻 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年04月13日

    原作ファンに一番おススメ。再現率の高さが素晴らしい。
    作画も一番イメージに近いし、全体的な構成もセンスがよくて、安心して読める。アニメ版のキャラクターデザインも志水さんが描けばよかったのに、とつい思ってしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    こんなに完ぺきに、美しく、上手に、あんなに長い小説をコミカライズできるものなのかね。本当にすごい。全部好き。もう、小説が、絵になって、本当にすごい。鳥肌実イメージの久保とか「そうです、こいつです」って感じです。

    好きな場面
    京極堂のマジカルステップと、箱館で呪うとこ
    恋する箱男
    口外法度を速攻で口...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ピオニー009 2020年10月03日

    このシリーズを漫画で読むのは初めてですが、原作の世界観がしっかり投影されていると思います。絵も綺麗でひきこまれます。
    絵にするとあの場面はこんな感じなのかと、小説を読んで自分なりに想像していたイメージと違っていたりするのも楽しいです。じっくり読もうと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年10月05日

    角川祭りで半額だったのでこの機会にと購入。
    こちらはアニメも観たし百鬼夜行シリーズとしては有名なお話なので比較的記憶に残っていた。
    すべてのシリーズに言えることだけど、京極さんの作品は無駄がない。すべてが伏線で、すべてが必要な情報。だというのにすごい情報量。
    小説だと読み応えがありすぎるが、漫画だと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月03日

    頼子加菜子が可愛らしいということ  

    頼子は普通に可愛いのだけれど、屈折した心を表すかのように時折崩れる表情に鳥肌が立つ  
    加菜子はミステリアスで高潔な感じが出てる  
    陽子さんふつくしい  
    君江さんが想像以上に醜い……  

    ここまで原作のイメージのままなキャラデザは素晴らしい  
    もっと早...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月27日

    絵が原作のイメージにピッタリで嬉しかった。

    個人的大ヒットは青木君だった。
    あーそうなるよなーそうなっちゃうよなー(額ペチッ☆)と云う気分だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月02日

    5巻完結です。

    評価が高かったので、小説、映画に続き読んでみました。

    これは、評価通りアッパレとしかいいようがなかったです。

    京極夏彦さんの世界観が見事に表現されておりました。
    京極さんの本は薀蓄に当たる部分が結構長いので
    どうなるのかなと思ってたんですが、うまくまとめられており
    感心しました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月21日

    描き込みがすばらしいです。原作の雰囲気が良くでています。
    キャラクターの外見もほぼイメージ通りです。
    全巻読み終わりましたが、最後まで原作に忠実でとても満足しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月05日

    あらゆる原作付きの作品の中で、ここまで正しくコミカライズされている作品を見たことがない。
    原作の二転三転かつ四重五重に作り上げられた奥行きのありすぎる世界を、見事に読みやすく漫画化している。すごい。
    もちろん、内容も面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月01日

    コミカライズしているという話は知っていたんですが、どうにも手が出なかった。
    まあ、原作ファンてのはそういうもんです。個々にイメージがあるからどうしてもここが違うあそこはそーじゃないという話になりがちです。
    京極作品はただでさえ文字数も多いし、込み入ってるしで無理だろうと思っていましたが・・・・。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

魍魎の匣 のシリーズ作品 1~5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 魍魎の匣 1巻
    616円(税込)
    終戦間もない昭和の日本。女学校に通う楠本頼子と柚木加菜子は、最終列車に乗って湖に行く計画を立てる。当日、加菜子は到着した電車に轢かれてしまう。偶然居合わせた警視庁捜査一課の木場刑事は、混乱した現場で頼子の監視を頼まれる。加菜子の安否を気遣う頼子とともに、運ばれた病院に向かった木場は、そこで加菜子の姉と名乗る女性、柚木陽子と出会う。それは、木場が憧れていた女優、美波絹子その人だった。京極夏彦の大ベストセラー小説のコミック版ついに刊行!!
  • 魍魎の匣 2巻
    616円(税込)
    昭和27年。戦後刑事になった木場修太郎は、偶然列車事故に巻き込まれる。列車に轢かれた女学生の加奈子に会うため、現場にいた頼子とともに、匣の形をした建物へ向かった。売れない作家関口巽は、バラバラ連続殺人事件を取材していた。探偵榎木津礼二郎は、依頼人から人捜しを頼まれる。それぞれの事件が、やがてひとつに、京極堂こと中禅寺秋彦のもとに集約されていく――。
  • 魍魎の匣 3巻
    638円(税込)
    人身事故に巻き込まれた木場修太郎。そこで出会った二人の少女。搬送先の病院で出会った銀幕女優。木場の運命的な出会いと強すぎる思いが、さらなる悲劇への幕を開ける。そして深秘の御筥様。柚木加菜子の失踪。楠本頼子の供述。手袋を嵌めた黒衣の男。パズルのピースのごとく散り散りになった情報が中禅寺秋彦の元に集約される。そこで導き出された答え。しかし現実は、答えのさらに先へ進みだしていた――。
  • 魍魎の匣 4巻
    638円(税込)
    昭和二十七年、日本を震撼させた武蔵野連続バラバラ殺人事件。被害者たちの共通点を見出した作家の関口巽、雑誌記者の鳥口守彦、探偵榎木津礼二郎たちは事件を調査し、真実へと辿り着く。そして物語に終わりをもたらす黒衣の男が、魍魎の憑き物落としを始めるのだった――。
  • 魍魎の匣 5巻
    638円(税込)
    中野の古書肆兼宮司兼拝み屋を生業とする中禅寺秋彦こと京極堂。「深秘の御筥」の憑き物落としを終わらせた京極堂は、武蔵野連続バラバラ殺人事件と、柚木加菜子の関係者の憑き物落としを行うため、美馬坂のもとに出向く。五幕に及ぶ憑き物落としで、凡てを救うことができるのか――。戦慄のミステリ、堂々完結!!

魍魎の匣 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

カドカワデジタルコミックス の最新刊

無料で読める 少年マンガ

少年マンガ ランキング