きまぐれロボット

きまぐれロボット

作者名 :
通常価格 374円 (340円+税)
紙の本 [参考] 418円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

お金持ちのエヌ氏は、博士が最も優秀と自慢するロボットを買入れた。オールマイティのロボットだが、時々あばれたり逃げたりする。ひどいロボットを買わされたと怒ったエヌ氏は博士に文句を言ったが……。ショート・ショートでは第一級の作者が綴る、大人と子供のための童話。表題作他35編を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
シリーズ
きまぐれロボットシリーズ
ページ数
215ページ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2006年01月
サイズ(目安)
3MB

きまぐれロボット のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月29日

    表題の「きまぐれロボット」も、オチが良かったのですが、個人的には「夜の事件」と「へんな怪獣」も好きでした!

    へんな怪獣はハラハラしたのですが、オチがほっこりしました。
    夜の事件は思わぬ登場人物(人物ではないけど)たちで構成された話に星さん天才すぎると感激しました(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    星さんの作品は博士やロボット、宇宙人が数多く存在するなと思う。宇宙人はともかくとして、ロボットについては、今この星さんの作品に出てくるようなロボットが数多く存在してきている。星新一ワールドに出てくるロボットが現実に再現されるのは近いのではないだろうかと思いながら読んだ一冊。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    掌編小説のお手本。

    Shuchan 2021年02月28日

    創作における掌編小説の手本を期待して購入。
    起承転結が短いページ数・文字数にちゃんと収まっていて、無駄が無い。参考になる。

    値段も手軽に買えるもので大助かり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月23日

    ラストに思わずあぁーって心の声がでちゃいそうになるくらい、すごい!!さすがショートショートの神様、星新一だなーと思いました!ラストにあっと言わされ、そして続きがどんどん読みたくなる、そんな一冊です!是非読んでみて欲しい!星新一入門にはオススメ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月17日

    霜降り明星のANN0から来ました。リスナーさんのレベルが高すぎて星新一の方が物足りなく感じてしまった。他の作品も読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    星新一さんのショートショートは短いのにも関わらず、どれもストーリーがしっかりしていて人間味溢れていて面白いです。
    結末を予想しながら読んでいると、その予想を裏切りいつもびっくりしながら読んでいます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    久々に読んだ星新一。シンプルだけど含蓄に富んだショートショート。後からジワッと来る何か教訓めいたもの。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    小学生の時テスト終わりの余った時間で読書ができました。本をあまり読まない子だったので仕方なく読んでいましたが、とても読みやすく面白いためこの本は最後まで読めて嬉しかったことを覚えています。本を好きになったきっかけの1冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月23日

    これだけ短い話の中に、なんでだろう?、と思わせる部分があり、オチがある。忘れてた童心を思い出させてくれる。小一の子供に聞かせたら、また読んで!、と言われた。

    大人も子供も、というより、誰と言う境目のない話たち。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    星新一の「おみやげ」こそ、私のSF好きの原点。小学校4、5年生の教科書に載っていて、何度も読み返した記憶がある。

    このレビューは参考になりましたか?

きまぐれロボット の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

きまぐれロボット に関連する特集・キャンペーン