知っておきたい「味」の世界史

知っておきたい「味」の世界史

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

身近な食べものを切り口にした「食」「酒」に続くシリーズ第3弾。まず人間にとって最も魅力的な砂糖の甘味、大航海時代にはスパイスの辛味やコーヒーなどの嗜好品、近代はうま味が世界史を動かしてきたことを描く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
シリーズ
角川学芸出版「知っておきたい」シリーズ
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2008年06月
サイズ(目安)
1MB

知っておきたい「味」の世界史 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年10月06日

    味の文化は深い。

    スパイスから砂糖へと高級志向が移り変わったのと、砂糖を作るべく、黒人奴隷が酷使された背景を見ると……業が深いなぁー人間。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    2008年6月25日初版発行
    5味(甘。塩。酸。苦。うまみ。)の歴史。ナルホドザワールド。
    苦味:生まれたばかりの子供は甘味と塩味には飛びつくが、苦味と酸味は拒絶するそうだ。
    甘味と塩味は生きていく上の重要物質。一方酸味は腐った食べ物につながり、苦味は毒につながるための本能だという。生き延びるため人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

知っておきたい「味」の世界史 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川ソフィア文庫 の最新刊

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング