海猫(上)

海猫(上)

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

女は、冬の峠を越えて嫁いできた。華やかな函館から、昆布漁を営む南茅部へ。白雪のような美しさゆえ、周囲から孤立して生きてきた、薫。夫の邦一に身も心も包まれ、彼女は漁村に馴染んでゆく。だが、移ろう時の中で、荒ぶる夫とは対照的な義弟広次の、まっすぐな気持に惹かれてゆくのだった――。風雪に逆らうかのように、人びとは恋の炎にその身を焦がす。島清恋愛文学賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
351ページ
電子版発売日
2011年10月21日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

海猫(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年04月11日

    ロシア人とハーフの女性が南茅部の街に嫁いでという普通の滑り出しで始まった物語。函館の風景や昆布漁の描写で心和んでいたのも束の間、とんでもない展開が繰り広げられていく。
    添い遂げることの難しさであったり、心模様に蓋をして生きていくことの辛さであったり、葛藤を抱えている人が多すぎ。複雑に絡み合った糸がど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月06日

    女は強くて、男は弱い生き物、、、。
    そんな事を感じる上巻。

    久しぶりに引き込まれて一気読み♪

    下巻が楽しみぃ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月06日

    ロシア人の間の子と母タミとの間に生まれた 海猫のような目を持つ
    美しい女、薫が南茅部の漁師、邦一のもとへ嫁ぐところから物語は始まる。登場人物が何人も出てくるが、その一人ひとりが細かく、しっかりと描かれている。南茅部の寒い寒い漁村は行ったことのない私でも想像できるくらいの素晴らしい描写。
    映画を先に観...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    女は、冬の峠を越えて嫁いできた。華やかな函館から、昆布漁を営む南茅部へ。白雪のような美しさゆえ、周囲から孤立して生きてきた、薫。夫の邦一に身も心も包まれ、彼女は漁村に馴染んでゆく。だが、移ろう時の中で、荒ぶる夫とは対照的な義弟広次の、まっすぐな気持に惹かれてゆくのだった―。風雪に逆らうかのように、人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ここに登場する女性はとても美しい。たくましいのに儚くて、一途な愛。上下二刊ですが、読みごたえのある小説です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月11日

    華やかな函館から昆布漁を営む、男に嫁いだ
    ロシアの血を引く海猫の様な神秘的な瞳を持つ
    娘、薫。

    武骨な夫、邦一と正反対の繊細な義弟、宏次に
    惹かれていく薫。

    函館や南茅部の漁師たちの、情景描写が
    写真のように浮かぶ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    函館を舞台とした物語で、漁師に嫁いだ女性の半生を描いたのが上巻。美し過ぎる妻は本当に自分に相応しいのか、歪んだ愛が狂気へと変貌していく様がとても怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月01日

    今まで沢山恋愛小説を読んできましたがこんなに天才だと思った人は初めてです。上巻が意外なところまで話が進んだので下巻を読むのが楽しみ。
    広次と薫が結ばれることを祈ります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月29日

    大好きな函館が舞台で、海とか教会や鐘を鳴らす描写を読むとすごく行きたくなった。

    ただ話はかなりドロドロ・・・薫がメインの前半悲惨すぎる。。
    後半の姉妹の話がいい。
    ちなみに映画は微妙だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月25日

    昆布猟師って設定がすき。かつ、昭和の時代背景描写がまたすばらしい。遠洋漁業について知りたいな~とも思った。
    下より上がすき。現実味があるよね。

    このレビューは参考になりましたか?

海猫 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 海猫(上)
    572円(税込)
    女は、冬の峠を越えて嫁いできた。華やかな函館から、昆布漁を営む南茅部へ。白雪のような美しさゆえ、周囲から孤立して生きてきた、薫。夫の邦一に身も心も包まれ、彼女は漁村に馴染んでゆく。だが、移ろう時の中で、荒ぶる夫とは対照的な義弟広次の、まっすぐな気持に惹かれてゆくのだった――。風雪に逆らうかのように、人びとは恋の炎にその身を焦がす。島清恋愛文学賞受賞作。
  • 海猫(下)
    616円(税込)
    広次と薫の恋は、壮絶な結末を迎えた。それから18年後、薫の愛したふたりの娘は、美しい姉妹へと成長していた。美輝は北海道大学に入学し、正義感の強い修介と出会う。函館で祖母と暮す美哉は、愛してはいけない男への片想いに苦しむ。母は許されぬ恋にすべてを懸けた。翳を胸に宿して成長した娘たちもまた、運命の男を探し求めるのだった。女三代の愛を描く大河小説、完結篇。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています