新装版企業参謀 戦略的思考とはなにか
  • 値引き

新装版企業参謀 戦略的思考とはなにか

作者名 :
値引き価格 1,101円 (1,001円+税) 7月16日まで
通常価格 1,571円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

世界中のビジネススクールで読まれている大前流戦略論の原点。ビジネスの現場、もしくは日常生活の中で直面する問題に対し、最善策を得るために必要な戦略的思考とは、常に物事の本質に迫るための方法論とは何か。新しい時代の企業戦争を生き残る鍵を握るのは、評論家になり下がったスタッフ集団でも、アイデアを花火のように打ち上げるだけの一匹狼でもない。組織の中にあって、企業の頭取脳中枢として戦略的行動方針をつくりだし、それをラインに実行させる独特の力をもつ「企業参謀」集団だ。29歳でマッキンゼーに入り、その無名時代に取り続けた著者の私的なメモは、いまなおビジネスマンの戦略的思考の入門書として読まれ続けている。

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
406ページ
電子版発売日
2012年03月09日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
14MB

新装版企業参謀 戦略的思考とはなにか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    もはや説明不要の戦略本。

    とにかく内容は奥が深く、本を読みなれていないヒトが読むとおそらく最後まで読めないと思います。

    難しい内容も多いです。ただ、読むべき箇所は

    第3章『戦略的思考に基づいた企業戦略』

    だと思う。

    ・企業活動ステップと、ステップごとのKFS
    ・競合との相対的優位性に基づい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月06日

    時代を超えて語り継がれる伝統的戦略論、という感じ。
    伝統的大企業が、どのように考え、問題解決にあたるかについて説明するもの。
    自分のポジションによって、読み返すごとに新しい知見が得られるのではないか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月03日

    企業の全社戦略に関する本。
    全社戦略、中期経営戦略を考える視点が網羅されている。
    今では当然のようになった考え方やフレームワークが多い。
    しかし、これは今だからそう感じること。
    この本が書かれたのは約20年前。
    30年前からこの域に達していたことを評価すべきだと思う。
    しかし逆に言うと、20年経って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月02日

    ビジネスブレイクスルー大学院に興味を持ち、学長である大前さんの代表作である本社を読んだ。実際にMBAのコースでも教科書の一つとして使われているようです。

    豊富な例がありとてもわかりやすい。が、わかるとできるは大違い…30年近く前の本であるが故に大前さんの先見性の高さにも驚かされる。

    また、日本の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月31日

    大前氏の本を後2冊読む、としていた内の1冊。
    企業参謀…すなわち企業の経営戦略、ひいては人生を戦略的に生きようとする人を対象に、「戦略的に考えるってこういうことだよ、特に企業経営においてはこうだよ」とシンプルに解説している本です。「考える技術」と言ってることは変わらない。

    モノを分解して考える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月18日

    21世紀に残したいビジネス書にも選ばれている有名な一冊。

    かなりボリュームもありましたが、今や当たり前に使われているフレームワークがここで紹介されております。

    この本が最初に出たのが30年以上前。
    今読んでも全く色褪せません。
    世界中でベストセラーになったのも納得の一冊です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月20日

    もはや古典の名著の風格アリ。
    古い(実際挿絵は古い)が、色あせない。
    勉強会でまた(しつこく?相変わらず?)やります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月23日

    1年半前、某有名コンサルティングファームにインターンに行った時、

    「戦略的思考」というものを全く勉強していなかったので、恥をかいた


    ということで今さらながら、読んでみた


    とてもよくかけている本である

    まったくもってマッキンゼー出の人間はわかりやすい話の展開をするな、と再確認

    図もとても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月25日

    古い本だったが特に時代遅れではなかった
    一読では全てを理解するのは難しいが、なるほどと思える所が多々あった

    戦略的思考

    非線型思考

    設問のしかたを解決策志向的に行うこと
    そのためには、問題の絞り方を現象追随的に行うこと

    製品系列のポートフォリオ管理(PPM)

    製品・市場戦略とは、実に分析的...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年12月15日

    大前研一30代にして、この企業分析、社会分析をしていたことに大変驚いた。世の中をよく観察し、問題点を見つけ、自分ならどうするのか?どう変革することが将来必要なのかを日々研鑽することで、大前研一にちょっとでも近づけるのかなと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新装版企業参謀 に関連する特集・キャンペーン