終末のフール

終末のフール

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは? 今日を生きることの意味を知る物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2011年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

終末のフール のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月05日

    人はどのように、どうして生きるのか。を考えさせられる短編集。
    全ての物語で『生』と『死』が隣同士にあり、複雑な人間の心の中が描かれている。人はどうしても生きなければいけない(義務)。
    他のストーリーの中で伏線チックにほかの主人公が登場したりして本当に読みやすいし、読み終えた時のほっこり感すごい。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月03日

    あと3年で世界は終わるの世界観で、残された人が生きる日々の物語。
    一連の暴動後の、何処か達観した人々の悲喜交交。後ろに前向きだったり、深く考えなかったり、前向きになったり。いろんな人の最後のひとときを覗ける良話。

    伊坂作品の人物像と終末感がとても相性良くて、悲劇にならない絶妙のスパイスが効いて、非...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    生きる意味について考えることができた。
    社会人になり、仕事の意義や人生、幸せについて考えていた時期に、悩みながらも、死について考えながらも、必死に生きようとしている作中の人物たちに元気づけられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月07日

    短編タイトルが
    ハライチのネタのリズム♪

    『生きる』がテーマ
    週末の過ごし方と終末の過ごし方では、希望と絶望の割合いが違いすぎる笑

    あと3年で世界が終末を迎えるならば、人間はどう動くかな…??
    間違いなく、この物語と同じ事態になる… って言い切れる。

    愚かで醜い、ありのままの姿こそが人間らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月30日

    非現実的な設定だったが、コロナのこともあってより現実的だった。ただ、登場人物が多かったので少し混乱した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月09日

    伊坂幸太郎。面白い。

    あと三年で世界消滅するっていう舞台で繰り広げる、その辺の普通の人たちのドラマがすごい面白い。笑笑

    こういう世界消滅な話は基本、どんなことして世界を救うか!みたいのとか、家族を守るために戦うお父さん!みたいなのが多いし、大体そういうとこに焦点あてて書くのが多いのに、これはホン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月13日

    あと何年かで、地球は滅亡する!
    8年後に滅亡発言から、5年経過し、パニックとか、暴動とかが、落ち着き少し平和?になった仙台近辺のとある地域の人達を描く8編。
    今、緊急事態宣言とか出まくって、少しダレた感じの雰囲気が似てなくもないか…別に滅亡レベルではないけど。

    あと数年で地球終了!ってなったら、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    「終末」を前に混乱する世界。ではなく、一通り混乱して落ち着いた頃が舞台。普通では無いことが普通になり、でも少しずつ蝕まれている。嵐の前の静けさとも捉えられるし、全てがどうでも良くなったようにも思える。

    結局「終末」が訪れたのか、皆どうなったのかはわからないけれど、それぞれがそれぞれの生き方を考える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月04日

    いやー、凄かった。

    ちょっと読書休憩を取ると、
    『あれ?地球終わっちゃうんだっけ?』なんて思ってしまって、『私生きてる…なんか、良かった…』と実感。あまりに内容がリアル。

    今もとあるウィルスで世界はどーなってくのー?ってなってる。

    殺伐とした世の中で生き方を問われてる。

    さぁ、私はどう考える...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月16日

    あと数年で地球に隕石が落下し人類が滅亡するかも知れないという状況だったら貴方は、今をどう生きるかを問われる内容だった。
    自分は静かに暮らすかも!

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング

終末のフール に関連する特集・キャンペーン