不倫と正義(新潮新書)

不倫と正義(新潮新書)

924円 (税込)

4pt

世に不倫は数多い。2020年のある調査によれば、恋人や結婚相手以外の人とセックスをしている性交経験者の割合は男性が4割強、女性が3割強。とりわけ「働く既婚女性」の不倫が増加中だ。ではなぜ有名人の不倫ばかりがバッシングされるのか。「愛のある」不倫も許されないのか。そもそも結婚制度とは、人間の本能とは――。脳科学者と国際政治学者、異分野の知性が語り尽くす男と女、メディア、国家、結婚の真実。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

不倫と正義(新潮新書) のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    面白かった。脳科学と国際政治学のお二方のコラボは視点、ご意見ともにユニークだし、なんというか、共感する部分もあった。

    1
    2022年05月29日

    Posted by ブクログ

    超高学歴の二人の女性が不倫について語り合っているが、流石に引用している資料というか、話の糸口にしている本が素晴らしく感心した.結婚制度自体の欠陥を隅に置きながら、不倫の妥当性を論じている感じがした.このような女性だからか、伴侶に対する言動がある意味で温厚で、皮肉ぽい所もありながら正当に評価している点

    0
    2024年03月26日

    Posted by ブクログ

    女性の立場から、そして脳科学的な見地と文化的な背景から不倫をどう捉えているのか?、そのディスカッションは大変興味深いものでした。

    0
    2023年12月22日

    Posted by ブクログ

    P75
    愛が終わらないという保証はないわけです。それなのに、私たちがなぜ、率先して結婚という束縛される枠組みを選択しようとするのかということについては、よく考えなければならないですよね。生活安全保障や子育て、同志的関係を維持することが目的なんだとしたら、性愛は別の自由意思として切り離せばいいのに、な

    0
    2023年07月01日

    Posted by ブクログ

     途中まで読んで放置していたが、太陽光の一件でこの本を思い出し手に取ってみた。

     両者とも頭の良い人で独特の感性を持っているので知的な格闘技を見ているよう。

     脳や遺伝子の見地から語る中野氏、社会的に結婚とは何か、という見地で語る三浦氏。

     面白く読んだ。

    0
    2023年05月06日

    Posted by ブクログ

    脳科学者・中野信子さんと国際政治学者・三浦瑠麗さんの不倫に関する対談。

    三浦瑠麗さんは、松原千明さんの訃報に際し、「テレビが不倫しても成立していた家族を壊した」とし、「聞いていれば松原さんの気持ちも分かるのに。(松原さんは)『家族としては大丈夫なんです』と仰ってるのに(リポーターは)『信じてるんで

    0
    2022年12月30日

    Posted by ブクログ

    中野信子さんと三浦瑠麗さんの対談形式の本。あまりテレビを見ないので、ブラウン管の中のお2人を存じ上げない私。結婚制度のことや脳科学的な観点でのお話を興味深く読みました。オキシトシン受容は自分はどうなんだろうとか考えました。恋愛と性愛の微妙さとか。過去のロマンスの再確認…ふーんみたいな。
    読んでみたい

    0
    2022年08月06日

    Posted by ブクログ

    個人的な思い至りとそう相違はなかったかな。
    自分の観点やら重心がどこにあるのかお二人のお話に耳を傾けて考えてみるといいかなと思う。

    0
    2022年06月10日

    Posted by ブクログ

    頭のいい女性2人の対談だから、
    凡人には読み解けない部分もあった。
    「おわりに」だけ読んでも醍醐味が味わえると思う。
    不倫だけじゃなくて
    多くは家族とか結婚のシステムに関する
    見解だった。

    0
    2022年06月04日

    Posted by ブクログ

    めちゃくちゃおもしろかった
    “不倫と正義”ていうタイトルやけど、そもそもなぜ結婚するのかっていう話に興味が湧いた。
    結婚することによる個人の利益で考えると不動産譲渡なんかの例があげられるけど、数値化すると結婚の価値なんてそんな高くない。
    でもそれを超える、この人と一緒にいたいとかっていう気持ちが生ま

    0
    2022年05月03日

不倫と正義(新潮新書) の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新潮新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

作者のこれもおすすめ

同じジャンルの本を探す