皇国の守護者1 反逆の戦場

皇国の守護者1 反逆の戦場

作者名 :
通常価格 972円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

氷雪舞う皇国北端の地に鋼鉄の奔流が押し寄せた。兵力と装備に勝る帝国軍破竹の進撃に皇国軍は為す術もなく壊走する。殿軍の兵站将校新城中尉は死力を尽くして猛攻に立ち向かうが。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
C★NOVELSファンタジア
ページ数
243ページ
電子版発売日
2011年03月18日
コンテンツ形式
XMDF

書店員のおすすめ

人と龍が共存し、様々な取り決めを持った大協約世界。日露戦争を彷彿とさせる戦場が舞台の架空戦記小説です。世界観や人物像、戦記物には必要不可欠な戦略・戦術が細部まで深く作り込まれ、その説得力には感嘆のため息が出るばかり。
主人公・新城直衛は、剣牙虎(サーベルタイガー)を戦力として運用する実験部隊「剣虎兵」の中尉。圧倒的な戦力差を持つ「帝国」に攻め入られ、味方の撤退支援のため敗北必至の戦いに臨まなければならなくなります。
「莫迦と勇者は命の値段が違う」「嫌だ嫌だ。凄く嫌だ。英雄なんて冗談じゃない」……主人公は冷徹かつ現実主義なのですが、だからこそ余計に戦場の苛烈さを感じさせます。
ファンタジー要素も幻想的というより現実的な描写、例えば部隊員である導術兵の主な役割は通信や索敵など、実に実際的。どこまでも最悪な状況下、それでもその中の最善を求め実行する……彼らがどう戦い、どう進み、そしてどこへ辿り着くのか。戦記が好きな方はぜひお試しくださいませ!

「皇国の守護者1 反逆の戦場」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年05月20日

これは面白い!ファンタジーの世界観の中で書いたガチな戦略軍略もの。漫画版と間違えて買った小説版だったけど、間違えて正解だったw
でも漫画版も買おうw

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年12月31日

卑屈で臆病な復讐心と執念の化身の様な男が、それのみを武器として侵略者と戦い、身内と戦い、全てを打ち倒し、蹂躙し、望みを叶えて行く。
彼程に卑屈でもなく、臆病でもなく、良心と道徳を持つ純朴な唯人達は、そんな彼の損得と打算によって導き出され、卑屈と臆病で執拗な迄に裏打ちされた言動を英雄視し、"...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月08日

かぎりなく日本に近いどこか架空の戦時中のお話。
皇国は巨大な帝国に突然侵略を受ける。島国ゆえに長らく他国からの宣戦に縁がなかった彼らは苦戦を強いられ北方領土を失ってしまう。残された皇国の軍を救うために一人の少佐が駒となり、帝国を足止めしなくてはならない。たった600人の兵たちで。
孤児だった彼は育て...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月15日

 戦争をテーマとした文学(漫画も含めて)で、一番盛り上がる場面はやはり撤退戦だと思う。つまり負け戦。勝ち戦なんて誰が指揮したって似たようなものだろうが、負け戦となると、指揮官やその周辺の能力や明確に浮き出てくる。
 だからと云って負け戦なら簡単に話を作れるとも思えない。天才の(という設定の)前線指揮...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年11月04日

購入。マンガの方を先に読んでるんで判り難い処もどーにかこーにか。
新城の絵はマンガの方が描写に忠実ですね。こっちの表紙は「…誰コレ?」って感じ。(笑)
主人公の性格の屈折率に妙に安心感のようなモンを感じていたんですが、作者が同郷でした。県民性…?

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「皇国の守護者」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは14,020

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!