星夜航行(上)(新潮文庫)

星夜航行(上)(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

天正三年、三河国下和田村の馬飼い・甚五郎は、類稀なる馬扱いで家康の嫡男・三郎信康の小姓に取り立てられる。祖父と父はかつて家康に反旗を翻し、甚五郎は逆臣の遺児として生きてきたのだった。だが武士の日々は短く、家康の命により三郎信康は自害。甚五郎は出奔し、堺、薩摩、そして博多へ。活況の商都で船商いを営むが、そこへ秀吉の野望が――。歴史小説の巨星が掘り起こす不屈の男とは。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年09月29日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
8MB

星夜航行(上)(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年01月05日

    権力階層から転落した者や市井で暮らす者からの視点で描かれる飯嶋和一さんの歴史。ひとかどの人物であるが、ちょっと変わり者だったり、二つの派閥の間で中間管理職的に四苦八苦する。
    本作も馬飼いから武士、商人、通訳と立場を変えながら日本、台湾、フィリピン、朝鮮を股にかけ活躍する主人公。しかも実在の人物となれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月11日

    この本は凄い。かなり長編なので、途中で何度か、別の小説を読みたい誘惑にかられたけど、結局最後まで読んでしまった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月19日

    小説とは分かっているけれども、詳細に描写された内容に歴史書であるように錯覚してしまう。
    会話文は少なく、説明が多いため読むのにすごく時間がかかった。
    武将たちの歴史物は読んできたが、町民商人の視点で見るお話は戦の無益さや理不尽さが克明にあらわれているなぁ。
    下巻ではどうなるのか…

    このレビューは参考になりましたか?

星夜航行(新潮文庫) のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 星夜航行(上)(新潮文庫)
    天正三年、三河国下和田村の馬飼い・甚五郎は、類稀なる馬扱いで家康の嫡男・三郎信康の小姓に取り立てられる。祖父と父はかつて家康に反旗を翻し、甚五郎は逆臣の遺児として生きてきたのだった。だが武士の日々は短く、家康の命により三郎信康は自害。甚五郎は出奔し、堺、薩摩、そして博多へ。活況の商都で船商いを営むが、そこへ秀吉の野望が――。歴史小説の巨星が掘り起こす不屈の男とは。
  • 星夜航行(下)(新潮文庫)
    天下統一を果たした秀吉は、次なる道を明国征服に定め、足がかりとして朝鮮出兵を企てる。小西行長らは無謀な計画を阻止しようと画策するが、秀吉の妄執を抑えることはできなかった。天正二十年四月、行長の第一軍が釜山に上陸。三国の兵が交錯し数多の命を奪い合う、地獄の戦の始まりだった。甚五郎は、行長への武器兵糧を積んだ船で渡海することに……。激動の世に高潔な生が瞬く歴史巨編。(解説・佐久間文子)

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング