「棚橋志行」おすすめ作品一覧

「棚橋志行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/02/24更新

ユーザーレビュー

  • 真相
    貧乏黒人による裏街道経由のサクセスストーリーとしてはマイルス自叙伝を越えて金字塔扱い。ボクシング一筋なのは前半3分の1くらいで、あとの3分の1はボクシングと裁判の両立、あとの3分の1は裁判に集中している。意外なほど読書家で博識、本人がどこまで直接書いているのかは分からないけど、気の利いた詩的な言い回...続きを読む
  • 真相
    元ボクシングヘビー級王者マイク・タイソンの自伝。結構なページ数がある大著である。それだけいろいろなことがあったということか。『真相』というタイトルの通り、タイソン自身がかなり赤裸々に彼の人生で起こったことについて語っているし、レイプ事件などについて彼から見た「真相」が書かれている。もちろん、いくつか...続きを読む
  • 真相
    ボクシングを制し、ボクシングを愛し、ボクシングに悩み、ボクシングに苦しめられた一人の男の物語。キャリアで最初の敗北を喫してからは、酒とコカインとセックスに溺れるも、なぜ社会はそれを放置し、矯正させなかったのか、等々。これを読んだだけで、我々一般人が常日頃抱えている悩みなんて本当にちっぽけなものだと思...続きを読む
  • 豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品
    伝説のマー君VSハンカチ王子の24イニングの甲子園決勝戦は美しき決闘か、それとも虐待か?将来のプロでの収益最大化を企図して投げ込みを制限するのは自己への最適投資か、それともチームを顧みない我儘か?-非常に考えさせられる本。ダルビッシュを筆頭に才能がある投手の腕が次々と壊れていき、故障知らずのジョン・...続きを読む
  • トルテカ神の聖宝を発見せよ!(下)
    サムとレミのファーご夫妻のメキシコでの現地人とバイキングの残した宝を探す、はなし。ちょっとあまりにも話がうまく行き過ぎて物語としては出来すぎ感で、面白みが半減か。軽い読み物としては良い。