「中谷宇吉郎」おすすめ作品一覧

「中谷宇吉郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 中谷宇吉郎 雪を作る話
    目次
    ・自然の恵み―少国民のための新しい雪の話
    ・雪の話
    ・雪の十勝―雪の研究の生活
    ・雪を作る話
    ・雪後記
    ・大雪山二題
    ・天地創造の話
    ・立春の卵
    ・線香花火
    ・琵琶湖の水
    ・茶碗の曲線―茶道精進のある友人に
    ・イグアノドンの唄―大人のための童話
    ・簪を挿した蛇

    雪の研究で有名な研究者、中谷宇...続きを読む
  • 寺田寅彦 わが師の追想
    日本の物理学者であり、夏目漱石の薫陶を受けた文筆家でもあった、寺田寅彦の追想記。
    著者は、中谷宇吉郎。雪の結晶に関する研究では世界的に知られた物理学者であり、寺田寅彦の教え子にあたる方らしい。

    22歳年上の師匠を、筆者中谷は、生き生きと温かく描写している。直弟子の脳裏に焼き付けられた寺田寅彦像は、...続きを読む
  • 科学以前の心
    雪の研究の第一人者の中谷宇吉郎博士のエッセイ集。主題は時代を感じるものが多いが、それを感じさせない鋭く理路整然とした書き方に引き込まれる。雪今昔物語、科学以前の心、私の履歴書、何かをする前に...が特に好き。
  • 雪

    初めて人工雪を作った。
    今では、夏休みの自由研究にもなっているが、当時の測定環境は大変だった。
    科学とは、まさに巨人の肩に乗るのものだ。
  • 雪

    本作はまず、雪国における雪害にどう対処すべきかという生活に根ざした話で始まる。自分は雪国出身ではないが、おそらくこれは切実な話なのだろう。その後、雪そのものへと論点は絞られていく。より、科学的純度を増していく。
    大人になると、雪の日がいくらか煩わしくなる。冒頭が大人の視線だとすれば、利害を脱して、雪...続きを読む