塩原通緒の一覧

「塩原通緒」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:塩原通緒(シオバラミチオ)
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 埼玉県

立教大学英米文学科卒。『宇宙の扉をノックする』(リサ・ランドール)、『ワープする宇宙―5次元宇宙の謎を解く』(リサ・ランドール)、『マヨラナ 消えた天才物理学者を追う』(ジョアオ・マゲイジョ)、『ミラーニューロンの発見』(マルコ イアコボーニ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2019/06/20更新

ユーザーレビュー

  • 138億年宇宙の旅
    面白いし非常にわかりやすい。
    今まで量子力学の本をいくつも読んだがその中でも1番わかりやすいと思う。
    また宇宙の果てから小さい量子の世界まで順に説明される。
    分かりにくかった場の量子論もブラックホールの蒸発も何となくわかったような…気がする。
  • 人体六〇〇万年史 下──科学が明かす進化・健康・疾病
    2型糖尿病、骨粗鬆症、がん(特に乳がん)、など現代病と呼ばれる病気が生物学的進化と文化的進化のミスマッチから生じていることを説明している。
    まず、生物学進化によって人間がいかに効率的に糖を接種できる能力を獲得できたを示し、次に農業革命、産業革命を経て、人間がいかに過剰に糖を接種しやすくなったを示すこ...続きを読む
  • 人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病
    2型糖尿病、骨粗鬆症、がん(特に乳がん)、など現代病と呼ばれる病気が生物学的進化と文化的進化のミスマッチから生じていることを説明している。
    まず、生物学進化によって人間がいかに効率的に糖を接種できる能力を獲得できたを示し、次に農業革命、産業革命を経て、人間がいかに過剰に糖を接種しやすくなったを示すこ...続きを読む
  • ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く
     この宇宙にはもうひとつの次元「余剰次元」があるという、最新の理論物理学を紹介するのが本書。とはいえ、前半の大半はニュートン力学などの古典物理学から相対性理論、素粒子物理学、そしてひも理論にいたる現在までの一連の理論物理学、実験物理学の発展と軌跡の紹介に費やしているのだが、これがめっぽう解りやすく、...続きを読む
  • ダークマターと恐竜絶滅 新理論で宇宙の謎に迫る
    宇宙の誕生から原子が出来、そして星が出来ることを解説する。この太陽系の特徴を述べ、ダークマターが恐竜絶滅の引き金を引いたかもしれないと仮説を述べる。ダークマターの部分は良く分からないが、それまでの所は興味を引かせる書きっぷりで、著者は天文学者ではないが、宇宙の神秘を感じさせてくれる。