「塩原通緒」おすすめ作品一覧

「塩原通緒」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:塩原通緒(シオバラミチオ)
  • 生年月日:1966年
  • 出身地:日本 / 埼玉県

立教大学英米文学科卒。『宇宙の扉をノックする』(リサ・ランドール)、『ワープする宇宙―5次元宇宙の謎を解く』(リサ・ランドール)、『マヨラナ 消えた天才物理学者を追う』(ジョアオ・マゲイジョ)、『ミラーニューロンの発見』(マルコ イアコボーニ)などの翻訳を手がける。

作品一覧

2017/11/30更新

ユーザーレビュー

  • ダークマターと恐竜絶滅 新理論で宇宙の謎に迫る
    ダークマターと彗星と恐竜、これらは(本文中で著者も語っているが)、自分の中の5歳児の心を魅了する。もちろん私も大好きなテーマだ。加えて、リサ・ランドール博士の著書は読んでいて楽しい。「ワープする宇宙」を読んだ時も、物理の楽しさを味わった(内容は難しかったけど)。本書は難しい理論も数式も出てこない。で...続きを読む
  • 人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病
    上巻の、そして本書の核心となる疑問は、人間の身体は何に対して適応しているのか?であり、もっと言えば、われわれの身体に適応的なライフスタイルとは何か?ということだ。著者の答えは、人間が何に適応しているかなんて簡単に言えないということだろう。確かにわれわれの体には何千もの適応的な特徴があるが、すべてが適...続きを読む
  • ホーキング、ブラックホールを語る BBCリース講義
    BBCラジオで放送された番組を書籍化したもの。一般向けなので、小難しい数式や用語は出てこない。ほぼ日常で使う言葉を用いてブラックホールの姿を解説する。科学の分野は日進月歩で進化しており、本書を読むと、ブラックホールに対する印象が変わるのではないだろうか。何も変わらないのであれば、それはよほどブラック...続きを読む
  • 人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病
    ・600万年前、Last Common Ancester (LCA)から人類の祖先(サヘラントロプス・チャデンシス、アルディピテクス)とチンパンジーが分かれる。人類の祖先は果実食だったが、気候変動に伴い二足歩行で省エネしつつ、遠くまで食べ物を探しに行くようになった。また、栄養的により粗悪な食べ物であ...続きを読む
  • ダークマターと恐竜絶滅 新理論で宇宙の謎に迫る
    第1部”宇宙ができあがるまで”では、ダークマターの総量が宇宙マイクロ波背景放射に影響を及ぼすこと、ある程度の広さの領域が収縮すると、ダークマターがほぼ球状のハローと呼ばれる領域を形成し、その内部で通常の物質のガスが冷えて中心部に凝集し、星になったこと、第2部”活発な太陽系”では小惑星と彗星にはどちら...続きを読む

特集