人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病

人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病

作者名 :
通常価格 913円 (830円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか……。人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
早川書房
ページ数
336ページ
電子版発売日
2015年09月30日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年02月03日

    2型糖尿病、骨粗鬆症、がん(特に乳がん)、など現代病と呼ばれる病気が生物学的進化と文化的進化のミスマッチから生じていることを説明している。
    まず、生物学進化によって人間がいかに効率的に糖を接種できる能力を獲得できたを示し、次に農業革命、産業革命を経て、人間がいかに過剰に糖を接種しやすくなったを示すこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月04日

    ・600万年前、Last Common Ancester (LCA)から人類の祖先(サヘラントロプス・チャデンシス、アルディピテクス)とチンパンジーが分かれる。人類の祖先は果実食だったが、気候変動に伴い二足歩行で省エネしつつ、遠くまで食べ物を探しに行くようになった。また、栄養的により粗悪な食べ物であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月26日

    本文だけで上下巻合わせて500ページを超える大作だが、著者の言うように、これでもまだ事象の表面をなぞっただけ、もっと深いところまで考察を進めたものを読みたくなる、そんな総論だ。
    非常に壮大なテーマを高く掲げ、網羅的かつ論理的に、それでいて平易な言葉で分かりやすく見解を説いているという点では、ジャレド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月15日

    少しくどい気がするが、面白い。自分の体をこんな風に考えたことがない。
    脳みそは全く大きくなっていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月05日

    ・人間の身体の進化の物語であり、人は何に適応しているのかを問う
    ・その問いに対して明快で単一な答えは見いだせないことが人体の神秘的な結論
    ・人類の身体は現代の食事や運動不足にうまく対応できるように適応できていない
    ・これまでの人類の生物学的進化に対して、文化的進化により私たちの身体は現代の環境に適応...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月17日

    人類と類人猿の最終共通祖先(last common ancestor=LCA)=約600万年前。
    サヘロントロプス・チャデンシス(約720~600万年前/チャド)
    オロリン・トゥゲネンシス(約600万前/ケニア)
    アウストラロピテクス(約400~150万年前)
    ホモ・エレクトス(約190~20万年前...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月26日

    人類の進化を「適応」をキーワードに語る。上巻で現生人類まで到達する。アウストラロ・ピテクスと現生人類の違いは、ちょっと頭骨の形が違うくらいしかないというのは知らなかった。しかし、そのわずかの差が大きな違いとなったのだと。
    二足歩行がどの時点で完成し、何をもたらしたのかといったあたりがこの人の専門らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月16日

    表題の通りの大作。上巻は人体の起こりと進化が詳細に書かれており、環境変化に適応した人体の輝かしい軌跡が描かれる。下巻は打って変わって"ディスエボリューション"と作者が呼ぶ、農耕とその後の産業化に伴う人体と生活環境とのミスマッチ病の原理と予防法(その多くは現代人の怠惰さによって予防...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月05日

     人類は昔からしたら進歩していて、そのおかげで健康になって便利な環境で生きていられる。それは事実だが、便利になったのが、健康にとって命取りになっている面がある。そんな側面を浮き彫りにしたのが今回の本だ。

     「人間は何に適応しているのか」と著者は問いかけている。そこから現代、問題になっている症状が見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月23日

    人類のこの1万年の文化的進歩、狩猟採集、農業、産業革命に体がついていっていないためのミスマッチを明らかにする。上巻ではその前提のどういう環境に初期人類から適合し、ホモサピエンスだけが残ったかを考える。
    近視、虫歯、腰痛、がん、心臓疾患、アレルギー、糖尿病、親不知はミスマッチ病であり現代では対処療法に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

人体六〇〇万年史 ──科学が明かす進化・健康・疾病 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 人体六〇〇万年史 上──科学が明かす進化・健康・疾病
    非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか……。人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。
  • 人体六〇〇万年史 下──科学が明かす進化・健康・疾病
    非力なヒトはなぜ厳しい自然選択を生き残れたのか。走る能力の意外な重要性とは何か。脂肪が健康を害するなら、なぜヒトの体は脂肪が溜まりやすくできているのか。2型糖尿病など、現代人特有の病はそもそもどうして現れたのか……。人類進化の歴史をさかのぼることは、不可解な病がどこから来たのかを教え、ヒトの未来を占うことにもつながる。「裸足で走ることへの回帰」を唱えて名を馳せた進化生物学者リーバーマンが満を持して世に問う、人類進化史の決定版。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 雑学・エンタメ

雑学・エンタメ ランキング